ひとこと

  •  ポケモンGOの仕様が大きく変わって戸惑ってます。たぶん改良されたのだろうと思うのだけれど、どう楽しめば良いのか、正直戸惑っています。年寄りは変化が苦手なんだよねえ。ああ、以前のゲームシステムが懐かしい…。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 金魚すくいの金魚をうまく飼う秘訣 飼いはじめてから編 その3 水槽の選び方の話 | トップページ | …だったら、歌を辞めます! »

2011年12月18日 (日)

文句はないけれど…私の食生活について[2011年12月第3週・通算44週]

体重:99.9kg[+0.4kg:-0.1kg]
体脂肪率:30.5%[+0.2%:+0.4%]
BMI:31.5[+0.1:-0.5]
体脂肪質量:30.5kg[+0.4kg:+0.2kg]
腹囲:97.0cm[-0.5cm:-10.2cm]
     [先週との差:2011年当初との差]

 久しぶりのダイエットネタ(笑)です。

 ええと、ダイエットをしているって事もあるし、もう年なんだから健康に気を使わなくっちゃいけないって事も分かっているし、そのためには食生活に気をつけなきゃいけないってのも分かる。分かるけれど、時々、心がシクシク悲しくなるんだよね。

 私の場合、残り人生だって、そんなに多くないし、一日に三回食事をするなら、残った日々×3しか、もう食事できないわけで、それを思うと、一回一回の食事が愛おしくて、たまらないのに、どうにもこうにも、心が満足できないんだよねえ。

 ダイエットとか、健康とか、そんな事をつゆにも考えていなかった時の私は、本当に幸せな食生活をしていました。空腹を感じれば、何にも遠慮せずに、食べたいものを食べたいだけ食べていたし、それ以前に、いつでも口の中には何かしらの食べ物が入っていて、脳内には幸せ物質が常に充満していたし、ああ…幸せだったなあ……でも、だから太っちゃったわけだし、死にそうになったんだよなあ…。

 私は個人的には、今すぐに肥満が原因で死んでもいいやって、マジで思ってますし、実際、これから先、どれほどの人生が私を待っているのかと思うと、とりあえず現在は幸せフルパワーな私なので、この段階で死んじゃうと、結構うれしいかも…なんて不謹慎な事を考えない無いわけでもありません。

 じゃあなんで、すとんさんは今もダラダラと生きているの?って尋ねられれば、答えは二つ。一つは「自殺とか病死とかって、かっこ悪くて、私の美学に反する」って事、やっぱ、死ぬなら事故死か自然死だよね。ああ、不謹慎でごめんなさい。でも、闘病生活している私…って想像できなくってね(笑)。ってか、手術はもう二度とゴメンだな。

 もう一つの答えが「妻が『死んじゃイヤだ』って言うので、とりあえず生きてます」って感じかな? ま、結局、人は自分のためならともかく、他人のためなら、頑張って生きて行けるって事ですわ。

 と言うわけで、明日を生き延びるために、健康に注意してダイエットに励んでいる私なんです。で、そのために、食の楽しみを諦め、健康によい食生活をしているわけなんです。

 でもね、やっぱり、健康な食生活って、心がつらいんですよ。

 例えば、私の普段の食事って…

 朝は普通に朝御飯。茶碗一杯の雑穀飯(または玄米飯)に、味噌汁。それにオカズが一品。目玉焼きとかボイルドソーセージ(4~5本)か焼き魚一切りぐらい。野菜ジュースとかお酢ドリンクとかヤクルトとか飲んで、サプリも飲んで…。それにたまに香の物が付くことがあって…そんな感じ。まあ、パン食よりはだいぶヘルシーなんだろうね。

 昼は、妻の作ってくれた弁当を食べます。店屋物は食べませんし、コンビニ弁当もなるべく避けてます。妻の弁当は、ご飯(雑穀飯)と味噌汁と、オカズが二パックで、それなりに豪勢。おそらく、この弁当が私にとってのディナーなんだと思う。

 仕事から帰宅すると、おやつ代わりの軽食を食べます。これがだいたい、おにぎり一個とゆで卵一つ。後、栄養ゼリーを一つ。あれば、果物がつきます。

 夕食は、サラダとリンゴとサプリ…最近は豆腐が一丁つきます。で、お終い。

 あんまり心が悲しいと、食後に、ポテチやアイスを食べる事もあるけれど(これがダイエットを台無しにしているという噂あり:笑)、普段はこれでお終い。

 こんなメニューが私の毎日の食事です。“食の楽しみ”って何だっけ?

 もっとも、休日とか、声楽のレッスンの後は、ハメを外し良いことになっているので、そこで、普段は食べられない、ラーメンとかハンバーガーとかカレーライスとかの、デブ養成食品を食べます。健康の事を考えると、そういうデブエサは食べない方がいいんだろうけれど、やっぱり、その手のものを定期的に食べないと、人格が崩壊するんですよ、私は。

 でもね、そんなデブエサを食する私ですが、やっぱり常に心のどこかで健康の事を考えています。なので、最近では、選ぶメニューもなるべく肉肉肉…と肉を中心に食べるようにして、外食では米や小麦を避けています。と言うのも、私は体質的に、米や小麦を食べるとドッカーンと太るけれど、肉を食べてもあまり太らない人なので、なるべく肉を食べるように心がけてます。…本当は、肉は(キライなので)食べたくないのだけれど…。

 いくら食べても太らない米とか小麦って発明したら、ノーベル賞ものだろうね。あ、それって、世界の飢餓を進行させちゃうから、ダメか。

 麺は別腹(はぁと)…でも太るんだな、これが(笑)。

« 金魚すくいの金魚をうまく飼う秘訣 飼いはじめてから編 その3 水槽の選び方の話 | トップページ | …だったら、歌を辞めます! »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

ほぼ同感です。
私は、「食べたくない。食べたくない」と、ときどき暗示をかけます。効き目はあまりないですが。
個人としては、いつ昇天してもかまわないのですが、家族者たち、それぞれの都合を考えると、まだ昇天できないと思っていますので、健康管理に気をつけようとは思っています。

温泉さん

>私は、「食べたくない。食べたくない」と、ときどき暗示をかけます。

 その手がありましたか…。しかし、私の場合、効き目どころか、暗示がけを無意識に避けてしまいそう…。だって、煩悩まみれだもの(笑)。人間には、食欲・性欲・睡眠欲の“三大欲”があるそうですが、この三つはなかなか枯れない私です。特に食欲からは、なかなか自由になれないですねえ…。

メール誤動作の原因不明です。
すとんさんのプロフィールページの「メール送信」をクリックして、そのまま送ったのです。エラーのややこしい英文メッセージが届き、内容を見ましたが、さまざまな原因なので特定できない、というような記述でした。

さて昨晩初めて読ませていただき、すとんさんが私と極めて似ている人種なので、とにかく呆れてメールした次第です。
①合唱をしています(あっ、私男です。テノール40年。性格も典型的テノール)
②フルートをしています(10年ぐらい)
③社交ダンスを7月から家内と始めました。
この手の趣味はナンパ目的と誤解されるのが嫌で、家内とです。違うのは家内も素人です。
④海岸のすぐ近くに住んでいます。
⑤理系です。
とまあ、違うところは私はブ男で、バイオリンをしないことぐらいでしょうか。バイオリン、やりたいのですが、難しい、すとんさんのような才能がないので無駄と思い手にしたことがありません。

ところで、私の経験では合唱を趣味にしている男の70%以上は理系です。極端な場合、私が一時所属した合唱団では6人の男性の全てが理系でした。
なぜか分かりませんが、音楽と数学は共通点があるとか、バッハなんかは数学だとか、理系は遊びが下手くそなので音楽にハマりやすいとか、いろいろ議論したことがありました。

さて、世界には10万人ぐらいの人が何年も水以外を口にしないと聞きました。最初の1カ月で約10kg体重が減りますが、その後は安定するそうです。特殊な宗教じゃなくて、なにかそう言う信念を持つ人たちのようです。また特殊な集団じゃなくて各人の横のつながりはないようです。
医学的というか論理的には考えられないのですが、実際に居るのですから不思議です。
裏を返せば「ダイエットしても10kg以上は減量できない」
と言うことになりますが。

ゆきちゃんさん

 メールは…なぜエラーが出てしまうのでしょうか? 私にも分かりません。ネット関係って、一度エラーが出ると、簡単に迷宮入りしてしまうのがやっかいです。

>ダイエットしても10kg以上は減量できない

 私、約1年で、125Kgから80Kgの45Kgダイエットした事あります。ダイエットってコツがあるんですよ(笑)。私は学生の頃、柔道をやっていたので、ウェイト・コントロールって苦手じゃないんです。その気になれば、大幅ダイエットできるんですが、単純につらいので、やらないだけです(笑)。今も、気合を入れると、すぐに体重は落とせますが…やっぱりつらいのでやりません(笑)。今は楽々体重を落とす事しか考えてません。

 おそらく気合を入れてダイエットをしないと、せいぜい10Kgぐらいで体重減少が押さえられてしまうのでしょうね。これもホメオスタシスって奴なんでしょうか?

 それはともかく、確かに私とゆきちゃんさんは似たようなプロフィールですね。違いは、すべてにおいて、私よりゆきちゃんさんの方がキャリアが長いことと、…私はよく誤解されるんですが、理系じゃないです。これでも文系です(笑)。それくらいかな?

>ところで、私の経験では合唱を趣味にしている男の70%以上は理系です。

 それは私も感じます。確かに合唱には理系男の割合が高いです。その理由は…私が思うに、単純に理系男は真面目だからじゃないですか? 理系の勉強も、音楽も、地道な練習が必要ですからね、真面目な性格じゃないと務まらないと思います。その点、文系男って基本的にチャラ男君が多いですからね(笑)。

 私は文系ですが、理系人間に間違われるほど(笑)に真面目な人間です。だから、才能もないのに、音楽を趣味にできるんだと思います。ヴァイオリンは難しいですが…難しいが故に、楽しいですよ。

我が家には糖尿病患者がいますし、両親が老齢なので、
食生活については日々、頭を悩ませてます。
実際、日本人に一番合う食事というのは、和食でしょう。
今は欧米化が進んで、当たり前のように洋食が入り込み、
当然のように和食では使用していなかった食材が
多数使われるようになりましたが、実はこれが日本人の
身体にとって大きなマイナスなんじゃないかしら。

調べてみると、日本人の遺伝子そのものが洋食には元々、
対応していないわけですし、内臓的にも欧米人とは
腸の長さや消化吸収率など、相違点があるわけです。
そこに洋食がバンバン入ってきたわけですから、身体の方は
ビックリ仰天!ヒィヒィいってる人もいるんじゃないかな。

米を主食とした日本人は、肉を主食とした欧米人とは違い、
所謂「粗食」がメインでしょ。
アレルギーも肥満も糖尿病も・・・食生活の影響って大きいんじゃ?
白いご飯、漬物、魚、煮物、お味噌汁といった、純和食が
やっぱり日本人には一番だろうと思いますね。

我が家ではケチャップもマヨネーズもソースもドレッシングも・・・
ほとんどまったく使わないんですよ。
両親が大嫌いなので、「さ・し・す・せ・そ」だけ。
牛肉は絶対出ないし、バターやチーズも使いませんし、
1ヶ月に1回くらいミートソースのスパゲッティが
1食出るくらいで、グラタンやピザなどのイタリアンも皆無。
コンソメやポタージュ等のスープ類も皆無。
お菓子類もジュース類も一切、買いません。

すごいでしょw

エーダさん

>すごいでしょw

 すごいです!

 私は経験的に分かったのですが、和食ばかりを食べると私の場合、太ってしまうようなんです。米を食べると太っちゃうんですよ。かと言って、日本式の洋食だと油と脂を取りすぎてバンバン太ってしまいます。どうやら私は、和食と肉食を交互に食べているのが、体調的に良いみたいなんです。なので、基本ベースは記事に書いたとおり、和食系の粗食を食べ、たまに積極的に肉食に励むようにしています。そうするようにして以来、おかげさまで体調が良いんですよ。

 ただ、どうしてもデブエサメニューを食べたくなって、それで太ってしまうのですが(涙)。

>白いご飯、漬物、魚、煮物、お味噌汁といった、純和食がやっぱり日本人には一番だろうと思いますね。

 それは同意します。たぶんエーダさんのおっしゃる通りだと思います。問題は私のような混血の場合は、話がそれほど単純じゃないって事かな? 私はヨーロッパの血が幾分入っているので(本来、肉はキライなんですが)肉食もある程度はした方が体質的に良いみたいです。

 要するに、食生活に関しては、それぞれの体が欲するものを、見極めて食べていくって事が必要なんだと思います。でも、それをするには、キビシイほどの飽食の時代が今という時代ですからね。食べたいものと、食べるべきものが違うのが、我々現代人のつらいところなのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金魚すくいの金魚をうまく飼う秘訣 飼いはじめてから編 その3 水槽の選び方の話 | トップページ | …だったら、歌を辞めます! »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん