ひとこと

  •  理解できない事。昨今の中国では「脚臭塩」と呼ばれる、足の臭いのする食塩が蔓延しているそうだ。分析してみると、亜硝酸塩という毒物さえ混入しているそうだ。また逆に健康に良いとされている短鎖脂肪酸が入っているケースもあったそうだ。どちらにせよ、食塩というものは、ほぼ純粋な“NaCl”じゃないの? 国際食品規格委員会で定められた食塩の品質に照らし合わせても、亜硝酸塩とか短鎖脂肪酸などが入り込む余地は無いんだけれどなあ。食塩というのは、人間が生きていく上で必要不可欠なものなのに、その食塩の品質すら危ういなんて、ああ理解できない。ちなみに、足の臭いのする食塩とか言うけれど、足の臭いって…どんなんだろ? 足って、そんなに臭いか?
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« アルタスフルートフェア2011秋、に行ってきたよ | トップページ | 寒さ&乾燥対策、どうされますか?[2011年10月第5週・通算37週] »

2011年10月29日 (土)

瞳のキレイな君にラブ!

 最近、妻と話すのは「ジュナッチはかわいいねえ。それに引き換え、サクラは下品だねえ」という話。あ、ジュナッチとはジュナの事ね。最近、ジュナはジュナッチと呼ばれる事が多いです。

 「なんでジュナッチはかわいいんだろうねえ。やっぱり大きさがサクラほど大きくないからかな?」

 「でも、サクラがジュナほどの大きさの時から、サクラは下品だったよ。それに小さいほどかわいいなら、ジュナより、カンロやニシキの方が小さいんだから、この子たちの方がかわいいはず。なのに、ウチの水槽で一番かわいいのはジュナでしょ。」

 「大きさが可愛らしさの決め手じゃないなら…種類のせいかな? ジュナは真っ赤な金魚で可愛らしいよね」

 「真っ赤な金魚がかわいいなら、ブニョだって真っ赤な金魚だったから(ジュナもブニョも同じ、素赤オランダです)、同じくらいかわいいはずだけれど、ジュナはかわいいけれど、ブニョはドテッとしていただけじゃない」

 「…となると、やっぱり行動かな? ジュナの行動ってかわいいかな?」

 「ジュナの行動が特別かわいい…って事はないよね。人に媚びを売るという点では、カンロの方が直接的で、むしろジュナは控え目な方でしょ。だから、人間へのアピール度で可愛らしさが判断されるなら、カンロの方がかわいらしく思われるはずだけれど、そうじゃないでしょ。カンロはかわいいと言うよりも、むしろヤンチャなタイプだし…。もっとも、サクラが下品なのは、その行動が原因であるのは明らかだけど(笑)」

 確かにサクラの行動はイチイチ下品なんです。特に汚いのがエサの食べ方。一度、口に入れたものを、必ず吐き出すんです。それも勢い良くパッっと吐き出すのではなくし、開いたクチから、だらしなくデロデロデロ~って感じで出してるんです。ああ、汚らしい。ああ、下品な子!

 「そう言えば、ブニョは肉瘤で目が隠れていたよね。金魚でも、目が可愛らしさの基準になるんじゃないかな? 今の子たちで言うと、サクラはロンパリだし、ニシキは目の色が左右で違うし、カンロはどっちかと言うと白目がちだし、程良い間隔で左右の目が離れていて、黒目勝ちで、白目の部分が金色で色気があって、いつも人の事をじっと見ているジュナは、可愛らしく見えるんじゃないかな?」

 「そうかもしれないね」

 と言うわけで、金魚もやはり、瞳のキレイな子がかわいいという結論になりました。人も金魚も、目って大切なんですね。

« アルタスフルートフェア2011秋、に行ってきたよ | トップページ | 寒さ&乾燥対策、どうされますか?[2011年10月第5週・通算37週] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

金魚にも個性ありですね。生き物なんだから当たり前ですが、毎日見ているとよくわかるのでしょうね。

トップページの金魚さん二匹が、よりかわいらしく見えてきました。

椎茸さん

 トップページの金魚さんは、このブログを始めた頃にウチの水槽にいた子たちです。赤い子がアケミで、奥の子はアオイです。この時から金魚はだいぶ入れ代わってしまいましたが、写真はずっと変えずにいます。だって、アケミちゃんって、かわいいでしょ。

 金魚はたかが魚類ですが、個性はありますね。おそらく、どんな動物であっても個性ってあるんだと思います。観察しているこちらの愛情で、その個性をどれだけくみ取れるかって事じゃないかなって思います。

 金魚にも、性格の善し悪しとか、頭の善し悪しとか、気の利く奴とか利かない奴とか、ノロマとかお調子者とか…実にさまざまです。だから毎日見ていても飽きないのだと思います。

なるほどね。
そういや、デビル1号ちゃん(長老)は目が濁っているような気がする・・・。
金魚でもおバカな子とか、要領のわる~い子もいますね。
チビチビは要領がよく、デビル1&3号(2号はお亡くなりになったので)が食い散らかしたえさをちゃっかりいただいています。

ことなりままっちさん

 デビル1号ちゃんの目は大丈夫? 金魚にも白内障の類はあるみたいだからネ。でも、ウチで飼っていたブニョを見ていて分かるけれど、金魚は視力を失って、生活するのに、そんなに大きくは困らないみたいです。おそらく、他の五感がしっかりしているので、視力が無くなってもどうにかなるようです。

>金魚でもおバカな子とか、要領のわる~い子もいますね。

 いますね。金魚の頭の善し悪しって結構あるみたいです。本当におバカな子はバカだもの(涙)。でも、そういうおバカな子って、かわいかったりするんですけれどね。

 でも、結局、長生きする子は賢い子なんですよね。やっぱり、頭の善し悪しって金魚でも大切なんだろうなあって思います。


白内障かぁ(ひとごとじゃないわ)
デビル1号ちゃんは長老なので可能性ありかもです。

チビチビは長生きしそうです。
同じく要領がいいブチも長生きしそうな気がする。
1匹いじめられている子がいるんですが、いじめられながらも結構たくましくエサをかっぱらっているみたいです。雑草魂も長生きの秘訣なのでしょうかねぇ。金魚でも。

ウチの環境はかなり劣悪なときもあるんですが(金魚担当者が忙しいことがあるので)ものすごい環境でもそれなりに生きられるってのは人間も見習わないと。違うか~(汗

ことなりままっちさん

 私も白内障は他人事じゃないです。なんか、以前よりもまぶしい所が苦手になっているような気がするし…。夏場はサングラスを愛用しているぐらいですが…これは病変ではなく老化現象だと思ってます。でも、気をつけるに越したことはないです、と自分に言い聞かせてます。

>ものすごい環境でもそれなりに生きられるってのは人間も見習わないと。違うか~

 いやあ、違くないかも。少なくとも、若い時代は、ものすごい環境に一度は身を置いた方がよいかもね。そうすると、根性の入り方が変わります。…でしょ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/53103993

この記事へのトラックバック一覧です: 瞳のキレイな君にラブ!:

« アルタスフルートフェア2011秋、に行ってきたよ | トップページ | 寒さ&乾燥対策、どうされますか?[2011年10月第5週・通算37週] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん