ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 特訓! 乾杯の歌 | トップページ | フルートの調整に行ってきました »

2011年5月26日 (木)

最後のピアノ合わせに行ってきました

 声楽発表会に向けての、最後のピアノ合わせに行ってきました。最後と言っても“二回目”なんですが…。とにかく、このピアノ合わせが終わると、次に本番ピアニストさんと合わせるのは、発表会当日のゲネプロ -> 本番って流れです。ああ、段々、発表会直前って雰囲気になってきました。

 さて、最後のピアノ合わせの日の私は、ピアノ合わせが午後だったため、午前中は自宅で一人で“通し稽古”をしていました。しかし、連日忙しい上に、前日が歌劇団の練習で声が疲労気味だったにも関わらず、午前中から歌っちゃったわけで…テキメンに声が割れてしまいました。ははは、痛くはないけれど、ちょっと声に違和感を感じました。やっぱ、テナーは午前中からフルヴォイスで歌うものじゃないな(反省)。

 …発表会当日は…会場入りするまで、歌わないでおこうっと。

 私は、会場係なので、ちょっと早めに行って、会場の準備をして、皆さんのお越しを待ってました…が、会場はムンムンして蒸し暑かったです。とりあえず、準備時間のうちは、窓を開けて換気をして多少は涼しくしましたが、この会場は住宅地の真中にあるので、ピアノ合わせが始まったら、窓は締め切らないといけませんので「節電だから冷房は不可」と言っている事務方を説得して、なんとか冷房使用の許可をいただきました。

 と言っても、暑い暑いと騒いでいるのは、私と先生の二人だけみたいでした。なんで、みんな、平気なんだろ?

 さて、ピアノ合わせの順番は、原則、本番と同じ順番なのですが、色々な都合がある人もいるので、最初は歌劇団の「乾杯の歌」からピアノ合わせを始めました。

 そう言えば、この曲は、歌うことばかりに集中していて、出入りの練習をしていなかった事に、今頃気づきました。次回の練習の時に、きちんと出入りの練習もしないとダメだね。それと、礼のタイミングとか、歌い終わった後の動きとか、小道具の出し入れとかナンヤカンヤも…だ! やる事がたくさんありますね。

 「乾杯の歌」が終わって、一息ついたあたりで「フニクリ・フニクラ」の順番になりました。私はバックコーラスの“フニクリ隊”のメンバーなので、意気揚々と歌ってきましたよ。この曲のコーラスは、基本“追っかけ”なので、リードヴォーカルの後を、オウム返しで歌えばいいだけで、本来はすごく楽なコーラスのはずなんですが、リードヴォーカルの後ろにいると、ヴォーカルを歌っている人の声が良く聞こえない事に、今更、気づきました(笑)。いやあ、リードヴォーカルをあてにしていたのに、そのリードヴォーカルが聞こえないんじゃ、オウム返しの技がうまく使えないじゃない。ううむ、やっぱり、バックコーラスと言えども、歌詞はきちんと覚えておかないとダメみたいです。

 フニクリ隊のお仕事が終わって、一息つくと、もう自分の出番です。「愛の妙薬」の二重唱とアリアです。

 この曲も歌うことばかりに一生懸命で、特に演出プランもないまま、最後のピアノ合わせになってしまったのですが、さすがに出入りの打ち合わせ無しってわけにはいかないだろう…という事で、急遽、演出プランを、私と先生とピアニストさんでササッと決めました。で“オペラの一場面なんだから、オペラっぽく演技付きで歌ってみよう”という方針になりました。実際、私たちが歌う二重唱は、本当にオペラの一つの場面全部(ほんとです)なので、それもアリだよねって事です。

 まず、観客への礼は省略して、アディーナ(妻)が舞台中央で、役になり切って待っています。これを専門用語で“板付き”と言うそうです。アディーナが板付きになったところで、ピアノが最初の和音を鳴らすので、それを聞いて、私は舞台に歌いながら入ります(この部分、無伴奏)。で、私が一声歌い終わったところから伴奏が始まって、二重唱開始となります。

 二重唱の終わり部分も、観客に向かっての礼は省略で、曲が終わる前に、アディーナが自分の歌を歌い終わると、舞台から先に掃け、ネモリーノ(私)が一人残され、途方に暮れているうちに、ピアノは二重唱のコーダからアリアのイントロに切り替わり、そのまま続けて私のアリアへ突入するという事になりました。

 細かい事を言い出すと、歌詞的にはつながらない二つの場面(曲)ですが…まあ、細かい事は気にしない事にします(笑)。

 ちなみに、観客への礼は、私のアリアが終わったところで、まず私が一人で礼をして(これはアリアの分の挨拶)、それからアディーナを呼んで、今度は二人で礼をして(こっちは二重唱の分の挨拶)終わる…という事になりました。ちなみに、二重唱からアリアまで通して歌うと…時間にして、12分弱でした…長いですね(笑)。

 演技の方は…歌詞の意味は分かっていますし、ダテにオペラファンを長年やっているわけじゃないので、稚拙ですが、とりあえずはなんとかなりました。それに、このオペラは(舞台の実演は見た事ないのですが)、数枚のDVDで見ているので、だいたい、どこでどんな動きをすればいいかは、検討がつきますので、それらを無意識に参考にして(笑)歌ったわけです。

 ただし、ちょっと困ったのは、出入りの関係で、二人の立ち位置が練習の時とは逆になってしまった事です。立ち位置が違うだけですが、ちょっと歌いづらかったかな? 今後は、この逆の立ち位置を前提にして練習しないと…。

 さて問題は、歌の方です。二重唱は、本人的にはまだまだ納得いっていない部分もあるし、細かい失敗もたくさんあるんですが、先生からは「ひとまずOK!」と言っていただけるほど、仕上がってきていたと思います。しかし、アリアは…ねえ。

 なにしろ、一番の強敵である、アリアのカデンツァは最後の最後、10分以上歌い続けた後にやってきますからね。そりゃあもう、とんでもない状態でカデンツァに突入するわけで、なかなか大変なんです。

 先生からは「とりあえず、通しの練習を重ねていくしかないかな」と言われるくらい、体力的にギリギリな状態でやってます。ま、まだアリアは、他人様に見せられるような状態ではありませんが「少しずつ正解に近づいている」という先生の言葉を信じて、もっと正解に近い歌唱、いや、当日は正解な歌唱をしたいです。

 とにかく、アリアは「慌てない」「イントロの間に体勢をを建て直す」「体力配分をしっかり考える」「準備を早めに」「ポジションは下げない」でやるしかないです。ピアニストさんは色々と助けてくださるけれど、結局、歌そのものは、一人で歌うわけだし、すべて自分にとって、楽なタイミングで歌えばいいんだから、もっと最後まで体力が残るように考えながら、良い意味でのマイペースで歌っていきたいです。

 やれやれ、これで私が歌うところは全部終わったかな…と安心して、妻のアリア(カルメンの「ハバネラ」)を聞いていたら、先生が「この曲にもコーラスを付けよう」と急に言い出されて、急遽“ハバネラ隊”が結成されました。もちろん、私も“ハバネラ隊”です(笑)。楽譜配布は…次回の歌劇団の練習の時になります。コーラスの練習とヴォーカルとの合わせは…ん? 発表会当日? まさかね??

 結局、発表会では「人知れぬ涙[アリア]」、「ひと言だけでも、おお、アディーナ[二重唱]」「乾杯の歌[声楽アンサンブル]、「フニクリ・フニクラ[バックコーラス]」、「ハバネラ[バックコーラス]」の五曲を歌う事になります。ううむ、結構、忙しいぞ。ああ、忙しくて、たくさん歌えて、楽しそう(喜)。

 前回の声楽の発表会では、自分の担当する歌曲一曲しか歌えなかった(まあ、能力的な限界から考えれば妥当なんだけれど)から、それと比べて、今回の発表会は五倍楽しそう! もう、すでにワクワクだね。

« 特訓! 乾杯の歌 | トップページ | フルートの調整に行ってきました »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

本当に楽しそう!happy01
頑張らないで、エンジョイして歌って下さいね。
それが一番ですから。

>おぷーさん

 楽しいです、実際。ただ、歌の方が明らかに間に合っていないので、後ろめたい気持ちもあります。これで、ちゃんと歌も歌えるなら、もう手放しで楽しいのですが…。本番まで残された日々で、なんとか仕上げられたらいいなあ…と、希望的観測だけを胸に抱いてやっていくつもりです。でも、来週になると、もう練習する時間すら無くなるほど忙しくなるんだよなあ…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/51766767

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のピアノ合わせに行ってきました:

« 特訓! 乾杯の歌 | トップページ | フルートの調整に行ってきました »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん