ひとこと

  •  もしも私が北の首領様で、日本や韓国やアメリカに喧嘩を本気で売るなら…韓国には風向きの良い日に風船爆弾のようなもので化学兵器(サリンとかああいうヤツ)をぶっこんで、日本には漁民に装わせた兵士(伝染病に罹患済み)を送り込んでバイオテロを引き起こし、アメリカには…サイバー攻撃だな。銀行とか株式市場とか経済方面の施設を一斉に襲うとか、いっそ原発を遠隔コントロールして大惨事を引き起こすとか…そういう手立てを考えます。そんなわけで、別に北の国が核爆弾とかミサイルとか持つ必要なんてないじゃん。むしろ、そんなモノを持っていると「北のくせに生意気だ!」って言われて、ジャイアンにボコボコにされちゃうよ…ってわけで、ジャイアンはいつコブシを振り上げるのでしょうか? 産経新聞は…12月18日が開戦日かも…って言っているけれど、だとしたら、もう来週じゃん。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 夫婦ゲンカの最中にレッスンに行きました | トップページ | ネット内における、各楽器の勢力分布について(笑) »

2011年10月26日 (水)

ふりむけば松脂

 ヴァイオリン独学練習報告です。

 ヴァイオリンを弾いていて、なんか、音が出しづらいとか、音色が変とか、弓が滑るとか、そういうトラブルが、私の場合よく起こります。たいてい、原因が分からずに、悩んでしまいます。フォームが悪いのかな? 右腕の動かし方が悪いのかな? やっぱり安い楽器の限界って奴なのかな?

 独学だし、弦のお友達もいないので、相談相手もいなくて、一人でモンモンとするわけです。

 で、解決できなくて「まあー、しょうがないか。現実に目をつぶって、とりあえず前に進もう!」とか思うわけです。で、「そう言えば、しばらく、弓に松脂を塗っていなかったなあ。久しぶりにたっぷり塗るか」ってんで、ヌリヌリすると、ヴァイオリンの音が出しやすくなるし、音もヴァイオリンっぽくなるし、弓もとっても動かしやすくなります。

 原因はよく分からないけれど、松脂を塗ると、たいていの悩みが解決します。松脂って偉大だな。
 
 
 さて、今回、篠崎教本はどこまで進んだのかと言うと…。

106番「毎日の練習」 OKです。スラーって、そんなに難しくはないものの、なんか頭の切り換えがうまくいかなくて、ワヤクチャになってしまいます。これってヴァイオリンの演奏時間の絶対値が足りないために起こるんだよなあ…と思います。もっと、ヴァイオリンの練習がしたいなあ…。でも、そんな時間があったら、もっと歌の練習もしたいし、フルートの練習もしたいし…。睡眠時間はこれ以上削れないから、一日があと2~3時間増えるといいのに。

107番「スタカート練習A」  OKです。弓の圧力をかけるというのが、実は難しかったです。普段は、弓に圧力がかかりすぎてしまうので「軽く軽く」とか「脱力!」なんて思いながら弾いているので、その逆なので、楽ですわ。問題は、普段と違う事をやろうとすると、やっぱり弓が暴れてしまうので、そこのコントロールだけですね。

108番「スタカート練習B」 OKです。いやあ、弓が暴れる暴れる。問題は、弓の真ん中付近でヴァイオリンを弾くわけだけれど、スタッカートかけるたびに、弦が弓(の棒の部分)にぶつかる事。弓のテンションが低いんだろうなあ…。少し弓のテンションを高めにする事にしました。

109番「スタカート練習C」 OKです。無問題です。日課練習で、1弦のドは練習しているので、なんて事はないです。

110番「子供マーチ」 OKです。これも特に問題なし。

111番「アマリリス」 OKです。この曲は時間がかかりました。移弦の時にバタバタしてしまうことと、スタッカートの部分で苦労しました。で、ある程度、自分で頑張ってから、お手本CDを聞いてみたら…私はどうやら、難しく考えていたみたいです。もっと、あっさりやればよかったのね。

 今回はこんな感じです。ちょっとずつですが、前進しているので、うれしいです。

« 夫婦ゲンカの最中にレッスンに行きました | トップページ | ネット内における、各楽器の勢力分布について(笑) »

ヴァイオリンの学習記録」カテゴリの記事

コメント

ヴァイオリンの弾き方ってピアノと似てるみたいだなぁと読んでて思いました。まぁピアノの場合は指が直に鍵盤に触れますけど弦楽器は弓というクッションがありますから違うとは思いますが、感覚的にはピアノかなと理解しました(笑)
余談ですがこの間妹がヴィオラを持って帰って来た際に少し教えてもらったのですが、弓は毛と棒の部分との一番近い部分の間がおよそ1cmくらいになるように張るのが良いらしいです

音羽響さん

 私はピアノはほとんど弾けないので、実感としては分からないのですが、確かにヴァイオリンもピアノも指や腕の動きが音に変換されるという部分や感覚が似ているのかもしれません。繊細な音を奏でるには、繊細な動きが必要だし、ガサツな動きしかできないと、騒々しい音しかたてられません。

>弓は毛と棒の部分との一番近い部分の間がおよそ1cmくらいになるように張るのが良いらしいです

 …ですね。でも、それが結構感覚的に難しいんです。だいたい1cmでも、ゆるめの1cmときつめの1cmがあって、ゆるすぎてもダメだし、キツすぎてもダメだしって微妙な感じなんです。こればかりは自分の感覚で決めていかないといけないので、やはり絶対的な練習量の中で見つけていくものなのだろうなあって思ってます。そういう意味でも、私は練習が全然足りていないのだと思います。

 歌をやってフルートやって、その上でヴァイオリンをやっているわけで、やっぱり欲張りすぎなのかな…って思ってます(が、まだヴァイオリンは辞めませんよ)。

グレッチェンさん

 メール代わりにアップされた私信の方は、一応削除いたしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/53082213

この記事へのトラックバック一覧です: ふりむけば松脂:

« 夫婦ゲンカの最中にレッスンに行きました | トップページ | ネット内における、各楽器の勢力分布について(笑) »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん