ひとこと

  •  野党の皆さん方が散々反対していた、統合型リゾート施設整備法案(カジノ法案)が可決成立しました。まあ確かに、ギャンブルを勧めるような法案を通すなんて…という気持ちは分からないでもないけれど、ならばなぜパチンコは野放しなんでしょうか? パチンコって、ほんと質の悪いギャンブルだと思いますよ。パチンコがOKで、カジノがOUTと言うのが、私には分かりません。カジノがOUTなら、当然パチンコだってOUTでしょ? でも野党の皆さんはカジノはOUTだけれど、パチンコはOKってんだから、これじゃあ、パチンコ業界のためにカジノに反対しているようなものじゃないですか? で、パチンコ業界守って、パチンコで稼いだお金は、一体どこに行っているでしょうか? 売国するのもいいかげんにしなさいって感じです。
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 被爆と食物連鎖と日本人[2011年8月第4週・通算28週] | トップページ | 初見視唱とイタリア古典歌曲 »

2011年8月29日 (月)

メトのライブビューイングで「トスカ」を見てきました

 ただいま、オペラはオフシーズンでして、当然、メトのライブビューイングもオフなのですが、東京築地にある東劇で、ライブビューイングのアンコール上映をしているので、そそくさと出かけてきました。思い出してみれば、私がメトのライブビューイングに初めて接したのは、昨年のアンコール上映でしたから、これでようやく一年たったわけです。

 今回、見てきたのは、2009年シーズンのオープニング演目であった「トスカ」です。指揮者がジョセフ・コラネリ(レヴァインの代役)、演出がリュック・ボンディ、トスカ[ソプラノ]がカリタ・マッティラ、カヴァラドッシ[テノール]がマルセロ・アルバレス、スカルピア[バリトン]がジョージ・ギャグニッザでした。

 この上演は、当時、賛否両論を巻き起こした、スキャンダラスな公演だったそうですが、私は見たところ、実によかったですよ。スキャンダルとなったのは、おそらく演出が、慣れ親しんだゼッフィレッリのものから変更になった上に、今度の演出家さんが、かなりのビッグマウスな人なので、ゼッフィレッリのファンがブーブー言っていたからじゃないかと思います。

 私の個人的な趣味で言うと、今度の演出における、キャラ設定の方が、ストーリーが分かりやすくて好きです。

 演出家さんはインタービューの中で、次のような主旨の事を話していました。

 …歌手は歌わないといけないので、役者のように自分をごまかしながら演技する事ができません。だから、オペラの演出は演劇のそれとは違って、ストーリーの流れに沿った、自然なものでなければいけません。そこで利用するのが、それぞれのキャラクターの感情です。キャラクターの感情を深く掘り下げて、感情の流れに沿って演出していけば、歌手たちは歌いながら、自然に演技をする事ができます…

 また、こんな主旨の事も言ってました。

 …トスカの悲しみは、とても深いものです。これを演劇で表現するのは、簡単な事ではありません。しかし、オペラなら音楽の力を借りる事で表現できるのです。それがオペラならではの表現なのだと思います…

 歌唱に関しては、端役に至るまで、素晴らしかったです。さすがはメトのオープニング・アクトです。出演者にスキがありません。

 とりわけ、私はテノールのアルバレスの、分かりやすいアクートに感じ入りました。「いくぞ、いくぞ……いったーーーーー!」って感じで楽しかったです。

 やはり特出すべきは、演出とかキャラ設定でしょうね。私は前のゼッフィレッリの演出のDVDを持ってますが、それと比べて、キャラ設定が今回のものの方が全然いいと思いました。

 トスカは、感情の振り幅が広くて、喜怒哀楽を素直に表現する。かわいい女性です。そして、ユーモラスな面も持っています。オペラの最中に、客席から笑いが三度ほど漏れましたが、いずれもトスカのユーモラスな演技からです。今までの「トスカ」では、トスカって、追い詰められた可哀相な女性ってイメージしかありませんでしたが、この演出では、しっかりと感情を持った生きたトスカになってました。

 カヴァラドッシは、ちょっと勇敢で友情に篤い、普通の人でヒーローではありませんでした。トスカを愛しながらも、彼女に溺れる事はなく、彼女の欠点も把握し、それゆえに適度な距離を保っているオトナの男性でした。たぶん、彼らはこのまま付き合っていても、結婚には辿り着かないだろうなあ…なんて思っちゃいました。こういう人って、いるよなあ…って思いながら見てました。

 スカルピアは、悪役なんだけれど、なんか人間臭くてよかったです。従前の演出では「悪の権化」のような扱いになってますが、ここでは決してそうではなく、悪人と言うよりも、欲の固まりって感じでした。欲張りな人? 食欲・性欲・支配欲、これらの三つの事に心が動かされる人物なんだなあって思いました。そうそう、スカルピアって、女好きだけれど、音楽好きでもあるんですね。21世紀の我々には「悪」強調されるよりも「欲」を強調された方がシンパシーを感じやすいかもしれません。

 しかし、スカルピアの執務室にいた(黙役の)売春婦さんたちは、生乳&生尻を惜しげもなく出してましたが、あっちのオペラでは、平気でそういう演出があるんだよねえ~。日本の舞台じゃ考えられませんね、文化の違いなんでしょうね。

 脇役では、スカルピアのアシスタントのスポレット(テノール)がいい味出してましたね。なんか「赤ずきんちゃん」の狼さんのヒントをたくさんもらったような気がします。

 とにかく、歌のある役ばかりでなく、歌のない黙役の人たちが大勢いて、彼らの何気ない演技が、オペラの詳細を雄弁に語っていました。この演出なら、歌がなくても、芝居として「トスカ」が楽しめるかもしれません。

 しかし、今どきのオペラ歌手って、歌以外に演技もきちんとできないといけないんですね。カラスやドミンゴは、歌唱力に加え、すぐれた演技力で評価されていましたが、今やその、カラスやドミングに準じるクラスの歌手たちがワンサといるわけで…すごいなあ。

 ちなみに、歌手たちは、この公演のために、それそれ演技の練習だけで5週間かけたそうです。プロがそれだけの期間、練習に専念するんだから、やはりこれほどのモノができるわけですね。

 ラストシーンのトスカの自殺は…「おおっ!」て思いました。文字通り“まぶたに焼きつきました”。照明が絶妙のタイミングでフラッシュに切り替わり、心にグサーって来ました。このラストの自殺のシーンだけでも、ゼッフィレッリの演出を越えたと言っていいんじゃないかな?

 この公演のDVDは…輸入盤ならあるけれど、日本語盤がないのが残念ですね。輸入盤は字幕が英語なんですよね。やはり、オペラは日本語字幕が必要ですよね。なので、日本語盤がなくて、皆さんにお薦めできない事が、とても残念です。

« 被爆と食物連鎖と日本人[2011年8月第4週・通算28週] | トップページ | 初見視唱とイタリア古典歌曲 »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

これも、行く予定だったのに~っ!!
ダーリンなんてキライよ~っ!!

トスカがかわいい女性だったとか、スカルピアが人間臭いとか、
カヴァラドッシの性格分析とか・・・

ああぁぁあああぁぁぁっ!!!!!
日本語字幕つきDVDだして~っ!!

今シーズンはアンナ・ネトレプコの「アンナ・ボレーナ」が見たいわぁ!
ディミトリさまも気になるし、カウフマンもいいわねぇheart02

プリロゼさん

 ダーリンさんを優先してあげても、バチは当たりませんよ。それに「トスカ」は来年のアンコール上映でも…きっと、たぶん、もしかすると…再演してくれるかもしれないし…。まあ、こういうものは、一期一会って部分もあるので、すっぱり諦めましょう(笑)。

 秋からのシーズンのオープニングアクトが「アンナ・ボレーナ」なんですよね。私はどうしようかな? 次のシーズンは、色々と見たいものがたくさんありますが、家計の都合もあるし、仕事のスケジュール調整も必要なので、どれを見ようか、まだ決まらないんですよ。オープニングアクトは、メトも力が入っているから、見た方がいいんだろうけれどね。どうしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/52589985

この記事へのトラックバック一覧です: メトのライブビューイングで「トスカ」を見てきました:

« 被爆と食物連鎖と日本人[2011年8月第4週・通算28週] | トップページ | 初見視唱とイタリア古典歌曲 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん