ひとこと

  •  ポケモンGOの仕様が大きく変わって戸惑ってます。たぶん改良されたのだろうと思うのだけれど、どう楽しめば良いのか、正直戸惑っています。年寄りは変化が苦手なんだよねえ。ああ、以前のゲームシステムが懐かしい…。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 男には二種類の人間がいる、それは… | トップページ | 前回飛ばしちゃった理由は…『1日1記事のルール』のせいです »

2011年12月 8日 (木)

あなたの演奏からは四拍子が感じられない

 フルートのレッスンに行ってきました。

 実はレッスンに忘れ物をしてしまいました。それは…チューナー&マイク。前回のレッスンで「次回はチューナーとマイクを持ってらっしゃい」って言われていたのに、うっかり忘れてしまいました。ダメだな…。姉さまはしっかり持ってきたので、姉さまがチューナーを見ながら吹き、私は姉さまの音に合わせて吹くという(ある意味当たり前な)方法でロングトーンをやってみました。姉さまの音に合わせることに集中して吹いたので、結構いい感じになったと思います。しかし、そのために、音を曲げたり伸ばしたり、結構忙しかったです。

 つまり、それくらい頻繁に音の曲げ伸ばしをやらないと、フルートって平均律で演奏できないってわけですね。はぁ~。がんばろ…。

 アルテは懸案の15課2章のh-mollの8番「h-mollのスケールとアルペジオ」です。一週間ビッチリ練習してきたつもりだけれど、どうにもAisには慣れないし、高音のBとHで右小指がバタバタするし、Disトリルレバーではワヤクチャになっちゃうし…課題は満載です。とりあえず、やってみましたが、どうにもすんなりとは行きません。

 「なんとなくの指の動きでやっちゃあダメだよ。しっかり『次は○の音!』って思って、その音をしっかり考えてから出すんだよ。一つ一つの音を大切にして、しっかり出してご覧」と言われました。吹きながら常に、次の音を意識してやってみました。なんとかスムーズに行けました。流れでフルートを吹くのではなく、一つ一つの音を意識して吹いてみる…勉強になりました。ようやく合格です。

 次回からアルテ15課3章に入ります。B-durの「B-durのロングトーン」と1番「音階準備練習」が宿題になりました。「今度はブリチアルディキーが出てきますよ」と言われました。はは、同じ音なのに、今日まではAisレバーで、明日からはブリチアルディキーなんて、そんな切り換えは、オッサンの頭にはなかなかにつらい事ですね。

 ミニヨン・エチュードはまだ8番です。練習はしてきましたが、まだまだです。先生には「楽譜をよく読んできましたね」と誉められましたが「この曲は何拍子だか分かりますか?」と尋ねられました。

 「四拍子です」
 「でもあなたの演奏からは四拍子は感じられないよ」って言われました。

 この曲のフレーズは三拍目から始まるフレーズが多いのですが、三拍目から始めて、フレーズの頂点は(次の小節の)1拍目に来るように吹いて、四拍子の感じを出す事が必要なんだそうです。「指が動いても、音楽を感じさせなきゃダメだよ」って言われました。

 でもね、短い八分音符の吹き方(音の抜き方ね)は誉められましたよ。

 次回にはこの8番を合格をもらうつもりで練習してきてくださいと言われました。こちらも頑張ります。

 さて、先生のお具合ですが、前回よりも右人指し指が曲がるようになってきましたが、まだまだですね。お医者さまからは「指がちゃんと動くようになるまで半年」って言われたそうですが「それじゃあ、年越せないよ~」との先生のお言葉。そうだろうなあ…。指の縫い跡はだいぶきれいになってました。なにしろ前回は抜糸したばかりでしたからね。指の腫れも前回よりは小さくなってましたが、まだまだ思いっきり腫れています。回復はしているみたいですが…本当に時間がかかりそうです。でも、指が動いているのを見ると、神経の方は、壊滅的なダメージを受けたわけではなさそうで、ちょっとホッとしました。

 「前歯は瀬戸を入れるですよ」と先生が言ってました。瀬戸? どうやらセラミックの事らしいです(笑)。

 「瀬戸を四本も入れるんだよ。保険がきかないから、お金がかかってしようがないよ。白金(プラチナの事ですね)にすると、多少は安くなるみたいなんだけれど、白金じゃあねえー、前歯がギラギラしても、かっこ悪いしね~。プラスチックなら保険がきくって言ってたけれど、プラスチックってどうなんだろうねえ。医者は『プラスチックは柔らかいから、すぐにすり減っちゃうよ』って言ってたけれどサ。安いのはいいけれど、すぐにすり減るのはいやだなあ…」って言ってました。ほんと、たかが差し歯ですが、保険適用外となると、だいぶ高そうですね。でも、フルーティストは歯が命ですから、ここは妥協せずに瀬戸(笑)で行くべきでしょうね。瀬戸なら見た目もいい感じでしょうし。

 先生がお怪我をされて以来、先生と一緒にフルートを吹いていないので、寂しいです。

« 男には二種類の人間がいる、それは… | トップページ | 前回飛ばしちゃった理由は…『1日1記事のルール』のせいです »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

歯…歯茎の太さや長さによって使える材質が変わるんですよー。
私は歯茎を折って前歯が2順して直してるので、14Kに手が届きます。(;>_<;)

めいぷるさん

>歯…歯茎の太さや長さによって使える材質が変わるんですよー。

 へ~、そうなんですか。知らなかった。じゃあ、自分の好みで自由に材質を選ぶのではなく、歯医者さんが薦める候補の中から選んでいくわけなんですね。じゃあ、歯医者さんが高価な材質の歯しか候補に上げてくれなかったら、そこから選ぶしかないんだ。ちょっと私的には怖いなあ…。

 それにしても歯茎を折る? ちょっと想像つきませんが、なんか、激しそうですね。14Kに手が届くほど、歯にお金がかかったということでしょうが、その手の話はたまに聞きます。歯って大切だけれど、高価でもありますね。やはり自分の歯を大切にしていけるなら、そうしていたほうがいいみたいですね。

 ひとまず、歯磨きガンバロ…。

フルートの先生の順調な回復を心から祈願してやみません。
私も自由業ですので、人ごととは思えないです。

ところで「ひとこと」拝見してちょっとびっくり!
私も同様の症状を呈しています。
どうして、すとんさんとかぶることが多いのかな〜笑

声楽とリコーダーのおさらいがこんでくると、例の姿勢で立っている時間がかなり長くなってしまいます。

やっぱり、それが原因だろうか〜?
立ち方がまだ下手なのかなとか、判らないままでおります。

Yテノールさん

>ところで「ひとこと」拝見してちょっとびっくり!
>私も同様の症状を呈しています。

 え? やっぱり? ビックリ? そうなると、原因は、ほぼ確定ですね(うむ)。

 私は声楽とフルートのおさらいのみならず、仕事中でも気が向くと、あの姿勢を取るように心がけてます(真面目なんですよ:笑)。絶対に、あの姿勢が原因だと思います。

 とは言え、おそらく、それはカラダが出来上がるまでの一過性の症状ではないかな…って勝手に思ってます。あの姿勢を楽に保てる筋肉ができあがれば…それこそ“楽”になるんじゃないかしら? もっとも、老体に鞭打っての練習って、キツいよねえ~。

>どうして、すとんさんとかぶることが多いのかな〜笑

 そりゃあ、同じテノールで、同じ先生に指導されているからですよ。まさに、同門ならではの痛みって奴ですね(泣笑)。

キング先生の門下生でテノールっていうところでもうかぶっているじゃん〜笑
しかもお互い現役の男性って,けっこう確率低くない〜。
しかも、フルート系の個人レンスンまで受けているって
これはもうかぶり過ぎでしょう〜♪

ところで足の痛みはまさか右じゃないでしょうね〜笑

Yテノールさん

 確かに、テノールである事、笛吹きである事。かぶってますね(笑)。では、Yテノールさんもダンスを始めてみますか? キング先生もダンスやりたいなあ~って、おっしゃってましたから、お二人で始めてみるのもいいかもね。

>ところで足の痛みはまさか右じゃないでしょうね〜笑

 私は左です。ただし、私の場合、利き足が左なので“利き足が痛い”のです。Yテノールさんの利き足が右なら、同じく“利き足が痛い”という事になりますね(笑)。


一言の件、先生的な私見を書いておきます♪

まず、内腿から上の部位に関しては
姿勢の練習が原因で間違いないでしょう。

俗にいう筋肉痛だと思うので、
お風呂てマッサージをするなどケアをしてあげて、
ひどいようなら一日休めるのも重要!

で、足裏ですが、
姿勢の練習をする場合に、いつも足の前後が同じではないですか?
同じなら、度々足を入れ替える事で改善するとおもいます。

すとんさんの場合は、
同時期にダンスも始めたことで、筋肉や腱がオーバーワーク気味なのでしょう。
身体を痛めない程度に姿勢の矯正がんばって!

キング先生

>ひどいようなら一日休めるのも重要!

 ごめんなさい、実は昨日、サボりました。また、今日から頑張ります。

>姿勢の練習をする場合に、いつも足の前後が同じではないですか?

 実は前回のレッスンで注意を受けたように、足が並行、横並びでやっちゃう事が多いです。きちんと前後に足を置き、ときおり左右の足を入れ換えるように心掛けます。楽しい事をやっているのに、カラダを壊しちゃ、元も子もないですからね。

>すとんさんの場合は、同時期にダンスも始めたことで、筋肉や腱がオーバーワーク気味なのでしょう。

 ゼロではないでしょうね。しかし、社交ダンスは歩く程度の負荷しかカラダにかかりません(運動量少ないし、基本的に有酸素運動なんですよ)ので、ちょっとそれが原因とは思いづらいです。あえて結びつけるなら…ダンスシューズが足に合わない? でもシューズはオーダーで作ってもらったものなので、足にぴったりなんですよ。む? 足にぴったりなのが、むしろダメとか?

姿勢、いついかなる時でも自然な姿勢ってとっているようで、とっていなかったりしますよね。
私も、腰痛、肩こりと悩まされてきましたが、アレキサンダーテクニックを受けてから、改善されました♪
おまけに、フルートも自然に吹ける!
・・・・と言いたいところですが、フルートはなかなか(笑)
私だけの魔法の言葉を教えてもらい、なんか違うな~って時にはほんの少しのことに気をつけています。
目線だったり、拇指球だったり^^

ほんとに魔法の言葉で楽な姿勢になります。

人体の不思議発見です(笑)

いがぐりさん

 アレキサンダーテクニックは私も興味ありますし、音楽家向けに書かれたものは読んで「ほっほぉ~っ」と目ウロコになった覚えがあります。本を読んだ程度でもあれだけ感銘を受けるのですから、実際に指導を受けると、かなり違うんだろうなあ…と思いつつ、腰が重い私です。

 アレキサンダーテクニックとはちょっと違うのでしょうが、ヨガとかピラティスなどにも興味深々だし、机上で学んでいる私です。本当は先生についてしっかり学ぶべきなんだよな~と思いつつ…なんか行けません。

 音痴を音楽家の前にさらす事には抵抗がありませんが、肥満体をスポーツ系のインストラクターの前にさらすには、かなりの心理的抵抗がある…と正直に申し上げておきます(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 男には二種類の人間がいる、それは… | トップページ | 前回飛ばしちゃった理由は…『1日1記事のルール』のせいです »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん