ひとこと

  •  結局、選手は使い捨てなのか…と言われても仕方ないのが、先日福岡県で行われた「プリンセス駅伝 in 宗像・福津」でのスタッフの対応です。岩谷産業の選手が、足を骨折して、途中から四つ這いになって、膝を血だらけにしながらたすきをつないだ…って奴で、一部では美談になってますし、あれで感動した人も大勢いるようですが、私はあれはとんでもない話だと思ってます。選手は右脛骨を骨折して立てなくなって、それで四つ這いだそうですが、脛骨ってスネの骨で太い骨です。これが折れた段階でレースは棄権でしょ? 実際、レースの様子を見ていた監督は、すぐに棄権を申し出たそうだけれど、それが途中でうやむやになってしまって現場の審判に届かず、結局、レースは続行されたそうです。おかしくねえ? 監督の申し出がうやむやになってしまう運営って、絶対におかしいよね。それって監督がいる理由がないよね。だいたい、選手が自分から棄権することはないし、たとえ監督の意思が確認できなくても、足の骨折って四つ這いでしか前進できない選手がいた段階で、その場でドクターストップでいいじゃないの? それとも駅伝のレースって、ドクター無しで運営しているわけ? 駅伝じゃあ、そんなに選手の安全って軽いんだなって思いました。才能ある選手は、駅伝には近寄っちゃダメだよ。潰されてお終いになりかねないわな。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 歌の前に演技…かな? | トップページ | 習い事をやめるタイミング »

2011年4月27日 (水)

笛先生の[たぶん]最後のライブに行ってきました

 先日行われた、笛先生の、おそらく、当地での最後のライブに行ってきました。先生と会うのは、震災以降、始めて。本当にひさしぶりでした。

 休憩時間に、お互いの近況報告をしたり、先生の引越し先の話とか、新しい仕事の話とか、フルート教室の行く末の話とか、なんかたくさん話をしてきました。私は仕事上がりで駆けつけたので、ちょっとヘロヘロのネムネムでしたので、かえって先生に「大丈夫?」って心配をかけてしまいました。

 笛先生のフルート教室は、私のように、自分で次の先生を探して移動した人もいれば、フルートから遠ざかってしまった人もいるようですが、笛先生の元でレッスンを受けていた生徒さんたちの大半と、フルートサークルの方々は、地元でちょうど新規にフルート教室を立ち上げる先生がいらっしゃったので、笛先生が間に入られて、皆さん、そのまま、新しい先生の元に移動して、フルートを続ける事になったようで、門下離散…という自体は、どうやら免れたようです。

 また、幾人かの生徒さんは、新しい先生の元に移らずに、あくまでも笛先生にレッスンをしてもらいたいと言うわけで、通信講座などの方法を使って、レッスンを続ける方向で考えていらっしゃる方もいらっしゃるようです。

 また、先生は引越しされ、生活の拠点を移されるけれど、こちらにも家があるので、たまに、こちらに戻ってくる事も考えていらっしゃるようです。それを期待して、レッスンの回数は減ってしまうけれど、先生がこちらに帰って来たらレッスンを受けようと、待っている生徒さんもいらっしゃるようです。人それぞれですね。

 私は、普段の練習はすでにH先生に見てもらう事になっていますが、H先生からはジャズやポップスは習えませんので、笛先生が、もしもこちらに戻られた時に、都合を合わせて、ポップス系の曲を習ったり、セッションをしてもらったりできたらいいなあって思ってます。

 笛先生とは、お別れせざるをえませんが、別に笛先生と師弟関係がなくなったわけじゃないです。ただ、これからは、今までのように毎週のように会ってレッスンしてもらえなくなっただけです。それは、とても寂しいですが、life is going on ですから、仕方ないです。

 さて、ライブの方は、モダンジャズのライブで、フルートとジャズギターのデュオライブでした。

 笛先生は、いつもと変わらず、味のある演奏でした。特に第二部の冒頭で演奏された「マイ・ファニー・バレンタイン」はグッと来ました。

 笛先生の演奏を聞いて思う事は「私はこういうフルートが吹きたい」んだって事です。私はクラオタですから、クラシックを聞くのは大好きです。でもクラシックを演奏したいのかって言うと、それは正直、微妙です。少なくとも、精進を重ねて、自分が納得できるレベルのクラシック音楽が演奏できるようになるのかと言われると…そのレベルに達する前に、寿命がつきて死んでしまうだろうと思います。なので、クラシック音楽は、演奏したいけれど、同時に、できるようにはなれないとも思ってます。

 一つには、そういう方面の資質に、私自身が大きく欠ける事を薄々感じていますし、またクラシック音楽とは、ある種の完成形というのがある音楽ですから、テクニック上達が極めて困難なスロースターターの手の及ぶ範囲の音楽ではないのかもしれません。

 それにたぶん、私が本気で吹きたいのは、ジャズ寄りのポップス系のフルートじゃないかな? クラシックも好きだけれど、それと同じくらい洋楽大好きな私ですからね。だから、スタンダードナンバーを、自由に、自分らしく吹きたい…んだろうなあって思います。そんな私だから、笛先生が演奏するスタンダードナンバーに、グッと来るんだろうなあって思います。

 先生のライブを聴いて思った事。私にとっての、理想のフルート演奏って、やっぱり笛先生の演奏なんだなあって事です。なんだかんだ言っても、笛先生の演奏を聴いて、フルートの道を歩いてきたんだし、何より、一番身近なフルート奏者だったのだから。やっぱり、この音に、この演奏に憧れます。

 あちらに行かれても、先生が、お元気でご活躍してくださることを祈っています。

« 歌の前に演技…かな? | トップページ | 習い事をやめるタイミング »

フルートのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/51500982

この記事へのトラックバック一覧です: 笛先生の[たぶん]最後のライブに行ってきました:

« 歌の前に演技…かな? | トップページ | 習い事をやめるタイミング »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん