ひとこと

  •  もしも私が北の首領様で、日本や韓国やアメリカに喧嘩を本気で売るなら…韓国には風向きの良い日に風船爆弾のようなもので化学兵器(サリンとかああいうヤツ)をぶっこんで、日本には漁民に装わせた兵士(伝染病に罹患済み)を送り込んでバイオテロを引き起こし、アメリカには…サイバー攻撃だな。銀行とか株式市場とか経済方面の施設を一斉に襲うとか、いっそ原発を遠隔コントロールして大惨事を引き起こすとか…そういう手立てを考えます。そんなわけで、別に北の国が核爆弾とかミサイルとか持つ必要なんてないじゃん。むしろ、そんなモノを持っていると「北のくせに生意気だ!」って言われて、ジャイアンにボコボコにされちゃうよ…ってわけで、ジャイアンはいつコブシを振り上げるのでしょうか? 産経新聞は…12月18日が開戦日かも…って言っているけれど、だとしたら、もう来週じゃん。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 結局、イアン・アンダーソンが好き[2011年11月の落ち穂拾い] | トップページ | メトのライブビューイングで「ジークフリート」を見てきました »

2011年12月 1日 (木)

Disトリルレバーは、右薬指でも右中指でも、どちらでも操作できるようにならないと…

フルートのレッスンに行ってきました。

 まずはいつもどおりに姉様と一緒にロングトーンなんだけれど、どうにも私の音程が微妙なんですね。ちょっとウネルんですよね。「そりゃあ、姉様はムラマツで、私はアルタスだから、フルートのスケールが違うんですよ、ははは…」なんて事は、クチが裂けても言えないわけで、私が姉様に合わせていかないといけないのですね。

 とにかく、次回からチューナーとマイクを持参して、ロングトーンをする事になりました。ああ、早く達人になりたいですわ(悩)。

 アルテ15課2章のh-mollの課題です。6番と7番は合格。8番「h-mollのスケールとアルペジオ」は不合格となりました。8番が不合格になった理由は明々白々で、私がジジイだからです。

 8番の最後のフレーズはアルペジオになっていて、第三オクターブで、Fis-H-Fisという音形があって、私は今まで、なんのためらいもなく、Fisの時に右薬指をDキーに置き、Hの時には、その右薬指を“よっこらせ”とDisトリルレバーに移動して押さえてました。これってNGなんですね~。Fisの時に右薬指でDキーを押さえているのだから、次のHの時のDisトリルレバーは左中指で押さえなさいって言われました。その方が途中で変な音が入らずに美しいからなんだそうですが…。

 言われてすぐできるのは、若者だけ。ジジイになると、頭の中の配線を繋ぎ変えないといけないので、即対応は、そりゃあムリ。なので、8番は次回へ持ち越される事になりました。

 雰囲気的には、先生は今回のうちにh-moll全部に合格をあげたかった感じなんですが…私がだらし無いだけなんですが。仕方ないです。次回はこの8番だけを練習してくればいいのだそうです。つまり次のB-durに入ってはいけないのだそうです。

 ミニヨン・エチュードの8番は、まだまだ練習の絶対量が足りていません。合格はまだまだ先です。とにかく、前回、姉様の模範演奏を見て分かった八分音符の抜き方を徹底して練習してくる事を、まず言われました。それと、強拍と弱拍の区別をしっかりつけてくる事。スラーをきちんとする事。メロディと伴奏の吹きわけをしっかりする事などが注意されました。

 特に(無伴奏曲なので)メロディと伴奏の吹きわけは大切で、今回は伴奏は省略で、メロディだけを吹くという練習をしました。不思議と、一度メロディーとして吹くと、曲の骨格が見えてくるというか、どんな感じで演奏すると良いのかが分かります。分かりますが…できるかどうかはまた別問題です。

 先生のお怪我はだいぶ良くなりましたが、フルートはまだまだ吹けそうではありません。今日は先生の動かなくなった左人指し指をみせてもらいました。皮膚や腱が裂けて、骨まで見えてしまうほどの深い傷だったそうで、傷口を縫ってもらって、ようやく皮膚がつながり、抜糸をしてもらったそうですが、傷を縫った後がとても痛々しかったです。傷は塞がりましたが、肝心の指は、まだまだ腫れていて、人指し指一本なのに、中指と薬指を合わせた感じよりもまだ太かったです。あれでは腫れが邪魔して指なんか動かせません。まずは指の腫れが治まるのを待つのが順当でしょうし、腫れが引いたら、丁寧にリハビリをしないといけないのですが……先生的には、そんな悠長な事は言ってられないのだそうです。

 とにかく働かなくっちゃ、演奏しなくっちゃいけないのだそうです。

 12月って、演奏家にとっては、稼ぎ時なんだそうです。だから、12月はなるべく穴を開けたくないし、穴を開けてしまうと、次の仕事が来なくなってしまうので、無理をしてでも演奏したいのだそうです。自由業は稼げる時はババーンと稼げますが、働かないと一銭にもなりませんからね。厳しいんですよ。

 先生は左人指し指のキーにコルクを貼り付けてしまおうかと言ってました…か、先生の動かない指に合わせてコルクを貼ると…高さ2cmほどのコルクを貼らないといけなくなってしまいます。それもまた実用的ではない話です。

 演奏家が(一時的とは言え)演奏できなくなるというのは、本当につらいことのようです。精神的にも経済的にも、つらいみたいです。私に助けられることがあれば、なんでもしたいですが、何も助けてあげられないのが悲しいです。

 H先生が、一日も早くご回復できますように。

« 結局、イアン・アンダーソンが好き[2011年11月の落ち穂拾い] | トップページ | メトのライブビューイングで「ジークフリート」を見てきました »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

指の神経は大丈夫なのかな?
皮膚のつっぱりや筋の影響などは、口腔内変更と一緒で克服できるものだけど…。
神経は入れ歯にしてしまうことに匹敵しそうです。

すとんさんは私の先生の話ご存知だろうけど、、、正直、元に戻るのは相当大変だと思います。きっと、当人は対外的には笑顔で、影で相当努力されるんだろーな…って思います。 
すとんさん自身の上達も、指導者としての先生の励みになると思いますから、そちらの方向から助けてあげてくださいな。

Disトリルキーに付いては、先生から高音Hを教わる時に
どちらの指で塞ぐのかすぐに疑問に思いました。

そこですぐに先生に訊きましたが、
前後のフレーズに応じて中指・薬指どちらの場合も出てくるので
両方の指で使えるようにする・・・と教わりました。

私の場合はまだ音階の練習だけで、曲中に出て来ませんので
薬指だけで操作していますが、メロディーに応じて
指が変わると・・・混乱しそうですよね。

一応ピアノも弾いているので、一つのキーを不特定の指で
弾くことには慣れていますけど(笑)

それにしてもH先生はお気の毒ですよね。
音楽家にとっては指は大事なのに大きいお怪我をされて・・・。

一日も早い復帰を願っています。

めいぷるさん

>指の神経は大丈夫なのかな?

 実は私もそこを心配していますが、それを口に出してはいけないような気がするので、当人の前では黙っています。あくまでも、指が動かないのは腫れのせいだと思いたいものです。

>当人は対外的には笑顔で、影で相当努力されるんだろーな…って思います。 

 そこは薄々と感じていますので、安易に「頑張ってください」などと励ます事ははばかられます。たぶん、必要なのは、励ましや応援ではなく、祈りなんだろうと思ってます。
>すとんさん自身の上達も、指導者としての先生の励みになると思いますから、そちらの方向から助けてあげてくださいな。

 はは、ご期待に添えるかどうか、怪しいものですが、精一杯頑張ります。ガッツです。

神楽坂雪華さん

 神楽坂さんのブログにDisトリルキーの事が書かれていた時は、何も思わなかったのですが、いざ自分の事となった時に「ああ、神楽坂さんが書いていたのは、この事だったのか~」と思った次第です。

>一日も早い復帰を願っています。

 ありがとうございます。早く、怪我が治って、元の先生に戻られる事を願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結局、イアン・アンダーソンが好き[2011年11月の落ち穂拾い] | トップページ | メトのライブビューイングで「ジークフリート」を見てきました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん