ひとこと

  •  中国共産党の理論誌『求是』で「中国こそが世界最大の民主国家だ」というタイトルの文章が掲載されているそうです。中国って民主国家だったんだ…。そう言えば北朝鮮も“朝鮮民主主義人民共和国”と名乗っている民主主義の国だったんだよなあ。うっかり忘れていました。たぶん、彼らの言う“民主国家”や“民主主義”って、我々が知っているモノとは違うんだろうね。でなきゃ、辻褄合わないし…ね。ちなみに我が国日本は、議院内閣制の立憲君主国であり天皇陛下を擁している事から、国の種類(?)としては『帝国』または『皇国』というべきなんだけど、そうは名乗っていないって事、知ってた?
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 美しい音で演奏したい | トップページ | カラオケ、たくさん、いただきました(感謝) »

2011年2月17日 (木)

駒はヴァイオリンの要です

 少し前から、ヴァイオリンの指板に貼っていた、指の置き場所を示すテープが、ちょっと汚く剥がれ始めました。貼り方がいい加減だったと言うこともあったので、今度は、きちんと貼り直したいと思いました。そして、どうせ貼り直すなら(指板の上でカッコ悪く目立っている)白いサージカルテープではなく、指板の上に貼っても目立たない、黒いメンディングテープにしようと、以前から思ってました。

 えっと、今回の記事は、ある意味、こちらの記事(2010年12月15日「ヴァイオリンにテープを貼ってみた…驚愕の事実が発覚!?」)の続きになりますので、以前の話が知りたい方は、お読みください。

 さて、問題は黒いメンディングテープの入手です。私はメンディングテープだから、てっきり建材屋とかホームセンターに売っているものと思ってました。

 いや、確かにその手のお店でメンディングテープは売ってました…が、黒いテープは一つもなく、たいていはクリーム色かオレンジ色でした。まあ、メンディングテープというのは、塗装の時の保護のために使うものなので、濃い色を塗るならクリーム色が、薄い色を塗るならオレンジ色だとテープの境目が分かりやすくて良いので、この2色ばかりが店頭に並べられているわけで…あっれー、それじゃあ、黒いメンディングテープって売ってないの?

 ちょっと困りました。

 そんなある日、大型スーパー(って、ジャスコですが:笑)に行きました。もちろん、日曜大工などで使うようなモノを売っているコーナーには、黒のメンディングテープはありませんでした。「ここにも黒は置いてないか…」と溜め息をついて、何気なく文房具売り場を歩いてたら、こちらには、色とりどりのカラフルなメンディングテープがたくさん売っているじゃないですか? え? なぜ、文房具屋にメンディングテープが? 事情はよく分かりませんが、今の時代、メンディングテープは文房具屋で、それもちょっとフェミニンな雰囲気のコーナーにたくさん並べられていました。

 うっそー…。我が目を疑いましたが、もちろん、しっかり“黒いメンディングテープ”も売ってました。当然、即、購入です。

 しかし、本来、塗装作業で使うメンディングテープがなぜに文房具売り場に、それもフェミニンなコーナーに…、謎は深まるばかりですが、とにかく皆さんも、黒いメンディングテープが欲しい方は、文房具売り場のちょっとフェミニンなコーナーに行ってみてください(爆)。きっと、そこで見つけられると思います。

 さて、黒いメンディングテープを入手した私は、さっそくヴァイオリンのテープの貼り替え作業に取り掛かりました。

 一応、弦をすべて外して、貼ってあったサージカルテープをキレイに剥がして、指板の汚れをちゃんと掃除して、キレイにカットした黒のメンディングテープを貼ってみました。

 仕上がりはなかなかです。なにしろ、黒い指板に黒いテープなので、目立ちません。もちろん、目立たないだけで、奏者からはバッチリテープが見えますし、メンディングテープはサージカルテープよりも、やや厚めなので、触感的にも分かりやすい感じがしますし、なによりしっかり貼れたようです。これは成功でしょう。グッドですよ。

 テープを貼るために、一度、弦を全部はずしたので、当然、駒もはずれました…が、私は自分で駒の調整をする人なので、駒がはずれても、全然無問題で、大慌てをせず、駒を再設置して弦を張り直しました。

 正直に書きます。実はこの時にヘマをして、駒が本来の位置より、ほんの2~3mmほどネック寄りになってしまいました。いや、駒を最初に立てた時は本来の位置だったのですが、弦を張って、駒の角度を調整しているうちに、何となくネックよりに駒が移動してしまったのです。

 駒の位置って大切ですね。ほんの2~3mmなんですが、音は大きく変わるようです。実はメンディングテープを貼ったのは、レッスンの前日でして、レッスンには、テープを張り替えたばかりのミヤマを持って、ウキウキして行ったところ、ヒイロ先生から「なんかヴァイオリンの音が変だよ。見せてごらん」と言われて見せたところ、駒がズレている事が発覚しました。

 ダメじゃん。それにしても、音を聞くだけで、駒の異変に気づくヒイロ先生もすごい人です。

 さて、駒が2~3mmズレていても、ちょっと聞いただけでは、開放弦だとあまり変わりませんが、指で押さえて音を出すと、音の響きがちょっと変わるようです。一人で自宅で弾いているだけでは私には分かりませんでした(先生は一発で見抜きました)が、ピアノと合わせた時に分かりました。ヴァイオリンの倍音構成がちょっと変わるみたいです。駒の位置がズレていると、ピアノときれいにハモらなくなるんですよ。音程が合っていても、倍音部分の音程が合わないんです。だから、結構気持ち悪いです。ああ、駒の位置って大切ですね。

 駒と言えば、先生のヴァイオリンも最近、駒を変えたのだそうです。以前の駒よりも、身の詰まった、重くて固い駒(やや厚め)にしたのだそうです。駒を変えたため、音の柔和さは少し失われけれど、音のダイナミックスが広がったそうです。さらに、どれだけ強めに弾いても、音が割れる事がなくなり、その結果、大きな音がより出しやすくなったそうです。たかが、駒ですが、この部品一つで、ヴァイオリンの音は大きく変わるようです。

 駒は、文字通り、ヴァイオリンの要ですよ。その材質も、その取り付け位置も、音質を大きく左右するものです。駒って大切なものです。

 で、肝心のレッスンの話は、明日の記事にします。

« 美しい音で演奏したい | トップページ | カラオケ、たくさん、いただきました(感謝) »

ヴァイオリンのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/50889222

この記事へのトラックバック一覧です: 駒はヴァイオリンの要です:

« 美しい音で演奏したい | トップページ | カラオケ、たくさん、いただきました(感謝) »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん