お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« メトのライブビューイングで「ワルキューレ」を見てきました | トップページ | 憧れる心、飽きない心、諦めない心[2011年9月第4週・通算32週] »

2011年9月24日 (土)

ニシキさんがやって来ました

 久しぶりに東錦(あずまにしき)が我が家にやってきました。東錦という種類は、オランダ獅子頭系の金魚で、ざっくり言えば「三色オランダ」ってところかな? 体型はオランダ獅子頭と同じだけれど、体色がかなり違います。白をベースに、背中は皮膚の下から青色がのぞき、皮膚には赤と黒の模様が個性豊かに描かれ、それを透明なウロコが覆っています。なかなか派手で華麗な金魚です。欠点は…琉金ほどではないけれど、他のオランダ獅子頭たちほどカラダが強くない事かな? まあ、丁寧に飼ってあげましょう。

 ウチに来た東錦の子はニシキと名付けました。妻は「東錦だからニシキ? あなたにしては単純ね~」と言ってましたが、実は私、この子を上から見た時に、三色の錦鯉をイメージしたんですよ。で、ニシキって名付けたんだけれど…「東錦だからニシキ」でもいいや(笑)。ちなみに、1680円でした。

 ですから、ニシキは上から見ると、なかなかの美形金魚です。横からみても、右半身はなかなか美しいですが…左半身を見ると、模様が少なくて、全体にボーっとした感じで、ちょっぴり残念です。まあ、2000円未満の東錦ですから、こんな感じなんでしょうね。動きはまだまだ幼い感じでキャピキャピしてます。

 ニシキは、まだまだ小さい子です。カンロとだいたい同じ大きさです。最初こそは単独行動が目立っていましたが、ここのところはカンロと行動を共にし、色々と水槽のルールをカンロから教わっているようです。なので、今はこの二匹がキャピキャピしていい感じですよ。

 カンロはなかなか察しの良い子で、金魚にしては賢い部類に入ると思いますが、ニシキはどうもあんまり賢くないみたいです。カンロって親切なのかな? あれこれ、カンロがニシキの世話を焼いているんですね。どうも、いいカップルのようです。

 そう言えば、ついこの前までキャピキャピしていたジュナですが、いつの間に、大人びてしまいました。カワイイは可愛いのですが、なんかちょっと落ち着いちゃいました。

 イメージとして…、サクラ(オバチャン)・ジュナ(女子学生)・カンロ(小学校の男子学級委員)・ニシキ(女子小学生)って感じかな? 大きさも、大・中・小・小だしね。

 金魚はしばらく、この組み合わせで落ち着いてくれるといいなあ。

 緋ドジョウのチビが最近体調が悪そうなのが気がかりです。この子も長生きだからねえ。

« メトのライブビューイングで「ワルキューレ」を見てきました | トップページ | 憧れる心、飽きない心、諦めない心[2011年9月第4週・通算32週] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニシキさんがやって来ました:

« メトのライブビューイングで「ワルキューレ」を見てきました | トップページ | 憧れる心、飽きない心、諦めない心[2011年9月第4週・通算32週] »

フォト
無料ブログはココログ