ひとこと

  •  なんかねー、最近、あれこれツイてないんです。あまりに小ネタ過ぎてブログに書くほどでもないのだけれど、なんかプチ不幸な日々が続いてます。なんかなー。

お知らせ

  • ●クラシックコンサートのお知らせをします。●10月8日(日)、茅ヶ崎市青少年会館ホールで行われます。今年のコンサートは、第1部ジュニア、第2部器楽、第3部声楽と、3部に分けて行われます。第3部の開演は15時20分となっています。●私は、第3部の10番として、トスティ作曲「Tristezza/悲しみ」とレオンカヴァッロ作曲「Mattinata/マッティナータ(朝の歌)」を歌い、次の11番目で、妻と一緒にレハール作曲「メリー・ウィドウ」より「A Dutiful Wife/従順な妻」の二重唱を歌います。私の登場時刻は、およそ16時30分前後になる予定ですが、あくまでも予定であって、これより早くなることもあるし、遅くなることもあります。●入場料は無料の千客万来系のコンサートです。ただし、例年までは市民文化会館で行われていましたが、今年は工事中となって、古い公民館系のホールで行われます。●会場的には、古くて小さい上に設備的にも??がつくような会場で「ここで歌うのはヤだな」という理由で、多くの方々が参加を取りやめたというほどの会場です。私も、練習で使用するならともかく、ここに人を招待して…となると、躊躇せざるをえません。なので、会場までお越しいただく事は望んでいませんが、もしよかったと、どこか遠くの空から、無事に歌えることを祈っていただくと感謝です。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 今年[2011年]聞いたCD | トップページ | さあ、今年[2012年]の抱負だよ »

2011年12月31日 (土)

今年もお世話になりました[2011年のまとめ]

 年末です、大晦日です。今年も紅白見ます(笑)。昨年までは、大晦日に出かけていた私です。特に大晦日のディズニーランドには何度もお世話になりました。しかし息子君も中学生になり、今さらディズニーランドでもなかろうというわけで…今年はおとなしく自宅に引きこもって、取りためたビデオを見る事にしました。「坂の上の雲」を三年分、一気に見てやる~(笑)。

 それでは、昨年に引き続き、今年の私を総括してみました。あ、ちなみに昨年の総括記事を読みたい人(いるかな~?)はこちらです。
 
 
1)発表会で撃沈した

 今年の6月に行われたキング門下の声楽発表会が、やはり私にとって、今年のメインイベントだったと思います。で、詳しい事はこちらに書きました(その1その2その3)が、自分なりに頑張ったつもりですが、結果はあまり芳しくなかったです。前日練習を張り切りすぎて、本番当日に声が残っていなかったんです…と言い訳をしておきます、反省。

 もっとも、それ以前に、本番までに自分の歌う曲を人前で聴かせられる態度に仕上げることすら出来ていなかったわけで、前日練習をサボって、体調万全で発表会に臨んだとしても、結果は同じで、惨憺たる結末を迎えていたと思うので、今更言い訳をしても見苦しいだけです。

 なんにせよ、今年の発表会は悔いばかりが残る、ちょっと後味の悪い発表会でした。

 後日いただいた公式音源で改めて自分の歌を聞いてみましたが、いやあ、ヒドイ(涙)。これは、ヒドイなあ。ほんとうにヒドイなあ…。こんな歌をお客さまに聴かせていたのか思うと、死にたくなりますね。

 私自身の歌はダメダメでしたが、歌劇団とか、他の人のコーラスとかでは、多少なりとも貢献で出来たかな? と自分をなぐさめます。

 しかし、こんなのが総括のトップに来るとは、今年の私は、よっぽどついていなかったんだな。
 
 
2)合唱団で頑張りたかった

 まあ、薄々は分かっていたんです。私が合唱には不向きだなって言う事は…。だって、音程悪いし、音色はギラギラでよく通る声だもん。でもね一度『メサイア』をちゃんと歌ってみたかったんですよ。だから、目立たないように、ジャマにならないように、控えめにしていたのですが、やっぱりダメでした。

 ああ、残念。もう二度と合唱出来ないのかな? こういう言い方は不遜に聞こえてしまうだろうけれど、正直な話、私よりも数段下手くそだったり調子外れな人だって、合唱団には掃いて捨てるほどいますが、皆さん、和気あいあいと楽しく合唱を楽しんでいます。そういう人って、声が無いから、何をやっても、どんなに外しても、合唱の邪魔にならないんだよね。私はなまじ声があるから、ちょっとのミスが致命的になってしまうわけで…だったら、こんな声なんか、いらない。本音でそう思いますよ。

 声なんて、欲しくて持っているわけじゃないし、努力して手に入れたものでもありません。生まれつきだからね。ある意味、神様のプレゼントなんだけれど、こんなものを持っているから、合唱が出来ないんだと思うと、なんかイライラします。

 メサイアの本番の舞台には乗れませんでしたが、一応、音取りは全曲完了しましたので、それだけでも良しとする事にします。後は、シングインなど、ジャマ者扱いされないようなイベントで、コツコツとメサイアを歌っていく事にします。
 
 
3)フルートの先生を変え、ヴァイオリンは独学に変更した

 東日本大震災をきっかけにして、フルートの笛先生とヴァイオリンのヒイロ先生は沖縄に引越してしまいました。フルートはH先生に入門しなおしました。ヴァイオリンは…ペースダウンをして、独学に変更することにしました。やっぱり、声楽とフルートとヴァイオリンの三つを先生について学ぶというのは、色々と負担が多かったです。ちょっと無理だったかもしれません。無理は長続きしません。ま、ペースダウンも仕方ない事です。

 しかし、声楽はクラシック系だし、フルートのH先生もクラシックの先生なので、これでしばらく私がジャズやポピュラー音楽を学ぶ事はなくなってしまいました。実はそれが一番残念な事だったりします。

 笛先生の後を追いかけて、沖縄に移住しちゃおうかな…って簡単にはいかないのが、浮世のギリって奴だね、はあ~。
 
 
4)社交ダンスを始めた

 社交ダンスは前々から再開したかったのです。その辺の事情は、この記事に書きましたが、色々とブランクを経て、やっと再び社交ダンスを始めました。

 とりあえずの目標は、来年中にどこかのダンスパーティーに参加する事です。そのためには、ダンスパーティーに参加できるほどの腕前になっていないといけないのですが…(笑)。前途多難ですが、音楽ほどには入れ込まず、自然体で細々と続けられたらいいかなって思ってます。
 
 
5)歌手として覚悟を決めました

 年末にキング先生とちょっと本音で話しました。ってか、音程がダメすぎる事の注意と、いっそバリトンに転向しちゃえばって言われました。

 音程がダメなのは、自分でもよく分かってます(で、できる限りの努力をしていて、この程度です)。バリトンに転向するくらいなら歌を辞めます。しかし、どんなに頑張ってもテノールとしては、あとせいぜい10年とも言われました。

 せいぜい10年と言うのは、最大限の話でしょう。以前、もっと厳しい事を言われた事もありましたっけ。10年…もたない事だってあるわけで…、どちらにせよ、私の歌手生命はさほど長くないって事です。まあ、自覚していないわけでも無いです。おそらく10年と言うのは、社交辞令で、私が歌えるのは、頑張ってみたところで、あと数年ってところでしょう…ね。実際、プロ歌手なら、私の年齢では、ボチボチ現役引退しはじめるわけだし。

 歌は自分のカラダが楽器だから、老いれば出来なくなるわけです。これは仕方のない事です。往年の名歌手も引き際を間違えると、老醜をさらしてしまうわけで、私はそういう歌手の方を何人も見てきました。テクニックがふんだんにある方ですから、そうなんですから、その手のものが皆無な私ならば、老いはもっと大きな問題となります。

 そんな、引退するような年齢から始めているわけだから、先が無くて当然。ならば、残されたわずかの時間、精一杯歌おうと思いました。これからの数年/数カ月で[アマチュア]歌手として、しっかり思い出を作り、悔いの無いようにやっていこうと思いました。そして、きちんとやるべき事をやり、思い残すことなく歌を辞められる様に、今から覚悟を決めて、これからの日々を過ごしていこうと決心しました。
 
 
6)アルテはこれだけ進んだ

 フルートは、今年は、アルテの14課の7番から始まり、15課の3章のB-dur[&ミニヨン・エチュードの9番]まで進みました。このペースだと、アルテ一巻を終えるのに…あと丸々二年かかる? うわー、なんて、道は遠く険しいのだ!

 趣味なんて、絶対に若いうちから始めないとダメですよ>若者の皆さん。年をとってから始めると、上達が遅い上に、楽しめる様になる前に、年を取っちゃいます。ああ、私もせめて10年早くフルートを始めたかったなあ(涙)。
 
 
7)ヴァイオリンの進捗状況はこんなもの

 一方、ヴァイオリンの方ですが、篠崎教本1巻の12番から始め、現在118番の「王様ジョー」と戦っています。実に、亀のような歩みですね。途中から独学に切り換えたのですから、仕方ないです。それでも、ちゃんと前に進んでいますから。来年のうちには、1巻を終えたいなあと、秘かに願っています(笑)
 
 
8)金魚たちの入れ代わり

 今年のお正月には、金魚は、ブニョとキッカ、チグサ、サクラ、スズネの五匹体制でした。エビは、トートとヌマエビ[名前がない]の二匹体制、ドジョウは、縞ドジョウと緋ドジョウ三匹(チビ、カゲムシャ、シッポナ)の三匹体制でした。

 エビは二匹とも無事に年が越せた様です。

 金魚は四匹体制に変更しました。お正月にいた金魚たちは、サクラだけが生き残りで、後はこの一年で入れ代わってしまいました。特に素赤金魚は、お正月当時はブニョがいましたが、そのブニョが星になり、代わりにやってきたカグヤはあっと言う間に星になり、その後釜のジュナは半年ほどで星になり、現在はヒーチャンがいます。黒い金魚のスズネの後釜がフナ色のカンロです。東錦のキッカの後釜がニシキで、チグサ(紅白のサラサ琉金)の後釜は現在いません。

 ドジョウは、縞ドジョウとチビとシッポナは元気です。カゲムシャは星になりました。途中で緋ドジョウの新入りを二匹入れましたが、一匹は行方不明となり、現在、緋ドジョウは三匹[うち一匹は名前がない]となっています。

 そんなこんなで、我が家の水槽にも色々な事が起こりました。主な出来事を列記し、リンクを貼ってみました。

停電で金魚が死にかけました

結局、ポンプを買い換えました

キッカが星になりました

ブニョが星になりました

カグヤがやってきました

カグヤが星になりました

ジュナがやって来ました

白鳳様(スズネ)が星になりました&カゲムシャの自殺未遂

カンロさんがお供を連れてやってきました

チグサが星になりました

ニシキさんがやって来ました

ジュナが星になりました

ヒーチャンが来ました

 何もないようで、案外、色々な事があった、我が家の水槽でした。毎年、夏の猛暑はつらいのですが、今年はそれに付け加え、計画停電も痛手でした。金魚って、はかない生き物ですね。
 
 
9)ダイエットのまとめ

 現在のところ、ブログにアップした最新データは以下のとおりです。

体重:99.4kg[-0.6kg]
体脂肪率:30.3%[+0.2%]
BMI:31.4[+-0.0]
体脂肪質量:30.1kg[-0.2kg]
腹囲:97.0cm[-10.2cm]
     [2011年当初との差]

 今年の私は、ダイエットをあまり頑張れませんでした。でも、これを「ダメだ~」と思わない事にします。人間、何事も、ポジティブ・シンキングが大切ですからね。少なくとも、年頭よりも600gも体重が減っているんですから(笑)。まあ、この600gなんて、誤差みたいなものですから、お世辞にも『ダイエット成功~』とは言えませんが、まあまあ、現状維持はできたんじゃないかと思うことにします。つまり『太らなかった(はぁと)』って事で、どですか?

 来年は…問題は夏なんですよね。私は夏に思いっきりダイエットをしている人なので、夏に時間的な余裕があれば、ダイエットに励んじゃうのですが、夏が忙しいと…ああ、大変だあ。

 でも、目標は、高らかにぶち上げちゃいましょう。目指せ、90Kg台前半! 行くぞ~! ガンバルゾー!
 
 
10)やっぱり今年も幸せでした

 2011年の私は、何だかんだ言っても、幸せをかみしめる事が多い一年だったと思います。私自身、健康だったし、家族もみな健康でした。仕事も充実していましたし、経済的に困る事もありませんでした。家庭もまあまあ円満(笑)だったし、妻とも仲良く暮らしています。リアルでもネットでも友人が増え、だいたい、毎日、笑って暮らしてました。

 ね、幸せでしょ。

 その上、歌劇団も着実に前進しています。来年はいよいよデビュー公演が迫ってます。声楽は散々でした。フルートは途中で先生が変わってしまいましたが、それでも気がつけば、それなりに上達しています。ヴァイオリンは…ちょっと残念な事になってしまいましたが、社交ダンスを始めたので、それはそれで良しです。実に今年も趣味三昧な、私のプライベートライフでした。

 今年は色々と不幸な方々をたくさん見てきました。その度に、自分が恵まれている事、幸せな事に気付かされました。他人の不幸を見て、自分の幸せをかみしめるなんて、実に不謹慎な事ですが、人は自分の幸せには、なかなか気がつかないものなので、許してください。
 
 
 今年も一年間、老犬ブログをごひいきくださり、誠にありがとうございました。また、来年もよろしくお願いします。

« 今年[2011年]聞いたCD | トップページ | さあ、今年[2012年]の抱負だよ »

その他」カテゴリの記事

コメント

すとんさん、ちゃんと毎日ブログを書いておられるのですごいですよ。
私はそこまで出来ませんでしたから。
拍手を送ります。
ブログで気付かされる事もありましたし、すとんさんのブログ、
私の生活にもしっかり入ってます。(笑)
これからもますます精進されて下さいね。
よいお年を!

おぷーさん

 私の場合、ブログは誰のために書いているのかと言うと、自分のためなんです。基本的にブログって『日々の記録』なんですよ。習い事の進捗状況とか、その頃の自分が考えていた事などを書いてます。それこそ、日記のようなものですから、気楽に書いてます。

 それにブログを書くようになってから、無意識に、いつもブログネタを探している(笑)せいでしょうか、日常の何気ない事にも、新しい事や楽しい事を発見できるようになりました。これは人生を豊かにしてくれます。

 そんな感じで、自分のために楽しく書いているブログなんですが、それを読んで頂いて、他の人も、色々と考えて頂けたり、喜んで頂けたりするなら、ブログ書きとして、たいへんうれしい事です

 おぷーさんも、よいお年を。

 2012年は、テノールとしてのなお一層の修行の日々になるのですね。
 たとえ、テノールとして歌える期間が長くなくても(個人差があるので、長いかもしれませんよ!)、それはそうなったときに考えればいいですよね。
 今この時、自分のやりたいことをやる 
 そういう単純な決断って、大人になればなるほど大切かも、と思いました。

 実り多い年になりますように。

椎茸さん

>2012年は、テノールとしてのなお一層の修行の日々になるのですね。

 そうです、修行ですから、楽しくないでしょうし、ツライばっかりになると思います。で、やるだけやりつづければ、限界にも早く到達しちゃうかもしれません。まあ、グダグダ考えても始まりません。始めた以上終わりがあるわけです。終わる前にどれだけ大輪の花を咲かせられるか…その心境でございます。

>そういう単純な決断って、大人になればなるほど大切かも、と思いました。

 ああ、なるほど、そうかもしれませんね。単純なものほど、残っていくものですしね。
 椎茸さんにとっても、実り多い年となりますよに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年[2011年]聞いたCD | トップページ | さあ、今年[2012年]の抱負だよ »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん