ひとこと

  •  ああ、楽しい。楽しすぎる。8月に入って以降の私のプライベートライフが楽しすぎる。楽しすぎて楽しすぎて、ちゃんと社会生活に戻れるかどうか、とっても不安。ああ、本当に楽しすぎて、人間、ダメになりそう…。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 「タイガーマスク運動」と“子ども手当て”[2011年1月第2週・通算1週] | トップページ | 他人の振り見て我が振り直せ »

2011年1月17日 (月)

心のヤマシさは演奏に出る?

 今年最初のフルートのレッスンに行ってきました。実はレッスンに行こうと準備している段階で、とんでもないモノを発見。それは、二カ月分も月謝を貯めちゃっていた月謝袋! ヒエ~、なんて事! ちょうど発表会のドサクサのあたりから、思わず、御月謝を滞納しておりました。ああ、申し訳ない! ほんと、申し訳ない!

 さっそく、妻を特命係に任命して、すぐさま菓子折りを用意して、お詫びの気持ちと共に滞納していた、御月謝を渡してきました。

 御月謝の渡し忘れは、これで二度目。ああ、不覚、不覚。本当に申し訳ないです。

 というヤマシい気持ちが満載だったせいか、今日のレッスンはなんか変でした。つまらない凡ミス多発だし、音程の精度がちょっと悪かったりと、散々でした。

 とりあえずレッスンはアルテでした。14課の8-1番は合格、8-2番は次回もう一度となりました。

 合格した8-1番は、自宅練習ではみっちりやってきて「ほぼパーフェクト、一発合格間違いなし!」というレベルまで仕上げてきて、先生と合わせて、いきなりコケました(涙)。その後も、数回合わせたものの、自宅でバッチリでも、レッスンではボロボロと、いつもながらのメンタルの弱さを露呈しました。

 先生がおっしゃるには「アンサンブルは、一人の演奏とは違うからねえ」との事。まあ、それはないわけじゃないですね。一人で練習する時は、メトロノームのピッピッだけに気をつけて吹いてますが、アンサンブルでは、相方が何をやっているかを聞きながら演奏するわけだから、私の頭の中が自分の演奏と相方の演奏の二つに裂けているわけで…ついつい、自分自身の演奏がオロソカになってしまいます…って、そんな事は百も承知なので、しっかりと曲を自分の中に入れて、相手の演奏を聞きながらでも、自分のやるべき事をきちんとやれるようにしてきたつもりでしたが、結局、ちゃんと出来上がっていなかったってわけです。

ま「ほぼパーフェクト!」と思っていただけで、実際は、まだまだ練習不足だったわけです。

 それでも、何度か繰り返して、アンサンブルにも慣れたところで、ようやく合格をいただきました。

 一方8-2番は、自宅の練習段階で、怪しかったので、先生との合わせではコケまくりました。なにしろ、まだ部分的にきちんと譜読みができていない(できていたつもりですが、練習をしていくうちに、???になってきちゃったんです)ので、リズムが怪しかったりします。当然、その前後は指も怪しいわけです。困ったものです。

 それに加えて、できているつもりの箇所も、演奏がブツ切れで、アーティキュレーションがなっちゃいないと注意されました。例のごとく、タイやスラーがいい加減になっているし、休符が休み過ぎだそうです。もっと音楽を滑らかに流れるように演奏してきてくださいって事です。先生はおっしゃらなかったけれど、自分的には、音色にもダメ出しをしておきます。8-2番は、あきらかな練習不足なので、もっと練習してきたいと思います。

 次のアルテのレッスンでは、8-2番を合格して、さっさと15課に入るぞ!

 次回はアルテはお休み、セッションレッスンです。それにしても、御月謝は忘れないように、事前に、事前に、お渡しするつもりだったのに…ああ、うかつだったなあ。

« 「タイガーマスク運動」と“子ども手当て”[2011年1月第2週・通算1週] | トップページ | 他人の振り見て我が振り直せ »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

色んなものが銀行引き落としで、見えない所で動いているから(フルートの運指か?)、アナログな月謝袋って、忘れてしまい勝ち。
私なんて下の子の、書道の月謝袋を二度も紛失しました…無くしたのは子供だけど(と子供のせいに)

もちろん反省してます。
…ので、また年末にバタバタして、ワケわからなくなると困るので、11月には3ヶ月分(高くない、ってのもあります…恥)入れさせていただきました。

そして、今日は神戸を向き、合掌です。

>YOSHIEさん

 御月謝忘れ…こちらは単純に“忘れた”だけですが、先生の側からすれば、とんでもない事で…。

 一応、私の名誉のために書いておきますが、月謝袋にお金はきちんと二カ月分入れてあったんです。だからお金がなかったのではなく、持っていたにも関わらず渡し忘れたのです。さらに言うと、今月分の御月謝を袋に入れる時に、先月分の御月謝が袋に入っていたにも関わらず、お金が入っている事に気づかなかった…、二重の失敗をしてます。ああ、情けない。

>そして、今日は神戸を向き、合掌です。

 16年前…ですね。あの朝は、本当に驚きました。そう言えば、つい先日、中学生と阪神淡路の話をしたところ、あの災害は彼らの生まれる前だったので、当然、彼らはあの災害の事をまったく知らないわけで…いつのまにか、そんな昔の事になってしまったのだなあと思ったものです。

 街は復興しても、人の心はなかなか癒されないものです。合掌です。

こんばんは!
私も忘れますsweat01引き落としだといいのにな・・・

14課、むずかしそうっ
まだまだ2課の私wobblyがんばればできるようになるのかなあ・・・think
先は長いです↓

 確かに引き落としだと楽ですね。でも、毎月毎月、感謝の気持ちと言葉を添えて、直接、手渡しをするのは、気持ちがひきしまるものです。ま、私が忘れなければ、何の問題もないんです(そこが問題なんだけれどね)。

 私も2課あたりをやっていた頃は、アルテの後半なんて、譜面を見るだけで目がまわっていましたが、毎日コツコツやっていると、いつのまにか辿り着くものです。星花さんも、近い将来、ふと気がつくと、14課や15課をやっていると思いますよ。

デュエットになると崩れますか。
私は逆のようで、先生曰く「あなたは上手い人(←自分のことですよ!)と一緒に吹くといいのにねえ…」だそうです。まだまだ自信がないもんで仕方ありませんが、もっと自分が引っ張っていけるようになりなさい、と言うことですね。テンポや拍子も甘いから一緒だと安定するためいいようですcoldsweats01
私もあと数日で今年&新しい楽器での初レッスンです。どうなることやら。
私は月謝というか、月一回しか行っていないため毎回レッスン後にレッスン代を渡しているので、幸い渡し忘れるということはありません。前日になってお金の用意がないことに気づいてあわてることはありますが…sweat01

>きょんさん

 人それぞれでしょうが、相手なりに演奏できるというのは、素晴らしい長所だと思いますよ。私はたぶん、中途半端なんだと思います。相手なりに併せるでもなく、じゃあ、きちんとインテンポで演奏できるかと言うとヨタヨタやっているし、自分なりのテンポがあるかと言うと、ところどころヒヨッてしたりします。アルテは常にファーストを吹いているのですから、インテンポを基本に、相手の様子をうかがいながら、グイグイ自分のペースで引っ張って演奏するのが理想なんでしょうね。

 ま、そんな事より先に指覚えろ!って事ですけれど(笑)。

 アンサンブルは楽しいけれど、難しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/50602710

この記事へのトラックバック一覧です: 心のヤマシさは演奏に出る?:

« 「タイガーマスク運動」と“子ども手当て”[2011年1月第2週・通算1週] | トップページ | 他人の振り見て我が振り直せ »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん