ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 停電の時に、何してる(音楽編) | トップページ | 下手くそなヴァイオリン(失礼)も聞いてみたい »

2011年3月22日 (火)

上手にお尻も使ってみよう

 声楽のレッスンに行ってきました。こんなご時世だから、気合を入れて歌ってきました。

 いつも通り、発声練習から始めます。まずは、ジラーレに注意をしましょう。そのためには、声を軽く軽く出すこと。声が軽く出せないと、うまくジラーレできません。なので、なるべく重い声は出さないように心掛けたいです。なにしろ、ジラーレがうまくいかないと、高音は出ないからね。そのためにも、重い声は厳禁です。

 巻き舌の練習もしないと…。私は巻き舌が出来ると言えば出来るのだけれど、音楽的なレベルで言うと、私程度の巻き舌ではちょいと不足なのです。だから、もっと練習をしましょうという事になりました。

 確かに私の巻き舌は、出来る/出来ない程度のもの。しかし、巻き舌にも色々あるわけで、固い巻き舌、柔らかい巻き舌と、その巻き方にも程度というのがあります。私の巻き舌は固い巻き舌なんだそうですが、アリアで歌うネモリーノ君は、その性格から考えて、巻き舌はかなり柔らかくしないといけないのです。だから、柔らかい巻き舌もできるように練習練習です。

 さらに、以前も注意されましたが、私の場合、巻き舌に音程が乗っていない(つまり、打楽器のようにいつも同じ音程の巻き舌になっている)ので、巻き舌部分にも、しっかりと音程を載せて歌いましょうと言われました。はい、すぐにはできないので、自宅で練習しておきます。

 ちなみに、巻き舌は関東人よりも関西人の方が数倍得意なんだとか? 理由は…関西弁のら行は“R”の要素が強いから…うむ、確かにその傾向はあるかも。

 さて、アリアの練習です。

 アリアの出来は…当然、まだまだです。それでも少しずつは前進しているのです。

 一度、通して歌ったところ、先生が大きな姿見を持ってきました。「それ見ながら歌ってごらん、すごく前屈しているよ」 …確かに私、まるでお辞儀をしているかのように前屈して歌っていました。なぜ前屈しているのか? それは背中を使っているからです。背中を思いっきり使おうとして、そのためについつい前屈してしまっていたのです。そして、背中しか使わずに歌っているから前屈しているのです(涙)。

 「そんなに前屈みになって歌っているオペラ歌手っている?」

 「…いません(涙)」

 私の場合、どうやら背中が使えているようだけれど、その他の部位、特に臀部が全く使えていないので、カラダが前屈みになってしまっているのだそうです。というわけで、今回は臀部の使い方の勉強をしました。

 臀部の使い方…簡単に言うと“尻を絞って歌う”わけです。よく「肛門をギュっと閉めて歌え!」って言うじゃないですか? あれです(笑)。

 正直、かなり難しいです。もちろん、臀部にだけ注意すればいいなら簡単ですが、当然、注意するべきは臀部だけはありません。しっかり背中も使わないといけません。腹筋も当然使います。息も声も支えていかないといけません。その上で軽く軽く歌っていかないといけません。それらを同時に行うのは、一朝一夕ではできないので、少し自宅で研究する必要があります。もちろん、具体的なカラダの使い方は、人それぞれですから、私は私のやり方も探さないといけないし、そのためにカラダも作っていかないといけません。…時間がかかります。しかし、ヒントだけでもつかまないとね。

 最近「テノールは命を削って歌うもの」という先生の言葉が少しずつ分かるようになりました。歌を一曲歌うと、リアルに体温がグイグイ上昇します。全身の筋肉を絞りに絞って歌っているからなんですが、体中の筋肉を使って、全身で発熱しながら歌うのがテノールです。そういう意味では“命を削って”いるんですよ。やはり、テノールが歌う高音域って、人間業じゃないんだなあって思いますもの。先生は“命を削る”と言いますが、私の感覚では、どちらかと言うと“命を燃やして”歌っていると思います。ま、どっちにしても、命を大量消費している(ような感覚)は同じですが…。

 とにかく、カラダが頑丈でないと、歌と言うのは歌えない…そんな気がします。まずは健康だよ、大切なのは。

 効率の良いカラダの使い方を早くマスターしないと、いつまで経っても高音が出ないだけでなく、私のカラダも壊れてしまうような気がします。老体には高音はかなりシンドイのよ。

« 停電の時に、何してる(音楽編) | トップページ | 下手くそなヴァイオリン(失礼)も聞いてみたい »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/51180646

この記事へのトラックバック一覧です: 上手にお尻も使ってみよう:

« 停電の時に、何してる(音楽編) | トップページ | 下手くそなヴァイオリン(失礼)も聞いてみたい »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん