ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« フルートとヴァイオリンを辞めました | トップページ | 姿勢を良くして、ハッタリをかまそう! »

2011年4月 8日 (金)

さあて、フルートとヴァイオリンの今後の事だけど、どーする?

 仕事の都合で、やむをえず、フルートとヴァイオリンのレッスンを長期休止状態にせざるをえない状況に陥った私です。別に先生方と、ケンカしたり、トラブルがあったわけじゃないです。単純に、レッスンに通えなくなっただけです。

 さて、長期休止に先立って、この約一カ月ほど、フルートもヴァイオリンも、レッスンがなかったわけだけれど、その時の体験(言わば“体験休止”をしたわけです)から考えてみると、たぶん、私の場合、独学は無理っぽいです。

 だってね、フルートはレッスンが無いと思うだけで、ほとんど練習しなくなりました。ヴァイオリンは、ひとまずトボトボとやってますが、これだっていつバタリと練習が止まるか分かったものじゃありません。

 かと言って、今年の仕事量や可能な練習時間と言うのを考えてみると、今までと同じペースで“歌にフルートにヴァイオリンにガンガン!”とは、行けそうもありません。

 とりあえず、声楽と歌劇団は、歌の神様が私のスケジュールを守ってくれたんだから、今までどおりのペースで行く事になりますし、練習もできるだけやっていきたいと思ってます。

 しかし…。

 フルートは……レッスンを中止して、練習できる時間も減るので、このままでは自然消滅というか、挫折の階段を転がり落ちることになってしまいます。フルートだって、三年ほど真面目にやってきたわけだし、せっかくアルテの15課まで進んだわけだし、レッスンに通えなくなったからと言って、ここで挫折してしまうのは、なんかモッタイナイ話です。

 気持ち的には、フルートは続けたいです。

 なので、なんとかして独学を回避し、早急に地元の近所の先生で、私のスケジュールと合う人を探して、どうにかしてレッスンを再開するしかないかな~って思ってます。でないと、私の場合、フルートを本当に辞めてしまう事になりかねません。

 …とは言え、別に先生のアテがあるわけではないので、これから真剣に先生を探さないといけません…ああ、憂鬱。
 
 
 一方、ヴァイオリンは……実はウチの裏はヴァイオリン教室なんです(ちなみに隣はピアノ教室ね)。だからヴァイオリンの先生なら、ウチの裏にいらっしゃるので、探す手間はいらないし、裏の先生はフリータイム制のレッスンなので、比較的私のスケジュールに合わせやすいし、どうしても近所でヴァイオリンのレッスンを再開するって事なら、一番の有力候補の先生なんだけれど、今は声をかけないでおきます。

 と言うのも、優先順位をしっかりと決めて、やるべき事はやり、後回しでも良いものは後回しにしないと、私自身がパンクしてしまうからです。何でもかんでも、ガムシャラにできるほど、若くもなければ、タフでもないからです。

 と言うわけで、私の人生の優先順位を考えていくと、まず最初に来るのは、やはり仕事関係ですね。これが目下の最優先事項です。新しい仕事と、その環境に少しでも早く慣れる事がまず先決です。その次が、家庭のアレコレとした事で、趣味は、その次に来ます。

 趣味の中でも、真っ先に優先したいのは、やはり声楽関係です。まずは声楽の個人レッスンを確保し、次に歌劇団を優先したいです。特に歌劇団は、私一人の問題ではないので、真剣に取り組まないといけないなあと思ってます。ま、声楽関係は、今回、不思議と色々と守られているので、今まで通りに淡々とやっていけば良いのだと思います。

 懸案のフルートとヴァイオリンは、その次に来ます。

 どちらの方が優先順位が高いのかと言うと、やっぱり、フルート。だからフルートは、何とかして続けたいです。やはり、一つくらいきちんと演奏できる楽器が欲しいじゃないですか? フルートは、先生が代わっても、今までどおりに続けていきたいです。

 で、ヴァイオリンは、その次です。つまり、最後です。

 だから、色々と状況が変わる今年に関して言うと、とてもとてもヴァイオリンにまで手が回らないというのが本音です。

 今は、フルートの事をしっかりと決めて、様子を見て、それからヴァイオリンの事を考えてみるのがいいかなって思ってます。つまり「ヴァイオリンはしばらく“棚上げ”にする」って事です。

 棚上げにすると言っても、全くやらないわけにはいかないので、そこは、仕方ないので、独学でユルユルと続けていくしかないかな…って思ってます。

 独学でユルユル…なんか、ムリっぽいですが、やむをえません。なんとか、独学でも続けられるような方法を考えないといけませんね。

 もちろん、まだ始めて半年の段階で独学に移行したら、たぶん元の木阿弥。ダメになってしまうかなって、さすがの私も思いますよ。音程も定まっていないし、弓もフラフラだし、ファーストポジションも覚束ないし、ビブラートもつけられないし、まだまだ独学ができるレベルではない…まさにその通りです。

 練習だって、今まではレッスンがあるから、無理やり出勤前の時間を工面してやっていましたが、レッスンがなければ、そこでムリムリに練習する必要もないわけだし、どんどん練習しなくなってくるのは、火を見るよりも明らかだから、なんらかの手を打たないといけない…とは思います。

 しかし、仕事が忙しくなって、練習時間が減りそうなのに、歌とフルートに加えてヴァイオリンもちゃんと練習して、先生のレッスンを受ける…と考えると、やはり無理に無理に重ねる事になりかねませんし、そんな事をするための必要な体力に不安を感じます。

 ザックリと言っちゃえば「歌とフルートで手一杯なので、ヴァイオリンを続けるならば、相当ユルユルにしないと無理」って事です。ヒイロ先生はそのあたりの事情をよく分かってくださっていたけれど、他の先生にそれを望むのは無理でしょう。そうでなくても、ヴァイオリンの先生って、サド系の人が多いし…。やっぱり、ヴァイオリンは習いに行けないなあ…。

 と言うわけで、ヴァイオリンは(仕方なしですが)独学に切り換えて、万が一、挫折しても仕方ないかなって割り切るくらいの覚悟で、ボチボチユルユルと続けていくのが妥当な線かなって思います。人生、なんでもかんでも思い通りにはいかないものです。ヴァイオリンが挫折しても、仕方ないじゃない。

 ま、四月になり、人はそれぞれ新しい道を行くって事です。とにかく、今は、フルートの先生探しだな、がんばろっと。

« フルートとヴァイオリンを辞めました | トップページ | 姿勢を良くして、ハッタリをかまそう! »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

ヴァイオリンの学習記録」カテゴリの記事

コメント

すとんさん、フルートとヴァイオリンを今までのように
練習できなくなって、さみしいですね。
すごく、名残惜しいだろうと思います。
でも、心身がしっかりしてさえいれば、
また、自分の思うように演奏できる日がきますよね!
すとんさんのおっしゃるとおり、
歌の神様がフルスマイルを向けてるのかも?
こうしてブログを拝見していても、
すとんさんって、歌うのがすご~く好きって
伝わってきますから!

>かずさん

 おっしゃるとおり、さみしいです。フルートとヴァイオリンは先月、約一カ月ほどレッスンがなかったので、飢餓感? 枯渇感? とにかく、全力でやりたいのに、その道が閉ざされてしまったので、ホントに寂しいです。

 とにかく、記事に書きました通り、フルートは先生を探すつもりです。その件については、動きがあったところで、記事にしてアップします。ヴァイオリンについても、現段階では色々とボーと考えています。

>心身がしっかりしてさえいれば、

 その通りですね、心身さえしっかりいれば、いつかまた出会いや巡り合いがやってきます。人生というのは、良いときもあればそうでない時もだってあるわけです。お天気だって、毎日晴れてばかりいたら、水不足になるわけで、晴れたり曇ったりお湿りがあったりで、ちょうどいいんだと思います。

>歌の神様がフルスマイルを向けてるのかも?

 それは強く感じます。人生、色々あっても、私の人生は常に歌とともにありますから。なぜか、歌とは縁が切れない私なんです。その割には上手な歌手でないのは、摩訶不思議ですけれどね(爆)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/51326322

この記事へのトラックバック一覧です: さあて、フルートとヴァイオリンの今後の事だけど、どーする?:

« フルートとヴァイオリンを辞めました | トップページ | 姿勢を良くして、ハッタリをかまそう! »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん