ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 次は、モーツァルトのドン・ジョヴァンニだよ | トップページ | あなたの演奏からは四拍子が感じられない »

2011年12月 7日 (水)

男には二種類の人間がいる、それは…

  

女性にもてる男と、もてない男(笑)。
 
 
 …もそうだけれど、もっと違う話をします(笑)。
 
 
 それは、喉仏のある男と無い男。

 そう、喉仏、アダムズ・アップルとも言われるアレですね。禁断の木の実が喉につっかえた名残だとも言われる、あの喉仏の事です。

 喉仏と言っても、これは外見から見える喉の突起物の事を指しています。器官としての甲状軟骨の事ではありません。あと「喉仏がない」と言うのは、目立たないという意味であって、物理的に喉仏がない事でもありません。念のため。

 成人男性なら、全員が全員、喉仏があるわけじゃないんです。喉仏のない人もいます。かく言う私には、見事なくらい、喉仏がありません。

 男性は、二次性徴による声変わりに伴って、喉仏が隆起するようになるって、学校じゃあ教えますが、実際には、喉仏の隆起の仕方にも個性があって、立派に出っ張っている人もいれば、それほどでもない人もいます。

 で、そんなある日、つらつらとオペラ歌手たちの写真集のようなものを見ていて、ふと気付いたんですよ。「もしかすると、テノール歌手って、喉仏がないか、あっても小さくねえ?」「逆に、バス歌手って、喉仏、大きくねえ?」

 別にこれは統計を取ったわけでもないし、単なる私の印象なんですが“テノールは喉仏が無い、バリトンは喉仏がある、バスに至っては巨大喉仏を持っている”って思ったのです。

 もちろん、オペラ歌手、特にテノール歌手は太った人間が多いので、喉についた脂肪で喉仏が見えない…って可能性もないわけじゃないですが(笑)。

 でも、そんな風に思ったんです。

 この喉仏の有無と声種に関する研究って、どこかにないかしら? きちんと調べた資料に当たってみたいものです。

 一応、理屈で言うと、あの喉仏の中って、声帯が入っているそうな。で、デカい声帯(つまり、長い声帯)は低音を出しやすいわけでしょ。そんなんで、喉仏のある歌手は声帯が長いため低音歌手に、喉仏の無い歌手は声帯が短いので、高音歌手になるわけです。

 …なんて事を考えました。あっているかな?

« 次は、モーツァルトのドン・ジョヴァンニだよ | トップページ | あなたの演奏からは四拍子が感じられない »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

そうか、要するに男性には、テノールとそうじゃないのと二つの種類があるってことなんだ。
言い換えると、俺様キャラとそうでないのと二種類あるあるっということになりますね。

声帯が短いがらテノールなのか、
俺様キャラだからテノールになるのか、
テノールだから、俺様キャラになるのか、

テノールである私にも自己分析できません〜笑

Yテノールさん

 そうか…、つまり『すべての男は、テノールとそれ以外とに分けられる』って事か! 自分で書いたのに、なぜか、目からウロコだな…(笑)。

>声帯が短いがらテノールなのか、
>俺様キャラだからテノールになるのか、
>テノールだから、俺様キャラになるのか、

 私もテノールだからよく分かんないけど(笑)、たぶん『俺様キャラ』->(心理的影響が成長に影響を与える)->『声帯が長くならない(声帯が短いまま)』->『テノール』、なんじゃないかな? だって、そうじゃなかったら、俺様なバリトンとか俺様なバスってのもたくさんいそうだけれど、実際はほとんどいないわけで、大抵の俺様は、テノールって決まっているからね。

 同様にソプラノが“アレ”なのは(以下自粛)…。

そういわれてみると・・・
うちの夫はノド仏出てますね。カラオケ以外で歌声を聴いたことがないので推測ですが、テノールではないと思われ…。
お友達のご主人方でも、ノド仏が出ている方は全員、声は低いですね。あくまで、話し声ですが…。

ま、私は二次元で俺様キャラは好きですが、三次元だとお尻蹴っ飛ばしちゃうタイプなので(前記事の続きみたいですみません)俺様じゃないだんな様はやはりバリトン認定かも。
ちなみに私のバリトン定義は「お人好し(優しくって、少しバカも入る)」または「策略家、ただしスベること多々あり」です。当たっているでしょうか???

テノールは俺様プラスおバカ系も多いかも・・・(頭のよしあしとは別で、行動がおバカ)

ことなりままっちさん

 バリトンとテノールの性格の考察は…ほぼ当たっていると思います。人間的には、絶対にテノールよりもバリトンの方が素晴らしい人が多いと思います、だいたい、バリトンって人格的に円満な人が多いです。テノールには体格が円満な人が多いですけれどね(笑)。テノールって、やっぱり、どこかエキセントリックだし、一匹狼だし、ちょっと壊れている人が多いと思いますよ。なぜでしょうね?

 話し声と歌声は、厳密に言うと、あまり関係ないそうですが、でも一般的には、やはり話し声が低めの人は歌声も低いですし、甲高い声で話す人は歌声も高いです。私の話し声は明るいけれど低めですよ(笑)。なので、話し声で声種を判断されると、いつもバリトンです(笑)。キング先生ですら、当初は私の事をバリトンだと思っていたそうです。でも、私の場合は、性格がテノールなので、話し声がなんであれ、テノールを歌うしかないんですけれどね(爆)。

まあぁ あたくしは二重唱の時に あたくしより声を引っ張る相手方は軒並み 蹴飛ばしているんですのよboutiqueimpact

グレッチェンさん

 あら、じゃあ、私は蹴っ飛ばされちゃうかも(涙)。

こんにちわ。

うちの母情報で
モノマネの青木隆司さんは喉仏を上下させて声色を変えている…というのを思いだして…以下

モノマネタレント青木隆治が持つ驚異の身体能力 http://youpouch.com/2011/08/09/143042/ - @youpouch

青木隆司さんみたいに喉仏を上下させたいYahoo!知恵袋http://chie.mobile.yahoo.co.jp/p/chie/qa/view?qid=1054218400

動画はすぐみつかります。喉仏は目立たないですね。高い声のが得意?

玉木宏さんとか低音だし喉仏もしっかりあるような…。
と歌門外漢の私がコメしてみました。

YOSHIEさん

 青木隆治さんですか? 寡聞にして知らなかったのですが、なんかすごい人ですね。YOSHIEさんの貼ってくださったリンクでは(携帯用のサイトかもしれませんので)PCからは見れないようなので、おそらくこれではないかと思われるもののリンクを貼っておきます。

「青木隆治ものまねベスト10」YouTUBEの画像
http://www.youtube.com/watch?v=AHj5RlHsNuI


「喉仏を上下させる方法。ものまね歌手の青木隆治さんが、テレビでやっていたのですが」Yahoo!知恵袋の質問。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1054218400

 モノマネの人の声の使い方って、すごいですよね。声楽とは全く違う使い方をするのですが、なんかアクロバットを見ているような気すらします。

 私はモノマネって全くできないんですよ。なんか、そういう能力に大きく欠けているんですよ。やはり、モノマネの一つもできないのは、人間としていかがなものかと、時々真剣に悩む事ありますよ。耳で聞いた通りの事を、自分の声で再現できないって…厳しいよね。耳が悪いのか、声が悪いのか、頭が悪いのか…ま、頭かな(笑)。よく、それで歌をやれるねって、心の声が聞こえます(そして凹みます)。

 とりあえず、青木隆治さんはスゴイ、って事です。

改めて,鏡で確認。
痩せてるせいか、喉仏、ちゃんと出てます。

そう言えば、ヒゲをそる時、邪魔だなって毎日思っていた所が喉仏だったんだ。

そう言えば、私自身は俺様キャラの自覚がまったくありません〜笑
ソロよりアンサンブルの方が好きだし〜♪

どちらの分類にも、きれいに属さないのってありますよね。
カモノハシみんたいな。

私はカモノハシ的テノールってぇところなのかな〜♪

カモノハシ的テノールの、Yテノールさん

 だいたい、テノールなのに、やせているというのが反則です(笑)。テノールはでっぷり太ってないと(爆)。

 確かにYテノールさんは“俺様”ではないですよね。ちなみに我等が師匠のキング先生も“俺様”ではないとおっしゃってました。でも、私は“俺様”です(笑)、自覚あります。

こんにちは^^

私は単純に(タダの勘かも)、

声の低い人は喉仏が立派、高い人はあんまり出てない

と、当たり前のように思い込んでました。
今までの経験からそのように思っていた節は強いんですけどね。
実際、生物学的にとか、物理的にとか・・・といった
専門的なことはわかりませんけれどね。

喉仏のまったくない男性はいない、
成長とともに女性も声が若干下がる、
とも当然のように思い込んでましたが・・・
ほんとは違うのかな(・・?

エーダさん

 女性の勘と言うのを、私は馬鹿にするどころか、経験的に信頼しています。なので、エーダさんが…

>声の低い人は喉仏が立派、高い人はあんまり出てない、と、当たり前のように思い込んでました。

 と書かれると「やっぱ、そうじゃん!」と我が意を得たりとばかりにうれしくなります。

>喉仏のまったくない男性はいない、
>成長とともに女性も声が若干下がる、

 女性も声変わりをしますから「成長とともに女性も声が若干下がる」は正解ですが、たまに、ほとんど変わらない人もいますね。あれはなぜでしょうね。おそらく“声変わり”以外の要因がからむのでしょうが、不思議です。

 男性で喉仏のまったくない男性? 少なくとも目視レベルなら、私がそうですよ。目で見ると、見事に喉仏はありません(笑)。触ればもちろん、その存在は確認できますが、私の喉仏って、さっき確認しましたが、妻の喉仏とほとんど同じくらいの大きさです。つまり、私の喉仏は女性とほぼ同じレベルってわけです。とは言え、首の太さが違うので、ホンモノの女性ほど声帯は短くないと思われます(一応、男声ですから)。私の喉仏、次に会った時にでも、確認させてあげます(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次は、モーツァルトのドン・ジョヴァンニだよ | トップページ | あなたの演奏からは四拍子が感じられない »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん