ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 「あなたは音楽に対して不真面目だ」と言われた事、ありますか? | トップページ | 高い声を出すヒント? »

2011年4月 5日 (火)

指をクチの中に入れて歌ってみた

 声楽のレッスンに行ってきました。

 いつもは自分のレッスンの順番になるまで、お教室の前の廊下で準備しながら待っている私ですが、今回は、少し早めに、前の人たちのレッスンの途中で、お教室に入りました。はい、前の方々のレッスン風景を拝見させていただいたわけです。二重唱もアリアもいい感じですね。皆さん、聞かせていただく度に上手くなっています。ピアノ合わせがほんと、楽しみです(まるで他人事:笑)。

 さて、私の番になったのですが、前のレッスンの方々には、そのままお残りいただき、私のレッスンを見てもらう事になりました。これは、人前だと120パーセントの力を発揮する私の特性を、先生がよくよくお考えになって、お願いして残っていただいたわけです。ありがたい事です。

 今回はギャラリーもいる事なので、発声練習は割愛して、いきなりコンコーネの練習です(コンコーネが発声練習代わり…という事ですが、テンポが早いので、夢中で歌ってしまうので、どれだけ発声練習になったか…)。

 まずは16番。また、出だしでいきなりピアノを止めちゃいました(謝)。どうしても、出だしがスタッカートだと、そのままの勢いで、その後ろもスタッカートにしちゃうんですよね。いや、ほんと、申し訳ないです。とにかく、16番はまだ色々とあるのでしょうが、ひとまず今回で合格って事になりました。やったね。

 で、17番(!)。この曲、宿題にもなってませんでしたよ。いきなりですか? まあ、とりあえず予習はしてあったので、どうにかはしましたが…まだ課題として与えられていなかったので、細かい音とか、きちんと取りきれていないままでした。

 注意事項は16小節めの「H、H-A(シ、シーラ)」というところを私はなぜか「H、D-A(シ、レーラ)」と歌っちゃうんですよ(だって、その方が気持ちいいでしょ)。それは自宅練習で分かっていて、要修正箇所なんですが、それをついついレッスンでもやっちゃったので、テキメンに注意されました。はい、気をつけます。

 曲の後半部になると、五線の上の方のE(ミ)がやや低めになりがちなので、調性的にそれはマズイので、むしろ高めに取るようにしてくる事。あと、先生からは注意されなかった(見逃してもらったんだと思います)のですが、Fis(ファ)も若干低めなのね、これは自覚があるので、直してこないと…。

 で、次回は17番と18番…? え? 18番って、9拍子? Xってダブルシャープ? 変ロ長調(b2つ)からロ長調(#5つ)に転調して、また変ロ長調に戻る? なんすか、これ? やたらと難しいじゃないすか? とても一週間で譜読みできる自信がないです…。おまけにAllegrettoだし…。

 さて、発声練習代わりのコンコーネも終わったので、撃沈タイムです。ギャラリーの前でアリアのご披露です。しかし、コンコーネを2曲連続で立て続けに歌うと、カラダ中が熱をもっているのが分かります。この状態のまま、休憩も取らずにアリアに行っても大丈夫か?

 なんて、ちょっと心配してみたものの「ええい、ままよ!」という感じで、アリアを歌っちゃいました。

 ええと、歌ってみた感想は…私としては、カデンツァ前まではギャラリー効果もあって、まあまあ? カデンツァ直前で怪しくなって、カデンツァは見事に撃沈。カデンツァ後は立ち直れませんでした。

 やっぱ、カデンツァには苦手意識があって、心が萎縮しちゃうんだよねえ~。

 さて、今回の注意事項。まず、カデンツァ直前の「di piu non chiedo」の「non」の音程は「F~G(ファ~ソ)」が本来なんだけれど、そこはあえて「F~As(ファ~ラb)」で歌って、カデンツァのAsへのポジションを、まずそこで作っちゃうと良いかもしれないと言われました。よし、やります。

 カデンツァの部分は歌いすぎと言われました。カデンツァは歌心を披露する場ではなく、テクニックをひけらかす部分なので、カデンツァの細かい音型は捨てて、ゴールのAsまで一息で一気に上がることが大切。で、Asをひけらかす…という事がポイントなんだな。

 さて、そのゴールであるAsがうまく出ないのは…ノドの奥がつぶれて、声が前に行ってしまうから。きちんと声を後ろにまわしていけば、必ず高い声は出るので、そこは注意すること。

 と言うわけで、ひとまず、口の中に指を突っ込んで歌ってみました。指を入れると…気持ち悪いし、なんか不自由だし、閉塞感アリアリ。歌っていても、指にしか神経が行きませんでしたが、これやると、確かに確実に声は後ろに廻りますね。ってか、前には指があるのだから、指を越えて声が前に行く事はありません。

 この指入れ練習を何回かやって、声をきちんと後ろにまわす感覚をつかむ事が、高音で声がつぶれる私にとって、大切な練習かもしれません(少々気持ち悪いですが)。

 それと、今一度、しっかりカデンツァ周りの音取りをやってくる事。苦手意識のせいもあって、勢いとかノリとかで、ぶっ飛ばして歌っている部分があるけれど、それが許されるのは二十代までだそうです。三十過ぎてオジサンになったら(私はアラフィフですが:笑)、冷静にテクニカルに歌は歌わないとカッコ悪いのです。まずは、しっかりとテクニックで歌えるようにする事。テクニック的に十分になったら、そのテクニックを忘れて、勢いやノリで歌ってもいいけれど、その順番を間違えちゃいけません。まずは、テクニックできちんと歌えるようにしてくる事が肝心。

 しかし、人に見られながらレッスンを受けるのって、いいね。「みんなの元気をオラに分けてくれ~」って気分になって、普段以上の力が湧いてきます。私のレッスンは、いつも公開レッスンにして、色々な人に見てもらいながらレッスンを受けた方が、きっと上達が早いね。…見る方は退屈かもしれないけれど(爆)。

 そう言えば、キング先生に習い始めの頃はグループレッスンだったから、いつも同じクラスのお姉さん方を前に歌っていたわけで、今回は久しぶりに、あの感覚を思い出しました。ああ、懐かしい。

 さあ、ピアノ合わせも近づいてきました。ピアノ合わせは…当然、ギャラリーを前にして歌うわけです。ああ、楽しみ。それまで、ギリギリと自分を追い詰めていきましょう。

« 「あなたは音楽に対して不真面目だ」と言われた事、ありますか? | トップページ | 高い声を出すヒント? »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

ギャラリーの一人、Yテノールです。
yではなくYです。
(キーの無いリコーダー吹いているので。キー操作は苦手で、ミス入力頻繁です〜笑)
その折は公開レッスンを受講させて頂き有り難うございます。
「見る方は退屈かもしれないけれど(爆)。」
いやぁ、そんなことないですよ、凄く勉強になりました。
大分、仕上がってきましたね。
二回目なんか、「おおっ!!」って感じでした。

ストンさんのこのブログは、私にとって,公開レンスンを受けているような効果があります。
凄く役にたっております。
この場を借りて厚くお礼申し上げます〜!!

ピアノ合わせも近づいてきているのに未だカデンツの最高音が出ないで悪戦苦闘しております。
ですが、本番では、お互い日本海海戦を戦った日本海軍の戦艦のように撃沈することなく歌い遂げましようぞ〜♪

>Yテノールさん

>ピアノ合わせも近づいてきているのに未だカデンツの最高音が出ないで悪戦苦闘しております。

 私も出ません(汗)。結局、そこが勝負どころって奴なんでしょうね。他の声種と違って、テノールの場合は“音が出る/出ない”という次元の勝負が常に付きまとう因果な声だと思ってます。まずは音が出ない事には、表現やらなんやらなんて、二の次三の次ですからね。

 指を口の中に突っ込んで歌うのは、違和感バリバリですが、悪い手ではないと思います。もちろん、本番では指を口の中に入れるわけにはいきませんが、声を後ろに回す感覚を覚えるという方法としては、手っとり早い方法かもしれません。

>お互い日本海海戦を戦った日本海軍の戦艦のように撃沈することなく歌い遂げましようぞ〜♪

 気分はミッドウェーな私です…。でも、たとえ撃沈するとしても、敵に一矢報いずにはおられません(って、敵って誰?:笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/51302118

この記事へのトラックバック一覧です: 指をクチの中に入れて歌ってみた:

« 「あなたは音楽に対して不真面目だ」と言われた事、ありますか? | トップページ | 高い声を出すヒント? »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん