ひとこと

  •  もしも私が北の首領様で、日本や韓国やアメリカに喧嘩を本気で売るなら…韓国には風向きの良い日に風船爆弾のようなもので化学兵器(サリンとかああいうヤツ)をぶっこんで、日本には漁民に装わせた兵士(伝染病に罹患済み)を送り込んでバイオテロを引き起こし、アメリカには…サイバー攻撃だな。銀行とか株式市場とか経済方面の施設を一斉に襲うとか、いっそ原発を遠隔コントロールして大惨事を引き起こすとか…そういう手立てを考えます。そんなわけで、別に北の国が核爆弾とかミサイルとか持つ必要なんてないじゃん。むしろ、そんなモノを持っていると「北のくせに生意気だ!」って言われて、ジャイアンにボコボコにされちゃうよ…ってわけで、ジャイアンはいつコブシを振り上げるのでしょうか? 産経新聞は…12月18日が開戦日かも…って言っているけれど、だとしたら、もう来週じゃん。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« レチタティーヴォは、やっぱり難しい… | トップページ | テレビドラマ「Glee/グリー」から、日本の合唱の未来について考えてみた »

2011年6月 2日 (木)

実はミニオン・エチュードの1番は、すでに合格してました!(驚)

 フルートのレッスンに行ってきました。今回は、あのお上手な姉弟子さんが先に教室に入ってレッスンを受けていました…もとい、先生と二重奏をしていました。なんていう曲かは知りませんが、ちゃんとしたフルートのデュエットを、こうして聞かせていただけるなんて、いい勉強になりますね。それにしても、フルートの音色は人の心を癒しますね。私はすっかり癒されてしまって、曲の途中の記憶がありません(あれ?)。

 で、姉弟子さんのレッスンが終わったところでロングトーンなんですが、今回は先生は抜きで(先生、どうやら体調が悪そうです…早くお元気になってください)姉弟子さんにロングトーンのお稽古をつけてもらいました。

 それを端から見ていた先生から一つ注意を受けました。それは私の左小指の位置。左小指…Gisキー担当の指ですが、この指、私の場合、自然体で軽く曲げた状態でフルートを吹いています。なので、小指の位置がGisキーよりも下にあるのが常なのですが、それはダメだよと注意されました。左小指は、“常にGisキーよりも高い位置にあげておく事”なんだそうです。今の私のように、小指がGisキーよりも下にあると、Gisキーを押さえる時に、下にある指を一度キーの上まで持っていって、それからキーを押さえる事になるので、無駄な動きが多くて動作が遅くなるのでダメなんだそうです。常に最初からGisキーの上にあれば、即座キーを押さえることができるわけで…そういう事です。

 左小指を上に持ち上げ続けているのがシンドかったら、左薬指の上に乗っけてもいいよと言われました。…さて、どうしようかな?

 アルテのレッスンになりました。いつもやっていた「C-durのロングトーン」は無し、…あれ? 先生曰く「調が変わったら、もうやらなくていいよ」だそうです。

 本日はアルテ15課1章の7番と8番です。前回、なんか指がワヤクチャになっちゃった奴ですが、一応、一週間で帳尻を合わせておいたので、合格でした。なので宿題として「G-durのロングトーン」と1番(あれ、番号がリセットされているよ)の「音階準備練習」が出されました。よし、これも一週間で帳尻合わせしてやる(笑)。

 ミニオン・エチュードは1番を吹き始めたら「違う、違う、それはもう終わり」と言われました。ん? どうやら、私は気がつかなかったけれど、前回のレッスンで合格になっていたようでした(知らなかったなあ…)。なので、今回は2番です。…やっべえなあ~、練習は1番を集中してやってきて、2番なんて、極々サラリとしか譜読みしてないよ…。

 とにかく、2番を吹いてみました。まあ、最初だから、こんなもんでしょう。“スラーをきちんと吹く事”“タンギングでは音は切るけれど息は切らない事”“アウフタクトはしっかりアウフタクトだと分かるように吹く事”“エコーの部分[いわゆる、追っかけ]は、エコーの前で一度息を切り、弱音で演奏し、エコーである事を強調する事”“(中音ソから高音ミの)跳躍では、息を強めずに、下腹の支えだけで柔らかく跳躍していく事”“フルートはなるべく優しい息で吹いてあげる事”などの注意をいただきました。がんばるぞ。

 今回は私が一番最後のレッスンだったようで、レッスン終わりに、少し先生と世間話を(初めて)しました。しかし、話題がいきなり…加齢による体型変化とか、加齢による頭髪の密度の変化とか、加齢による視力の減退とか、いかにもオッサン臭い話題でした。ま、オッサン二人の世間話なんだから、そんなもんか(爆)。

« レチタティーヴォは、やっぱり難しい… | トップページ | テレビドラマ「Glee/グリー」から、日本の合唱の未来について考えてみた »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/51827676

この記事へのトラックバック一覧です: 実はミニオン・エチュードの1番は、すでに合格してました!(驚):

« レチタティーヴォは、やっぱり難しい… | トップページ | テレビドラマ「Glee/グリー」から、日本の合唱の未来について考えてみた »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん