お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« 歌わない練習で、歌が上達するんです | トップページ | 「フルート吹きさんに100の質問」に答えてみたよ その2 »

2011年5月 1日 (日)

「フルート吹きさんに100の質問」に答えてみたよ その1

 さて本日より、しばらくの間は「フルート吹きさんに100の質問」に回答してみたいと思います。もちろん、質問はこちらのページに一括して載ってますので、ご利用なさりたい方は、ご自由にどうぞ。別に模範解答のつもりはありませんが、質問作成者が答えていないというのは、アレって気もするので、ひとまず答えてみました。どうか、ご笑納くださいませませ。

 では行くよ。

001)ハンドルネームと、支障のない範囲で簡単にプロフィールを教えてください。

 ハンドルネームは“ちゃーりー・すとん”です。“すとん”という名前は、20年以上前から使っています。2009年にマジシャンのマジックジェミー師匠から“ちゃーりー”という名前をいただきましたので、今では“ちゃーりー・すとん”と名乗ってます。でも呼び名は、今までどおりの“すとん”で結構です。

 プロフィールは…ブログのプロフィール・ページをご覧ください。
 
 
002)ネット歴はどれくらいですか? ご自分のサイトやブログをやっていますか?

 ネット歴は約20年ほどです。まだ商用ネットが出来る前からやっていました。

 サイトやブログは…公私ともに手広く、いくつか運営しています…ってか、ネットは仕事の一部です(はぁ~)。 
 
 
003)フルート歴は何年ですか? 中断期間はありましたか? レイトスターターですか?

 フルート歴は、そろそろ三年になるかなあ…って程度の、ほんのヒヨッコです。中断期間は…最近の二カ月が、中断期間と言えば言えますが、この程度で中断期間と言って良いのかな? レイトスターターである事は、自信を持って断言できます(爆)。
 
 
004)フルート始めたきっかけを教えてください。

 衝動買いです(爆)。ある日、楽器屋さんを歩いていたら、キラキラ光る不思議な見慣れない物体を発見し、それが何かと店員さんに尋ねたらフルートという笛だと教えてくれました。笛なら、子どもの時にリコーダー小僧だったほどの私ですから、吹けないはずはないので、さっそく購入したところ、案外おもしろく、独学では物足りなくなったので、近所で先生を見つけて、習い始めたのがきっかけです。
 
 
005)フルート吹きとしての、あなたの目標は何ですか?

 自分の可能性を広げる事です。特定の曲が吹けるようになりたいとか、何かの団体に属したいとか、この程度の腕前になりたいとかいう、そういう具体的な目標は特にありません。

 と言うのも、私の趣味の音楽生活のメインは声楽です。メインが声楽だからと言って、歌に専念してしまっては、音楽的な視野が狭くなるし、経験も浅くなりがちです。そこで、器楽であるフルートを自分の楽器とする事で、音楽に対して、声楽&器楽という複眼を手にし、両方の側面から経験を深めていくのが目標なんです。

 あ、一つだけ、具体的な目標がありました。それは「ジャムセッションに行っても、邪険にされない程度の腕前になりたい」です。いやあ、これは切実な目標だな。
 
 
006)レパートリー(いつでも演奏できる曲)ってありますか?

 カーペンターズの「イエスタデイ・ワンス・モア」とビートルズの「イエスタデイ」はいつでも吹けます(笑)。
 
 
007)あなたの活動の中心は、オーケストラですか? 吹奏楽ですか? フルートアンサンブルですか? それともレッスンオンリーですか?

 レッスンオンリーです。まだまだヘタッピですからね。願わくは、いずれはオケでフルートが吹きたいですが、そんな日はやってくるのでしょうか?(爆)。
 
 
008)普段聞く音楽は、どんなジャンルの音楽が多いですか?

 いわゆる“洋楽”。ロックからポップ系の曲が多いですが、最近は意識して“ジャズ・ヴォーカル”を聞くように心掛けています。クラシック音楽は、やはりオペラアリアが多いです。とにかく、歌ばかり聞いてます。

 たまにフルートやヴァイオリンのソロ系の曲を、勉強のために聞く事があります。
 
 
009)好きな作曲家&曲を教えてください(フルート音楽限定)

 フルート音楽限定で好きな作曲家と言うと、イアン・アンダーソンですね、やっぱり。彼の2003年のアルバム「ルピのダンス」に入っている「ユーロロジー」という曲が大好きです。時折、無意識にこの曲のフルートの旋律を口ずさんでいる事がありますね。それくらい好きです。

 ね、素敵な曲でしょ。クラシック以外のジャンルにも、素敵なフルート音楽って、たくさんあるんですよ。ちなみに、フルート吹いている人が、作曲者のイアン・アンダーソンです。

010)演奏してみたい曲って、ありますか?

 上にあげた「ユーロロジー」も演奏してみたい曲の一つですが、それよりもまず、ごく当たり前のオーソドックスなフルート曲を演奏してみたいです。「フルート名曲31選」に載っているような普通のフルート音楽をネ。
 
 
011)好きなフルーティストとか、目標としているフルーティストを教えてください。

 好きなフルーティストは、やっぱりイアン・アンダーソンです。目標とするのは、以前、フルートを教えてくださった、笛先生かな。彼女のようなフルーティストになりたいです。
 
 
012)クラシック音楽をほとんど知らない彼氏(または彼女)にフルート音楽の素晴らしさを伝えるとしたら、あなたはどんな方法を使いますか?

 語ります。それで落ちなきゃ、私の演奏を聞かせます。たぶん、これで大丈夫です(根拠のない自信で申し訳ない)。
 
 
013)フルートを始めたばかりの後輩に、CDを1枚だけ薦めるとしたら、何ですか?

 やっぱり、このCDですよ。パトリック・ガロワの「フルート名曲選」です。実際、フルート始めたばかりの私が、このCDを聞いて「ああ、フルートって、いい楽器だなあ」と心底思ったからです。これはお薦めです。今でもこのCDは大好きで、時折、聞き返しています。
 
 
014)フルートを始めたばかりの後輩に、楽譜を一冊だけ薦めるとしたら、何ですか?

 「自分の大好きなアーティストの楽譜を一冊買いな。別にそれがフルート用でなくても全然かまわないよ。ピアノ伴奏が付いているヴォーカル譜でコードネームも付いてたら、もう無敵だね」って薦めます。実際、自分の好きなアーティストの曲を吹くのって楽しいし、楽しいと上達するでしょ。特に、楽器を習い始めなら、まずは好きな曲に取り組むって大切な事だと思うしね。
 
 
015)クラシック音楽とポピュラー音楽、聞くならどっちが好きですか?

 ケース・バイ・ケースだけど、聞いている時間は、圧倒的にポピュラー音楽の方が多いです。でも、一応、クラヲタなので、クラシック音楽も相当聴き込んでますよ(笑)。
 
 
016)クラシック音楽とポピュラー音楽、演奏するならどっちが好きですか?

 ポピュラー音楽です。だって、自分を表現できるのがポピュラー音楽ですからね。自分大好きな私は、自分を表現できるポピュラー音楽が好きです。クラシックは、自分ではなく、作曲家の思いを表現するわけで、それはそれでキライじゃないですが「どっちか」と尋ねられたら、ポピュラー音楽の方が好きかも。

 あと、クラシック音楽って、難しくて、とても私の手の及ぶ範囲の音楽ではないとも思っていますので、演奏するなら、ポピュラーです。
 
 
017)吹奏楽って、クラシック音楽だと思いますか? それともポピュラー音楽だと思いますか?

 典型的なポピュラー音楽だと、私は思ってます。あ、これは、一応ほめ言葉のつもりですよ(念のため)。でも、吹奏楽がクラシック音楽だと思っている人が多いことも知っていますし、そう主張する人を否定するつもりもありません。ま、これは「クラシック音楽」の定義の仕方の違いによるのかもしれません。それに私的には、軍歌やマーチもクラシック音楽だと言うなら、吹奏楽をクラシックに入れるのは、ヤブサカではないと思います。
 
 
018)フルートって、やっぱりクラシック系の楽器だと思いますか?

 はい、やはりフルートはバロックの時代から、オーケストラでは必要とされていた楽器だし、ポピュラー音楽の世界では継子扱いされている楽器なので、やっぱり、フルートはクラシック系の楽器だと思います。
 
 
019)ブラジル音楽(ボサノヴァ、ショーロなど)にシンパシーを感じますか?

 シンパシーはさすがに感じませんが、いい音楽だなあって思いますよ。もっと笛先生の元でフルートの勉強が続けられたなら、ボサノヴァやショーロをもっと好きになれたはずだと思ってます。
 
 
020)ジャズフルート、って聞くと、どんなイメージを持ってますか?

 超絶技巧な音楽。テクニック的には、クラシックよりもずっと高いレベルの音楽だと思ってますが、同時に陽の当たらない日陰な音楽だとも思ってます。
 
 とりあえず、今日のところは、ここまで。続きを読みたい方は、こちらをクリックしてください。

« 歌わない練習で、歌が上達するんです | トップページ | 「フルート吹きさんに100の質問」に答えてみたよ その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「フルート吹きさんに100の質問」に答えてみたよ その1:

« 歌わない練習で、歌が上達するんです | トップページ | 「フルート吹きさんに100の質問」に答えてみたよ その2 »

フォト
無料ブログはココログ