ひとこと

  •  ポケモンGOの仕様が大きく変わって戸惑ってます。たぶん改良されたのだろうと思うのだけれど、どう楽しめば良いのか、正直戸惑っています。年寄りは変化が苦手なんだよねえ。ああ、以前のゲームシステムが懐かしい…。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 移弦のコツは、肘の位置で確認…でいいのかな? | トップページ | ブニョが星になりました »

2011年5月12日 (木)

まだ先生のやり方に慣れていません

 フルートのレッスンに行ってきました。

 前回の次のレッスンを、仕事が忙しくて自主的にお休みした上に、その次の週はゴールデンウィークだったので、レッスン自体がお休みとなり、なんと三週間ぶりのレッスンとなりました。その割には、ちっとも上達してない私でした(笑)。…だって、ロクに練習してないんだも~ん。

 とにかく、ほとんどフルートに触っていない状態のままレッスンに行っては、さすがに先生に失礼だ!というわけで、レッスンの時間が固定でない事をいいことに、レッスンに出かける前の30分で、自宅で応急処置的な練習をしました。…まあ、全くやらないままレッスンに行くよりは良いでしょう(笑)。

 レッスンに行ったところ、どうやら、私の前に別の生徒さんがいらっしゃったようだけれど、楽器と楽譜を出しっぱなしで姿が見えず…たぶん、まだレッスン中なんだろうけれど、当事者がいない上に(なんてフリーダムなんだろ!)、先生も手持ち無沙汰なようだったので、さっそく私のレッスンを始める事にしました。

 まずは、アルテから。先生が「どこから?」と尋ねるので「15課1章の、ラーシーラーシーの課題からです」と答えると「じゃあ、ここから」と言われて一番最初のCdurのロングトーンの練習から…。あは、やっぱり、ロングトーン課題は、合格とは違ったんだ。

 とりあえず吹いてみて「ブラボー!」って言われて(何事もまずは誉める先生です)、その次の「ラーシーラーシー」の課題に取り掛かりました。四分音符までは良いのですが、八分音符になると右小指がバタバタしてしまい、たまに鳴らない音があったりして、自分的には不満足ですが、先生、アルテに大きな丸を書いてくれました(ちなみに“Cdurのロングトーンの練習”には丸は付いてません)。どうやら、この課題は合格のようです。

 「音階準備練習」も大きな丸をいただきました。最初の全部タンギングで吹いちゃうパターンしか披露していないのですが、どうやら、これも合格のようです。なので「次は、ここまで(「Cdurのクロマティック」の下に線を書いてくれました)やってきてね」と言われました。つまり、ロングトーンはもう一回だけど、その他は合格って事? 「音階準備練習」はスラーがついているパターンはやらなくていいの?

 どうも、今一つ、コミニュケーションが足りないと言うか、H先生のやり方に慣れなくて右往左往している私です。

 ちなみに宿題になった「Cdurのスケールとアルペッジオ」は十六分音符主体でなので、たとえメトロノームが先生ご指定のゆっくり速度の四分音符72の速度でやったとしても、かなり速くなるので、一応確認の意味で「メトロノームは72の速さでいいですか?」と尋ねたところ、この課題については、メトロノームは外して、自分の好きな速度で練習してきてくださいと言われました。と言うよりも、メトロノームを使うのは「音階準備練習」だけで、他の課題はメトロノームは一切使わないで練習してきてくださいと言われました。どうやら、H先生は、速さやテンポには、機械的な正確さを求めない先生のようなので、お言葉に甘えて、ゆっくりと練習してきましょう。ちなみにこの課題は、笛先生とはメトロノーム100の速さで練習してきたので、フリーテンポなら楽勝です。もっとも、100の速さで吹くと、実に目が回って、指がもつれていました(それでも練習を重ねるとできるようになるから、不思議です)。

 ミニヨン・エチュードはまだ1番です。とりあえずは(ゆっくりなので)止まらずに吹けるのですが、曲のニュアンス的に先生のご希望どおりには吹けないので、なかなか丸がいただけません。とにかく、私の息の使い方が乱暴(汗)なので、もっと繊細な息遣いにしないといけません。タンギングがまだまだ強いので、もっと優しいタンギングをしないといけません。さらに(これは笛先生にも散々言われましたが)タンギングとスラーがいい加減なので、そこをきちんとする事。フルートの音を前に出して吹いたり、後ろに引っ込めて吹いたり、自分で考えて工夫する事。速度を自然な感じで揺らしていくことなど、実にまあ“クラシック的な”注意を散々受けました。自分ではさほど意識していなかったのですが、私のフルートって、本当に“非クラシック的”なんですねえ…。

 そうそう、H先生からこういう注意を受けました。「間違えたら、前に戻らずに、間違えた場所、その場所からやり直す事」 どういう事か言うと、先生に演奏を止められて注意を受けたり、ミスブロウしたり、ヘマって演奏が止まってしまった場合、私は当該箇所を含んだフレーズの最初から演奏をするのです(フレーズの途中からは、吹き始めないって事です)が、これはダメって注意されました。フレーズの途中だろうがなんだろうが、絶対に前に戻ってはいけないのだそうです。なぜなら、少しでも前に戻ると、間違えた箇所について、その前からのフレーズの流れで指で覚えてしまうからダメなんだそうです。フルートを吹く際、曲を指で覚えるというのはダメなやり方なので、決して指で覚えることのないように、常に頭を使って吹けるように、吹き直すなら、その間違えた場所から吹き直すべきなんだそうです。

 ラジャーです、次回からはそうしたいと思います。

 で、そうこうしているうちに、いつのまにか、楽器を置きっぱなしにしていた生徒さんが戻ってきていたので、三人でロングトーンの練習をして終わりになりました。

« 移弦のコツは、肘の位置で確認…でいいのかな? | トップページ | ブニョが星になりました »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/51643508

この記事へのトラックバック一覧です: まだ先生のやり方に慣れていません:

« 移弦のコツは、肘の位置で確認…でいいのかな? | トップページ | ブニョが星になりました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん