ひとこと

  •  ポケモンGOの仕様が大きく変わって戸惑ってます。たぶん改良されたのだろうと思うのだけれど、どう楽しめば良いのか、正直戸惑っています。年寄りは変化が苦手なんだよねえ。ああ、以前のゲームシステムが懐かしい…。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« フルート音楽が、クラシックで……なら、ポピュラー音楽に行けばいいじゃん? | トップページ | 停電になって、色々と考えた(日常生活編)[2011年3月第3週・通算10週] »

2011年3月19日 (土)

ペットとして、名前の有無は、かなり大切な問題

 実はこの記事、“死”をテーマにしています。なので、お蔵にしてしまおうかとも思ったのですが、事実は事実として、あくまで記録を残すという側面から、アップする事にしましたが、この時期に“死”をテーマにした文章など見たくもないと言う方は、今日はここでお引き取りください。まあ、明日は違うテーマの記事をアップしますので、明日またよろしく、という事でお願いします。
 
 
 
 
 
 時間は地震以前に逆上ります。

 我が家の水槽には病人というか、病魚というか、とにかく具合の悪いのが二匹おりました。一匹がキッカで、もう一匹が…名前のない緋ドジョウです。緋ドジョウは名前のついているチビとシッポナと、名前のついていないのが二匹がいましたが、具合が悪かったのは、名前のついていない二匹のうち、カラダが小さい方の子で、お正月以来、しばらく水面に漂っていた子です。で、その子が3月6日の日曜日に星になりました。

 この星になった子に、なぜ名前がないのかと言うと…緋ドジョウは、個体識別が難しいため、名前をつけるのを後回しにしているうちに、ついにつけそびれてしまったからです。どう個体識別が難しいかと言うと…緋ドジョウって、どれもこれも色も体型もほとんど同じなんですよ。おまけに我が家に来た時は、一緒にやってきた他の緋ドジョウと大きさもほぼ一緒。まるでクローンのような緋ドジョウがまとめてやってきたら…そりゃあ区別つかないでしょう。区別がつかなければ、当然見分けられないわけだし、それでついつい、命名のチャンスを逃してしまったわけです。

 そんなわけで、今回の子は、ついに名前をつけそびれたまま、星になってしまいました。

 名前のついている緋ドジョウは、チビとシッポナですが、この子たちは個体識別ができます。チビは、一匹だけで買ってきた緋ドジョウなんです。この子が来た時に、すでに他の緋ドジョウがいて、その子たち比べると、ひときわ小さかったのでチビと言う名を付けたのです。当然、その大きかった子たちは、だいぶ前に星になってしまい、今ではそのチビが水槽の最古参になり、一番の巨大緋ドジョウになって水槽にいるわけです(笑)。一方、シッポナの命名理由はとても簡単で、この子は尻尾(尾びれ)が食べられてしまって無いので、尻尾無(シッポナ)なんですね。しかし、残りの二匹には、特に特徴がなかったので、命名される事がなかったのです。

 つまり、緋ドジョウは、金魚と違って、基本的に皆、同じ容姿をしているから、カラダの大きさが極端に違うとか、怪我をしているとか、障害があるとかでないと、なかなか個体識別は難しいです。

 しかし、個体識別が難しいと、飼い主側から見ると、どうしてもペットとしての、愛情の入り方が違います。

 今回の子も、名前がないので、呼びづらく、結局、命名しないまま「浮いている子」「名無し」なんて呼んでいるうちに星になりました。

 この子が星になって、悲しいは悲しいですが、やはり名前のついている子が星になった時とは、正直、悲しさが違います。これって、人間側のエゴの問題であって、名前があろうがなかろうが、その生き物にとっては、等しく“死”であるはずなのに、名前の有無で、その死の感じ方が違うというのも、イヤラシイ話です。

 名前は大切です。名前とは関係性です。何の関わりもなければ名前など要りません。関わりがあるから命名され、他と区別され、心理的に特別な位置に置かれるのです。命名されること、名前で呼ばれること、そして名前を覚えてもらうこと。それはペットにとって、どれだけ飼い主から心を分けてもらえるかという事なのです。

 名前がなければ、思い出す事だって難しいです。名前をつけないまま、星にしてしまって、本当に申し訳ないと思ってます。

 …成仏してください。

 これで緋ドジョウは三匹になりました。名前のついている子が二匹と、無い子が一匹ですが、残った名前が無い子を、このまま“名無し”にして置くわけには行きません。それではかわいそうだし、すでにだいぶ前から個体識別が可能になっていますので、先日、何となく命名してみました。その名前は『カゲムシャ(影武者)ちゃん』です。これで緋ドジョウは、チビとカゲムシャとシッポナの三匹になったわけです。

 ちなみにカゲムシャの命名理由は…この子はとても大きな緋ドジョウでして、ちょっと見で、チビと間違えてしまう(並べるとやはり違うのだけれど)ので『チビの影武者』というわけでカゲムシャちゃんとなりました。

« フルート音楽が、クラシックで……なら、ポピュラー音楽に行けばいいじゃん? | トップページ | 停電になって、色々と考えた(日常生活編)[2011年3月第3週・通算10週] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

いつもステキなブログを楽しみに拝見させていただいてます!今後も応援してます(^O^)/

>表通りの美容院さん いらっしゃいませ

 応援ありがとうございます。今は日本が大変な時期ですが、それぞれが自分にできる事を精一杯やっていく事で、きっと日本は立ち上がる事ができると私は信じています。お互い、頑張っていきましょう。

こんばんは。
カゲムシャちゃん! かっこよくて強そうです(*´ー`*)
水の中をユラユラ泳いでる姿は心癒されますね。

>星花さん

>カゲムシャちゃん! かっこよくて強そうです(*´ー`*)

 でしょ。でも、実は、命名して、ちょっと後悔(?)している事があります。それは…魚介類って、大半がメスなんですよ。たぶん、カゲムシャもメスじゃないかな? 女の子なのに“カゲムシャ”ってどうなの?って、命名してから思いました。

 でも、我が家でもすっかり“カゲムシャ”が定着しちゃったので、それでいく事になっちゃいましたが(笑)。…やっぱり、命名はきちんと考えてしないとダメですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/51153226

この記事へのトラックバック一覧です: ペットとして、名前の有無は、かなり大切な問題:

« フルート音楽が、クラシックで……なら、ポピュラー音楽に行けばいいじゃん? | トップページ | 停電になって、色々と考えた(日常生活編)[2011年3月第3週・通算10週] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん