ひとこと

  •  なんかねー、最近、あれこれツイてないんです。あまりに小ネタ過ぎてブログに書くほどでもないのだけれど、なんかプチ不幸な日々が続いてます。なんかなー。

お知らせ

  • ●クラシックコンサートのお知らせをします。●10月8日(日)、茅ヶ崎市青少年会館ホールで行われます。今年のコンサートは、第1部ジュニア、第2部器楽、第3部声楽と、3部に分けて行われます。第3部の開演は15時20分となっています。●私は、第3部の10番として、トスティ作曲「Tristezza/悲しみ」とレオンカヴァッロ作曲「Mattinata/マッティナータ(朝の歌)」を歌い、次の11番目で、妻と一緒にレハール作曲「メリー・ウィドウ」より「A Dutiful Wife/従順な妻」の二重唱を歌います。私の登場時刻は、およそ16時30分前後になる予定ですが、あくまでも予定であって、これより早くなることもあるし、遅くなることもあります。●入場料は無料の千客万来系のコンサートです。ただし、例年までは市民文化会館で行われていましたが、今年は工事中となって、古い公民館系のホールで行われます。●会場的には、古くて小さい上に設備的にも??がつくような会場で「ここで歌うのはヤだな」という理由で、多くの方々が参加を取りやめたというほどの会場です。私も、練習で使用するならともかく、ここに人を招待して…となると、躊躇せざるをえません。なので、会場までお越しいただく事は望んでいませんが、もしよかったと、どこか遠くの空から、無事に歌えることを祈っていただくと感謝です。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 「乾杯の歌」と“コンビニ VS 高校教師(笑)” | トップページ | SMAPからBeatlesにします »

2011年4月22日 (金)

レとミとラとシが鬼門(クラリネットが壊れたわけじゃないです:笑)

 フルートのレッスンを受けてきました。H先生の初レッスンって奴です。

 例によって私がお教室に到着すると、前の生徒さんが絶賛レッスン中。今回お稽古していた曲は、楽譜をチラ見したところ、ドヴィエンヌの曲らしいけど…ドヴィエンヌって何者? それって美味しいの? あと、傍らにパガニーニのカプリースの譜面が置かれていたけれど、あれってヴァイオリンの曲じゃなかったっけ? ちなみに使用されていたフルートは、ピカピカの総銀。まぶしいくらいにピカピカで、すごくきれいに磨き上げられています。隣に置くと、アゲハがくすんで見えるほど(笑)。でも、いいの。アゲハは貫禄のサビサビフルートを目指しているのだから、もっと鈍い色にな~れ~!

 彼女のレッスンの終わりに参入して、三人でロングトーンをやりました。先生とお姉様がピタっとピッチを合わせて吹いているので、そこに乗せて吹くって…すんごいプレッシャーです。特に第三オクターブになると、微妙に音がうねるんだけど…きっと、その原因は私(涙)。いかん、いかん…。

 ロングトーンの最後は、やっぱりクチビルがケイレンしました。慣れればケイレンしなくなるんだろうなあ…。

 私のレッスンは、アルテ15課1章のロングトーンから。これはまあ良しです(合格だったのかな? ちょっとはっきりしません)。

 一つ飛ばして、第三オクターブの「ラシラシラシ…」の課題。ここで注意を受けました。それは…私の高音シの運指が正規のものではないって事です。実は私、いままで高音シの時は、疑いもなく、右小指でキーを押していました(つまり開穴していたわけです)。でもそれは“替え指”だから、まずはちゃんとした正規の運指でやってみなさいってわけです。正規の運指は右小指をフルートから離すわけで、そんな事を今までやった事がなかったので、頭の中がこんがらがってワヤクチャになりました。シの時は右小指を離すけれど、ラの時は右小指を使わないと音がスカるわけで、確実に右小指をコントロールしないといけないわけで…いやあ、難しい。自宅でたっぷり、練習しないと…

 次は音階準備練習だけど、ここでは、前回軽く注意を受けた、中音レの左人指し指を何度も注意されました。ううむ、これは完全に癖になっているなあ。それと、どのオクターブでもそうなんだけれど、ミの時に、私はうっかり右小指を離してしまう傾向があります(もちろん、いつもってわけじゃないです)。これも注意されっぱなしでした。ううむ、このレとミは分かっちゃいるけれど、ついついやっちゃってたって奴ですが、H先生曰く「音色がくすむから、正しい運指で吹きなさい」って事です。実際、私が指を間違えると、H先生はよそ見していても、即座に分かるようです(つまり、それくらい音色が違うって事ね)。

 とにかく、レとミとラとシが鬼門です。今更、運指で苦労するとは、思わなかったです。でも、今のうちに直せるものは直した方が後々楽ができるから、ここで頑張っておきます。

 で、ミニオン・エチュードの1番です。

 吹き始めて、最初の二小節でダメが出ました。それは「一つのフレーズは息を変えずに、あたかも同じ音で吹き続けるような感じで吹きなさい」って事です。つまりレガートで吹けって事です。私の吹き方では、リズムが立ち過ぎるのだそうです。もっと、滑らかに、もっと優しく吹け、です。

 ああ、そう言えば、クラシックの基本はレガートだったよね。キング先生にも散々レガートレガートって注意されていたっけ。レガートで演奏すると、なんか、今、クラシックをやっているって感じがして、ゾクゾクしますね。ちなみに、このレガート奏法は、笛先生は嫌いでした。だから、ついうっかりレガートでやると「なんかつまらないですねえ。もっとメリハリをつけてください」って言われました。音楽ジャンルが違うと、こういうところが違うので、おもしろいです。

 レガートは大好物なので、これはすぐに対応可能でした。

 フレーズ末の音処理を注意されました。音価いっぱいまで吹いて、次のフレーズの頭をビチッと吹いたら(いわゆる“羊羹のような音”です)、それはダメって言われました。フレーズ末の音符は音価いっぱいまでビッチリ吹くのではなく、スーと消えるようにフレーズを終わらせて、新たな気持ちで次のフレーズも柔らかくスーと始めるように言われました。言葉で書くとわけ分からないでしょうが、つまり「あまりリズムを立てるな」って事だと思います。あるいは「もっと丁寧に吹きなさい」って事かもしれません。とにかく、やさしく、フワフワした感じで演奏するのです。

 三段目の装飾音符の吹き方も直されました(装飾音を目立たさないように吹くように言われました)。スタッカートやアクセントも「やり過ぎ」って言われました(笑)。とにかく、私の演奏は、全般的にメリハリが付き過ぎだし、ノリが良すぎるようです。あと、すぐに音楽が前のめりになって走ってしまうそうです(汗)。…だって、タラタラした演奏は苦手だもん(笑)。

 しかし、先生が変わって、音楽ジャンルが変わると、注意点もかなり変わります。いやあ、実におもしろい。

 笛先生に習った事は習った事として、とりあえず、ひとまず棚上げにして、今は“どクラシック”をやっているわけだから、H先生のおっしゃるとおり、レガートになめらかに美しくて、たおやかな演奏を目指します(私のキャラじゃないかも…:笑)。

 でもきっと、すぐに慣れると思います。だって、声楽の時にキング先生に言われている事と、H先生がおっしゃる事は、かなり共通してますから。きっと、その共通部分が、クラシック音楽のクラシックっぽいエッセンスなんだと思います。

 最後に「教則本をすぐに進みたがる生徒が多いけれど、ボクはじっくり行くよ。一つの曲から多くの事が学べるわけだし、アルテス1巻をきちんと練習すれば、どんな曲だって吹けるようになるんだからね」とおっしゃられましたが、それには激しく同意している私です。元々、アルテ15課は三年計画で臨む覚悟の私ですから、じっくり行きましょう。

 今回のレッスンは字で書くと、これだけですが、時間にして小一時間ほどでした。しかし、感覚的にはあっと言う間で10分もレッスンを受けていないような気がしましたが…冷静に考えれば、そんなはずないよね(笑)。でも、物足りない感じがしますよ。それだけ集中していたって事でしょうね。

 しかし、クラシック系のフルートって、改めて思ったけれど、お上品に吹くものなんだねえ…。

« 「乾杯の歌」と“コンビニ VS 高校教師(笑)” | トップページ | SMAPからBeatlesにします »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/51452898

この記事へのトラックバック一覧です: レとミとラとシが鬼門(クラリネットが壊れたわけじゃないです:笑):

« 「乾杯の歌」と“コンビニ VS 高校教師(笑)” | トップページ | SMAPからBeatlesにします »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん