ひとこと

  •  もしも私が北の首領様で、日本や韓国やアメリカに喧嘩を本気で売るなら…韓国には風向きの良い日に風船爆弾のようなもので化学兵器(サリンとかああいうヤツ)をぶっこんで、日本には漁民に装わせた兵士(伝染病に罹患済み)を送り込んでバイオテロを引き起こし、アメリカには…サイバー攻撃だな。銀行とか株式市場とか経済方面の施設を一斉に襲うとか、いっそ原発を遠隔コントロールして大惨事を引き起こすとか…そういう手立てを考えます。そんなわけで、別に北の国が核爆弾とかミサイルとか持つ必要なんてないじゃん。むしろ、そんなモノを持っていると「北のくせに生意気だ!」って言われて、ジャイアンにボコボコにされちゃうよ…ってわけで、ジャイアンはいつコブシを振り上げるのでしょうか? 産経新聞は…12月18日が開戦日かも…って言っているけれど、だとしたら、もう来週じゃん。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ミニヨン・エチュードは6番をいただきました | トップページ | カンロさんがお供を連れてやってきました »

2011年9月 9日 (金)

ヴァイオリンは安物に限る(爆)

 ヴァイオリン独学練習報告です。

 九月に入り、まだまだ残暑厳しいですが、それでも風は秋風になってまいりました。みなさん、愛器は無事に夏を乗り越えられましたでしょうか? 夏のわけわからない温度で、ニスがべたついたり、溶けたりしませんでしたでしょうか?

 私ですか? ミヤマは、夏の間は、暑い部屋に放置です。ニスが溶ける? なんですか、それ? ミヤマのニスは、日曜大工用の化学合成のニスなので、高温多湿にはバッチリ対応しております。

 実はミヤマを作る時、ニスは本物のヴァイオリン用のニスにしようかと悩みましたが、結局、入手のしやすさから、日曜大工用のニスを採用しちゃった軟弱な私だけれど、結果オーライで、それが正解だったようです。普通のヴァイオリンをお持ちの方は、夏の暑さでヴァイオリンのニスが溶けないように、色々と苦労された方もいらっしゃるようで…。

 ま、ミヤマに限らず、低価格のヴァイオリンでは、天然のニスではなく、化学合成のラッカーなどを使用しているそうですから、そういう楽器も高温多湿には強いですね。

 ビバ! 安い楽器! 安い楽器はヒドイ状況に強い、ニスが溶けないぞ(笑)!
 
 
 さて、今回、篠崎教本はどこまで進んだのかと言うと…。

100番「毎日の練習」 OKだけど…苦労したなあ。スラーは難しい。まあ、丹念に練習していくことだけで、乗り越えられるものなんだろうけれど、やっぱりスラーは難しい。この課題には、本当に時間が掛かりました。

101番「速い全弓と遅い全弓」 OK。これは簡単。スラーがなければ、こっちのモンだな(笑)。

102番 OK。やっている事は、基本的に101番と似たようなものなのに、白玉音符(二分音符の事)とスラーの違いだけで、私にとって、これだけ難易度が上がるとは…。おそるべし、スラー(爆)。
 
 
 今回はこんだけです。少ないですね。ま、それだけスラーに手こずったと言うか、100番に時間がかかったと言うか。103番「アンダンティーノ」には、スラーがたっぷりあるので、手こずってますよ。

 教則本が進むに連れて、進度が遅くなるのは仕方ないですね。進度が遅くなると、ついつい嫌気が差してしまうのが、悲しい人間のサガです。先生についていれば、先生がそのあたりを一生懸命ケアして「教則本は進みが遅くなったけれど、とても上達してますよ」とかなんとか言って、励ますのだろうけれど、私の場合、誰も励ましてくれない(笑)。だから、教則本の進みが遅くなって、嫌気がさしてヴァイオリンがイヤになって挫折しないように、自分自身を鼓舞していかないとね。

 がんばれ~、えらいぞ~、自分。誰も認めなくても、とにかく、よくやっているぞぉ~。

 ああ、ご褒美が欲しい(爆)。

« ミニヨン・エチュードは6番をいただきました | トップページ | カンロさんがお供を連れてやってきました »

ヴァイオリンの学習記録」カテゴリの記事

コメント

今年は暑さ以上に湿度も大変だったようで、、、。
お若い(笑)私の笛は担保対策が…違、タンポ対策が手こずりました。木管(Picc)は触りたくなかったです。coldsweats01
古楽器をお持ちのギタリストさんが、板がはげかかったりと大騒動だった方もいました。


はい、御褒美 happy01wine

めいぷるさん

 ウチの方は、海のほとりってことで、湿度はさほど気になりませんでした(ってか、例年どおり)でしたが、確かに地域によっては、湿度と言うか、湿気に悩まされたかもしれませんね。なにしろ、気温が上がれば上がるほど、空気中に多くの水蒸気を含めることができますからね。例年と比べて、タンポも湿気やすく乾きづらい…って夏だったんでしょうね。

>古楽器をお持ちのギタリストさんが、板がはげかかったりと大騒動だった方もいました。

 古楽器は化学合成の接着剤を使わないからねえ…。高温多湿には弱そう…。日本の夏は、楽器にとっては、かなり厳しい環境…なんでしょうね。おそらく、節電の夏でなければ、みなさん、エアコンガンガンかけたのでしょうね。

 ご褒美、ありがと(はぁと)。

ただでさえ「おいそが氏」のすとんさんが、フルートを習い、声楽をやり、さらにヴァイオリンも独学しているのは本当にすごいと思います。どうやって時間をお作りになっているのか、できればすとんさんの一日、さらには一週間のスケジュールを公開してほしいと思います。

自画自賛しなくても、不肖おざっちが、心底おほめいたしますぞ!

おざっちさん

>どうやって時間をお作りになっているのか、できればすとんさんの一日、さらには一週間のスケジュールを公開してほしいと思います。

 どうしようかな? ちょっと時間をください(照)。だってさえ~、私の日々の生活スケジュールを公開すると、如何に私が、まともな人間としての生活やら、大切にしないといけない家庭生活を犠牲にしている、道楽者なのかがバレてしまう…。ちょっと、恥ずかしいぞぉ。

 私がこういう道楽生活が可能なのは、一つには職住接近で通勤時間があまりかかっていない事と、職場でも仕事のスケジュール管理ができる立場なので、そこのところでうまく立ち回っている事と、家庭では妻の理解(あるいは諦め)がある事と、毎日が寝不足でも生きていける事。あと、ヲタクなので、一つの事をコツコツとし続けることが得意な事…かな?

 たぶん、私のような生き方は、普通はなかなかマネできないと思うよ(汗)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/52679392

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイオリンは安物に限る(爆):

« ミニヨン・エチュードは6番をいただきました | トップページ | カンロさんがお供を連れてやってきました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん