ひとこと

  •  もしも私が北の首領様で、日本や韓国やアメリカに喧嘩を本気で売るなら…韓国には風向きの良い日に風船爆弾のようなもので化学兵器(サリンとかああいうヤツ)をぶっこんで、日本には漁民に装わせた兵士(伝染病に罹患済み)を送り込んでバイオテロを引き起こし、アメリカには…サイバー攻撃だな。銀行とか株式市場とか経済方面の施設を一斉に襲うとか、いっそ原発を遠隔コントロールして大惨事を引き起こすとか…そういう手立てを考えます。そんなわけで、別に北の国が核爆弾とかミサイルとか持つ必要なんてないじゃん。むしろ、そんなモノを持っていると「北のくせに生意気だ!」って言われて、ジャイアンにボコボコにされちゃうよ…ってわけで、ジャイアンはいつコブシを振り上げるのでしょうか? 産経新聞は…12月18日が開戦日かも…って言っているけれど、だとしたら、もう来週じゃん。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 2011年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その3…今度はピアノ三昧さっ | トップページ | まだ先生のやり方に慣れていません »

2011年5月11日 (水)

移弦のコツは、肘の位置で確認…でいいのかな?

 ヴァイオリン独学練習報告です。

 ラ・フォル・ジュルネ関係の連載をしている最中ですが、楽器の練習/レッスン関係の記事を、そろそろアップしていかないと、時期をはずしてしまうので、今日と明日は、ラ・フォル・ジュルネ関連の連載は、お休みって事で勘弁してください。

 ヴァイオリンの独学、まだ続いています(笑)。目下の最大の壁が、移弦です。とにかく、移弦が苦手です。

 各弦における、弓の位置と言うか、右手のポジションがよく分からないため、右肘(の空間的な位置)に注意しながら練習してみたところ、何となく分かったような気がしました。

 どうやら、私が考えていたよりも、弦によって、大きくヒジの位置が変わることが判明。これだけ大きくヒジが動くなら、ヒジに着目して右手のポジションを変えていけばいいんじゃないかな?

 とにかく、G線のヒジの位置は、かなり高いところです。ヴァイオリンの高さとほぼ同じくらい? 思いっきり、右ヒジを上に持っていった方が良さそうです。

 D線は、そこから見れば、だいぶ下に下がります。私の想定の範囲を越えるほどに、下に下にうんと下がります。今までは、ヒジの高さをあまり変えずに、G線を弾いた後、ほんの少しだけ右手を下げて、手首の角度で調整してD線を弾いていましたが、なるほど、そんな事をしていたのでは、うまく弾けないはずだ。うんとうんと下に下げた方がD線は楽に弾けます。

 A線に至っては、気分的には“最下層”“どん底”って感じるくらいに、下に落とします。じゃあ、E線は? って言うと、A線でどん底に落ちた右ヒジを、下ではなく、カラダの内側にグイって入れる感じで弾くといいかもしれません。

 こうやって肘の位置を認識したら、次はこの位置をカラダで覚える事が肝心ですね。つまり、ここから先が時間がかかりそう。だけど、移弦が苦手なままでは、ヴァイオリン弾けないので、我慢強く、カラダがヒジの位置を覚えるまで、何度も何度も練習練習ですね。

 それにしても、右肘って案外大きく動くなのもんなんだね。

 篠崎教本の進度報告です。

 65番「アンダンテ」 フレーズの終わりで弓を弦から離し、改めて置き直す時に、ちょっと弓が弦の上で跳ねちゃいます。弓の扱いがまだまだ未熟って事ですね。そのため、フレーズの出だしの音が汚いですが、その点については、今は目をつぶる事にしましょう。その他はとりあえずOKです。

 66番「静かな森」 上記の「アンダンテ」と同じ感じ。最初の「ソーソソ、ドードー」の部分を、ボケっとやっていると「ソーソソ、ラーラー」ってやっちゃうくらいかな? なんか集中していても、この手のボケをかましてしまう私です。これもOKです。

 67番「A、D、G弦混合練習」 これは難しい。特にアップで移弦するのは難しいです。とにかく「弦を移動する」という意識よりも「肘の位置を変える」という意識で移弦にトライです。これもOK。

 68番 全音と半音の感覚はすでに持っているので、これは簡単。ただし、頭の中で「ドレミファソラシド~」と歌っていないとできません。そういう意味では、ヴァイオリンを弾いている時は、完全に“移動ド”の人になっている私です。ううむ、ううむ。これもOKです。

 69番「付点音符の練習」 楽勝でした。OKです。

 70番「荒城の月」 これもOKにして、次に進んでもいいのですが、この曲はまだ弾きたい私です。この曲を終えて次に行く事に躊躇しています。何というのか、音符を音にするのはできてますが、私の心が「もうちょっと何とかなるんじゃないか?」ってささやいていますので、次に進めません。もう少し、この曲を弾き続けていきたいと思いますので、この曲は、まだNGと言う事にしておきます。

 ひとまず、約二週間でこれだけ進みました。先生についていた頃と比べれば、亀の歩みのように遅いですが、まあ、誰かと競争しているわけでもないし、締切があるわけでもないので、このペースでゆっくりゆっくり進んでいこうと思ってます。

« 2011年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その3…今度はピアノ三昧さっ | トップページ | まだ先生のやり方に慣れていません »

ヴァイオリンの学習記録」カテゴリの記事

コメント

色々と使い分けるのが面倒になったので、HNを1つに統一することにしました。水香瑶妃→音羽響とブログで使っている名前にしますので、よろしくお願いします。

実はこの間、ふらっと入った弦楽器店でヴァイオリンの試奏をさせていただいてきたのですが、あるお店で接客をしてくれたお兄さんが教えてくれたことなのですが、ダウンの時の感覚で確認すると良いらしいです。ダウンの時に肩と腕の力が抜けて弾ける位置が良いそうですよ。私は全く使わない知識なので、既に詳しく教えてもらったことは忘れましたけど(笑)
今度妹がヴィオラをやることになったので、少し教えて貰おうかななんて考えていますし、すとんさんの記事も楽しみにしています

>音羽響さん

 では、新しい名前の方で、今後ともよろしくお願いしますデス。

 ダウンの時の弾き方で確認というのは、おそらくはダウンストロークが基本だからでしょうし、アップは色々と難しいからだと思います。ダウンは、引力に逆らわずにできますが、アップは引力には逆らって、小難しい事をやらなきゃいけないからでしょうね。それに、どんな楽器でもそうですが、無駄な力を排して、いわゆる“脱力”した状態での演奏が理想ですから、そういう意味でも、ヴァイオリンはダウンで弾き比べるのよろしいのでしょうね。

>今度妹がヴィオラをやることになったので、

 おめでとうございます。ヴィオラは性格の良い人でないと勤まらない楽器なんですよ。なので、ヴァイオリンとヴィオラはテクニック的にはほとんど同じなんだそうですが、私がヴィオラに行くことは…たぶんナイです(笑)。だってね、合奏に必要不可欠な楽器なのに、目立てる要素ゼロなんですよ、私にはとてもできません(爆)。

 実は世の中には、五弦のヴァイオリンってのがあって、これが楽器的にはヴィオラとヴァイオリンを足して二で割らずにそのまま、って感じの楽器なんですが、この楽器に私は興味があったりします。

 音羽さんも、チャンスがあったら、ヴィオラを習ってヴァイオリンを弾くといいですよ。フルーティストは、基本的にヴィオラではなくヴァイオリン向きだと、私は、思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/51635326

この記事へのトラックバック一覧です: 移弦のコツは、肘の位置で確認…でいいのかな?:

« 2011年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その3…今度はピアノ三昧さっ | トップページ | まだ先生のやり方に慣れていません »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん