ひとこと

  •  ああ、腰が痛い…。またまた、ぎっくり腰をやっちまいました。今回の原因は不明。先日、何となく腰が痛いなあ…と思って、整体に行ったら「ぎっくりですね」と言われちゃいました。ぎっくりと言われる前は何となく痛かった程度だったのに、ぎっくりと言われた途端にめっちゃ腰が痛くなりました。…言霊って、すごいなあ。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 今年[2011年]見た映画 | トップページ | 今年もお世話になりました[2011年のまとめ] »

2011年12月30日 (金)

今年[2011年]聞いたCD

 今年こそ、CDを買うのはセーブしようと努力したんですよ。実際、去年は120枚以上のCDを購入した私ですが、今年は70枚超で抑えました。エライでしょ。でも、まだ多いよね。しかし、悪いのはアマゾンだね。新品だけでなく、輸入盤も中古盤もクリック一つで買えるんだよ。ああ、ありゃあ、ほんと、罪作りなお店だね。お金がいくらあっても、足りやしないよ。

 それでは、昨年に準じて記録させていただきます。あ、昨年の記事はこちらですので、よろしく。
 
 
【ポピュラーフルート系】

01)ジェスロ・タル「クリスマス・アルバム」

 なんと、今年購入したフルート系のアルバムは、これだけ。クラシックフルートに関しては、一枚も購入していないというテイタラク。おお、これは大きな変化だぜ。
 
 
【クラシックヴァイオリン系】

02)アイザック・スターン「ヴァイオリン名曲集」
03)チョン・キョン・ファ「R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ」
04)藤川真弓「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲全集」
05)五嶋龍「ヴィヴァルディ:四季」

 うむ、もっとたくさん買っているかと思いましたが、こんなモンでした。考えてみれば、クラシック系のヴァイオリン音楽って、すでにたくさん持っているもんな。
 
 
【ポピュラーヴァイオリン系】

06)葉加瀬太郎「クラシカル・チューニング」
07)葉加瀬太郎「ヴァイオリニズム」
08)葉加瀬太郎「マイ・フェイヴァリット・ソングズ」
09)葉加瀬太郎「What a Day…」
10)KATEI「JOURNEY」
11)ハンガリー・ジプシー・アンサンブル「ジプシー・ヴァイオリンによるハンガリー舞曲集」

 これらのほとんどが今年の冒頭の頃に入手したものです。あの頃は、ポピュラーヴァイオリンって何?って感じだったので、一生懸命勉強しようとしていたんですね。ま、結局、ヴァイオリンは独学に変更してしまったので、自然とこの手の勉強をしなくなってしまったのですが…。
 
 
【声楽系】

12)「カラオケ・オペラ教室[男声篇]」
13)ジューン・アンダーソン他「ロッシーニ:音楽の夜会」
14)ヘイリー&グリゴーロ「ウェスト・サイド・ストーリー」
15)ブロードウェイ・オリジナル・キャスト「ウェスト・サイド・ストーリー」
16)「ウェスト・サイド・ストーリー」サウンドトラック
17)「オペラ座の怪人(1987年ロンドン・オリジナル・キャスト・抜粋盤)
18)松本美和子「イタリア歌曲集」
19)中鉢聡「プリモ・バーチョ」
20)イアン・ボストリッジ「バロック時代の三大テノール」
21)藍川由美「日本のうた近代史~明治・大正・昭和の名曲を集めて~」
22)フリッツ・ウンダーリヒ「伝説の歌声(10CD-SET)」
23)ホセ・クーラ「ヴェルディ・オペラアリア集」
24)ユーゲン・ヨアヒム指揮「ブルックナー:ミサ曲第3番」

 ええと12)は発表会で歌った「人知れぬ涙」のカラオケとして買いました。カデンツァ以外の伴奏としては、だいぶ役に立ちました。13はレッスンで勉強した「約束」が入っている歌曲集ですね。15&16は、一時期ガラコンサートで歌おうと思って勉強するために購入したものです。実際の曲目はファントムになったので、17を購入しました。18は…色々と勉強のために購入ですね。…と考えると、声楽系は自分の直接の勉強のために買ったものが多いです。ちなみに、19は中鉢氏のコンサート会場で買いました(笑)。中鉢氏って、しゃべらないとカッコいいですよ(爆)
 
 
【ジャズヴォーカル系】

25)ケイコ・リー「デライト」
26)ケイコ・リー「アナザー・サイド・オブ・ケイコ・リー」
27)ケイコ・リー「フーズ・スクリーミン」
28)akiko「Little Miss Jazz And Jive Goes Around The World!」
29)akiko「ガール・トーク」
30)エタ・ジェイムス「グレイテスト・アメリンカン・ソングブック」
31)リザ・ヴァーラント「ハートに火をつけて」
32)Shanti「ボーン・トゥ・シング」
33)エリン・ボーエム「ホワット・ラブ・イズ」
34)ボビー・ダーリン「スウィンギン・ザ・スタンダーズ」
35)サラ・ヴォーン「ファイネスト・アワー」
36)ジュリー・ロンドン「彼女の名前はジュリー」
37)ペギー・リー「ポートレイト・オブ・ペギー・リー」
38)カーメン・マクレイ「ファイネスト・アワー」
39)アニタ・オデイ「ファイスト・アワー」
40)小林桂「Misty K」
41)阿川泰子「ウィ・ガット・メール~恋をするなら」
42)中本マリ「ナデシコ」
43)江利チエミ「Chiemi Sings」
44)鈴木重子「サイレント・ストーリーズ」
45)リアル・グループ「ジャズ」
46)マンハッタン・トランスファー「シンフォニォク・セッションズ」
47)スイングル・シンガーズ「ジャズ・セバスティアン・バッハ」

 今年の特徴の一つは、このようにジャズヴォーカルをたくさん入手したって事ですね。これは、私がジャズの勉強のために、まずは歌から入ろうと思った事と、ジャズの名曲を一通り知っておこうという二つの目的で、ジャズヴォーカルに一時期ハマっていたからです。 でも、これも今年が最後。来年からは、ジャズとは少し距離を置くことになるでしょうね。残念です。
 
 
【その他クラシック系】

48)フィリップ・ヘレベッヘ指揮「シェーンベルグ:月に憑かれたピエロ」
49)スーク・トリオ「ブラームス:ピアノ三重奏曲集」
50)ロリン・マゼール指揮「ブラームス:ドイツ・レクイエム」
51)スーク・トリオ「ブラームス:ピアノ三重奏曲」
52)「ラフマニノフ・プレイズ・ラフマニノフ~伝説の再創造」

 これすべて、ラ・フォル・ジュルネの予習のために購入したCDです。
 
 
【その他ジャズ系】

53)昭和ジャズ兄弟「ジャズ代官~演歌がジャズ!よいではないか、よいではないか~」
54)ヨーロピアン・ジャズ・トリオ「ジャパネスク~日本の詩情」
55)ケニー・ジェームス・トリオ「ジャズで聴く桑田佳祐作品集ベスト」
56)小川隆夫「ジャズのたしなみ方」

 今年は、本当にジャズの勉強をしようと頑張っていたんですよ。だから、ジャズのCDもたくさん入手したんです…が。
 
 
【その他ボップス系】

57)ゴダイゴ「Walking On」
58)タケカワユキヒデ「Home Recording Demo Archive Series Vol.4」
59)タケカワユキヒデ「Home Recording Demo Archive Series Vol.5」
60)グリー/glee「サウンドトラック シーズン1 Vol.1」
61)グリー/glee「サウンドトラック シーズン1 Vol.2」
62)グリー/glee「ザ・パワー・オブ・マドンナ」
63)グリー/glee「サウンドトラック シーズン1 Vol.3 ショー・ストッパーズ」
64)グリー/glee「ジャーニー・トゥ・レジオナルズ」
65)ポール・マッカートニー「バンド・オン・ザ・ラン」
66)ポール・マッカートニー「マッカートニー」
67)ポール・マッカートニー「マッカートニーⅡ」
68)ジョン・レノン「ダブル・ファンタジー・ストリップト・ダウン」
69)ブライアン・ウィルソン「イン・ザ・キー・オブ・ディズニー」
70)マイケル・ジャクソン「Michael」
71)バーブラ・ストライサンド「ラブ・イズ・ジ・アンサー」
72)ダイアナ・ロス「ブルー」
73)グラシェラ・スサーナ「ベスト30」
74)レッツ・ダンス「ワルツ編」
75)ハーカン・ジェゼリウス&ザ・ラーズアーストゥランド・フォー「ザッフーン」

 結局、ゴダイゴ系とグリー系とビートルズ系ですね(笑)。ほんと、私はこれらの音楽が好きなんだな。74はダンスのレッスンのBGMとして購入。75は世界にも珍しい、ザッフーンのアルバムでございます。
 
 
 来年は、ジャズ系のCDとヴァイオリン系のCDを入手しなくなるだろうから、うんとCDの枚数も減るだろうなあ。寂しいけれど、私の書斎には、すでにCDの置き場がないので、それも悪い事ではないと思います。とにかく、CD買いすぎだよね、私って。

 来年のCD購入予定枚数は…12枚程度におさめたいです(去年も似たような事を書いたような記憶が…)。

« 今年[2011年]見た映画 | トップページ | 今年もお世話になりました[2011年のまとめ] »

音楽一般」カテゴリの記事

コメント

amazonさんは、本当にあれですね~
本を買いたいときも、古本なら安く買えて重宝しています。
ぽちっとな、で気軽に買えて、掘り出し物に当たることも少なくありません。

45)のリアル・グループは、学生のころ大好きでした。
初来日ライブにも行きました……うますぎて幸せな時間を過ごしました^^

椎茸さん

 アマゾンさんは本当に罪作りですね。中古CDも古書もアマゾンさんでクリックできるんですからね、アマゾンとツタヤとブックオフのトリプル攻撃で、ウチの近所にあった、古本屋と中古CD屋は壊滅しました。新品本屋と新品CD屋が店舗規模を縮小しながら、息も絶え絶えで頑張ってます。

 アマゾンさんは便利でいいのですが、所詮はアメリカ資本ですからね、なんか、ちょっと後ろめたい気持ちがします。ツタヤとブックオフは某宗教組織の資本だし、ツタヤは利用しないわけではないのですが、やっぱり、ちょっと後ろめたい気持ちがします。ブックオフは…一度も利用した事がないぞ(えっへん!)。

 景気が上向きなら、どこの資本とか気にもしないのでしょうが、景気が縮小して、全体のパイが小さくなっている時代だと、どこで買い物するべきかって、大切な問題だと思ってます。でも、結局、いくらキレイゴトを言っても、安くて便利なところで買い物しちゃうんだよなあ…。

 リアル・グループはいいですねえ。ジャズ系のコーラスグループですが、ハーモニーが今っぽい感じがします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年[2011年]見た映画 | トップページ | 今年もお世話になりました[2011年のまとめ] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん