ひとこと

  •  ポケモンGOの仕様が大きく変わって戸惑ってます。たぶん改良されたのだろうと思うのだけれど、どう楽しめば良いのか、正直戸惑っています。年寄りは変化が苦手なんだよねえ。ああ、以前のゲームシステムが懐かしい…。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 我が家の経済状況と小遣いの関係 | トップページ | 発表会のピアノ合わせに行って、凹んできた »

2011年4月12日 (火)

今後のヴァイオリンの学習計画について

 さて、フルートは、ひとまず新しく先生を見つけようって事にしましたが、ヴァイオリンに関しては、私の体力的な限界と経済的な余裕の無さのために、当面、独学でユルユルやることにしました。

 でも、ただ、ユルユルやっていると、そのうちに中絶して挫折ってパターンになりそうです。それを回避する方法を考えないといけません。もちろん、できるだけ、お金をかけないパターンで考えないといけません。

 と言うわけで、どうするかって話ですが、ここで連載しているダイエットと同じパターンで、練習して進んだ分をブログにアップしてはどうだろうかと考えました。これなら、特別な費用はかからないし、定期的に練習成果をブログにアップするために、練習もサボりっぱなしなわけにはいかなくなります(ホントかな?)。うん、いい考えだ。

 で、記事をアップする間隔は…今までのヴァイオリンのレッスンが月二回だったので、それに準じて、ヴァイオリン独学記も月二回アップがいいかなって思ってます。

 というわけで、思い立ったが吉日ってわけで、今回が、そのヴァイオリン独学記の第一回にします。

 まず、使用するテキストは、今まで通り、篠崎教本で行きます。先生がいないので、誰もOKを出してくれないので、OKの基準を考えてみました。で、その基準ですが、篠崎教本準拠CDを購入しましたので、ここに入っている模範演奏と合奏して、それなりに“そつなく演奏できたら”OKってことにします。ね、これなら、分かりやすいでしょ。

 で、さっそくやってみました。

 まずは、ヒイロ先生とのレッスンでダメをもらった所から再開です。

 55番「六度音程と移弦の練習」 まだ完璧ではないけれど、OKにします。

 56番「小舞曲」 うわ、この曲、ヒイロ先生と練習していた時の倍速ぐらいじゃん。うはー、追いつくのが大変だけど…すぐに慣れました(笑)。OKです。

 57番「スラー練習」 これ、意外と難しいです。最初はスラーにできず、音符が変わるたびに、ついつい弓を返してしまいましたが、練習を重ねるうちに、今度は逆に、弓を返さないといけないところを、スラーで演奏しちゃったりします。ダメじゃん。OKです。

 58番「鍛冶屋の槌音」 これ、ヤマハのCMソングだねえ(笑)。スラーがポイントでしょうが、いい感じで弾けました。OKです。今回はここまで。

 やっぱり、独学だと「次のレッスンまでにできるだけ進まなきゃ!」みたいな気持ちがないので、進まない進まない。

 あと、練習時間の問題もあるかな? 今までは、無理やり、出勤前の10分を使って練習していましたが、これも止めました。やっぱり出勤前の10分は貴重よ。その分、ヴァイオリンを練習するよりも、早めに家を出て、職場に10分早く到着する方が大切ですよ。

 かと言って、就寝前に時間を作って練習ってのもダメね。眠くなっちゃう事と、消音器が良くないかなって気がします。とりあえず、スキマの時間を見つけたら、ちょこっとだけでも練習をする…って感じでやってます。ううむ、練習時間についても、きちんと考えないとダメだな。

« 我が家の経済状況と小遣いの関係 | トップページ | 発表会のピアノ合わせに行って、凹んできた »

ヴァイオリンの学習記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/51362263

この記事へのトラックバック一覧です: 今後のヴァイオリンの学習計画について:

« 我が家の経済状況と小遣いの関係 | トップページ | 発表会のピアノ合わせに行って、凹んできた »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん