ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« Godiegoはお好きですか?[2011年4月の落ち穂拾い] | トップページ | 「フルート吹きさんに100の質問」に答えてみたよ その1 »

2011年4月30日 (土)

歌わない練習で、歌が上達するんです

 ゴールデン・ウィークです。実は、ひっそりと、昨日から“ゴールデン・ウィーク特別進行”に突入した、老犬ブログでした。と言うわけで、本日は土曜日で、本来は「金魚の日」ですが、変則進行でいきますよ。

 とにかく、ここんところ、声楽のレッスンが立て続けにございますので、まずはレッスン記録をアップしたいと思います。

 では、参ります。

 まずは、前回のレッスンのリベンジから。そう、アリアの歌詞をきちんとセリフとして読める…ってあれです。あれのリベンジからレッスンが始まりました。

 結果は…まだまだ足りませんでした。それでもだいぶ前回よりは、イタリア語のセリフらしくなってきましたが、まだ全曲分の暗唱(歌詞の暗譜ですわな)ができてませんでした。メロディが付いているなら、暗譜も楽勝なんですが、メロディ抜きでの暗記は、なかなか難しいですし、感情の入れ方も難しいです。

 でも、歌詞の暗唱ができて、始めて“暗譜できた”と言えるそうなので、頑張りますよ。次回のレッスンまでには、きちんと暗唱できるように頑張ってきたいと思います。

 ちなみに、なぜ「歌わずに歌詞読みだけをする」という宿題を、先生が出されたのか? その理由は…

 1)イタリア語をきちんとカラダに入れるため。

 2)力んで歌う癖を忘れさせるため。言葉中心で勉強して、歌も言葉メインで歌えば、自然と力まなくなるから。

 …なんだそうです。確かに、私には力んで歌う癖がありますが、力んでしゃべる癖はありません。しゃべりに発声がシフトしたら、そりゃあ力まずに済みますが…でも意識が歌モードに入ってしまうと、やっぱりまだ力んでしまうのが、難しいところです。

 私がなぜ力んで歌うのかと言うと…合唱をやっていたから…ですね。合唱のテノールをやっている人って、もちろん全員とは言わないけれど、かなりの数(それも下手くそを中心に)力んで歌う傾向があります。その理由は…、一つには、少ない人数(どの合唱団もテノールが一番人数少ないのです)で声量を稼ぐために、一人一人が大声で歌わないといけないから、ついつい力んでしまうのです。もう一つの理由は、高い声(テノールパートに高い声は付き物です)を勢いで力任せにして出すためです。

 上手な合唱団とか、指導者がしっかりしている合唱団に入っていれば別でしょう。また、もちろん、きちんと専門教育を受けているとか、そうでなくても、天賦の才能の持ち主とかも別です。本人に才能がなかったり(ま、私はこのパターンかな)、才能があっても、指導者がいなかったり、素人に毛の生えた程度の人間が指導していたり、ピアニストが指導していたり、テノール以外の声種の人が指導していたりする団では、多くの場合、テノールは放置プレイになる(テノールの発声指導って難しいんです)ので、みな自己流で歌うわけで、その結果、なんとか声量を稼ごうとし、なんとか高音を出してやろうとして、その結果、とりあえず、力んで歌う人が続出するわけです。

 一度身に付いた悪い癖は、なかなか取れないものです(汗)。いや、ほんと、癖を取るのって大変です。

 コンコーネは17番でした。この一週間、先生の言いつけを守り、しゃべる練習ばかりやっていたので、コンコーネの譜面を開くのは、本当に一週間ぶりでした。譜面を開いたら、きれいに曲を忘れていました(オッサンの記憶力なんて、そんなモンです)。ですから、必死に音符を追って歌っちゃいました。もう必死です。気合も何も、そんなもの、入れる暇も余裕もなく歌いました。結果、力まずに歌えたようです。で、力まずに歌えたのでOKになりました。

 世の中、何が幸いするか分かりませんが、まさに、先生の目論見どおりになりました。

 その調子でコンコーネ18番に行きましたが、こちらは、完璧にメロディを忘れていました。いやあ、人って、ここまでモノを忘れられるんですねえ(遠い目)。…当然、ボロボロでした。(次回のレッスンではコンコーネはやらないので)次々回は18番と19番が宿題になりました。譜読みをしっかりして来ないと…。

 さて、アリア。アリアは歌だから歌うのだけれど、しかし、しっかりとしゃべりながら歌うこと。メロディを歌うことも大切だけれど、やはり、言葉をしっかりとしゃべる事が歌でも大切です。なぜなら、歌だから(笑)。器楽じゃないんだから、言葉を生かして、しっかりしゃべって歌わないとね。

 とにかく、言葉をきちんとしゃべりながら歌うと、たとえ特定の音での発声をヘマしても、言葉を言うことで、ヘマったポジションがすぐに元に戻り、ヒドイことになりづらく、リカバリーが容易になるそうです(実際、そうでした)。今回、しゃべりながら歌ってみたら、割と出来がよかったそうです。途中、数カ所でヘマをしましたが、すぐにリカバリーがかかり、大事故にならなかったようです。と言うわけで、カデンツァの直前までは、まあまあの出来だったそうです。

 つまり、残った問題は…カデンツァ部分ですね。はあ~、どうしましょう。

 まあ、しゃべる練習は効果大という事が分かったので、まだしばらく……少なくとも、次のレッスンまで、やっぱり歌わないで、歌詞読みの練習だけを続行する事となりましたので、がんばって、歌わない練習を継続します。

 そして、二重唱。こちらも、とにかくしゃべる練習です。二重唱は芝居なので、感情を入れてしゃべるわけです。

 今回のレッスンは、レチタティーヴォを中心に、言葉周りを徹底的にやりました。言葉を、よどみなくしゃべるのはもちろん、言葉と言葉の間、セリフとセリフの間を、大切にするように言われました。とにかく、性急になり過ぎないこと。余裕を持って、しゃべる事に気をつける事。とにかく、レチタティーヴォはセリフ唱なので、徹底的にしゃべり倒す事が肝心なのです。

 二重唱はレチタティーヴォだけでなく、もちろん、歌(アリア)の部分もあります。

 二重唱の中で、テノールの歌の部分は、二回あるけれど、最初の時は、まだ二重唱の途中なので、良いメロディだけれど、まだ歌い上げることはしないで、楽に流し気味で軽く軽く歌ってみること。まだまだ芝居は序の口だから、盛り上げ過ぎない事が大切です。テクニック的には、ブレスの回数を減らして、なるべくゆったりと滑らかに歌うことが肝心です。

 二度目の歌パートは、歌だけれど、メロディーラインが今のラップのような感じで、とにかく言葉を畳みかけるタイプの曲なので、歌だけれど、歌うよりも、やはり、しゃべり中心で行くべきだそうです。つまり、結論を言えば、この二重唱では、テノールが歌い上げる箇所はないのです。え、そうなの? そりゃあ残念。(だから、二重唱なのに、短いバリエーションがあって、ほんの一瞬だけ、テノールが声をひけらかせる箇所があるのは……そういう理由だったんですね。)

 それに、ソプラノと一緒に歌っている箇所も、テノールを歌を聞かせると言うよりも、ソプラノ(こちらはかなり難しい事をやってます)のリズムキープのために、合いの手を入れているものと思う事…なんだそうです。つまり、出過ぎない事、が肝心って事ね。

 ま、歌い上げるのは、アリアで歌い上げればいいのだから、二重唱は、自分を抑えて、音楽優先で歌うように心掛けるわけです。うん、これも勉強、勉強、だね。

« Godiegoはお好きですか?[2011年4月の落ち穂拾い] | トップページ | 「フルート吹きさんに100の質問」に答えてみたよ その1 »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/51526158

この記事へのトラックバック一覧です: 歌わない練習で、歌が上達するんです:

« Godiegoはお好きですか?[2011年4月の落ち穂拾い] | トップページ | 「フルート吹きさんに100の質問」に答えてみたよ その1 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん