ひとこと

  •  梅雨があけました! いよいよ夏です! 毎日…暑くなるんだろうなあ…、カラダ、もつかな(涙)。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」を見てきました | トップページ | メト・ライブビューイングで「ドン・カルロ」を見てきました »

2011年1月11日 (火)

「キャプテンEO」を見てきたよ

 …本当は「キャプテンEO」について、記事を書くつもりなんてありませんでした。でも、書かずにはいられなかった。まあ、そんなところです。

 東京ディズニーランドで期間限定復活上演ってわけで「キャプテンEO」が今年(2011年)の6月末日までやってます。私は元々マイケルが好き(本音では、プリンスの方がもっと好き:笑)な人なので、この機会を逃してなるものか!というわけで、行ってきました。

 もちろん、当時(1987年)も見ました。今やっている奴は、実に昔のままで、別に改めて何か工夫をしたり、作り直したりってわけではなく、当時のモノを当時のまま、上演しているみたいです。

 そういえば、当時の「キャプテンEO」って、3Dアトラクションというのがウリでしたね。しかし、21世紀を生きる、現代の我々の目で見ると、映像は実にショボいです(涙)。…画面は暗いし、画質は荒いし、立体効果もちょっと変だし、クリーチャーの動きもガタガタしているし…実に、時代の流れを感じます。

 やはり、3D作品は、アバターの以前と以降で大きく変わったようです。もちろん「キャプテンEO」は“アバター以前の作品”です。すでに懐かし映像の雰囲気が、てんこ盛りです(笑)。

 じゃあ、この作品は、時代遅れで見る価値はないのかと言うと、それは違います。3Dそのものは古びていますが、それでもやはりは見る価値は、大いにアリです。

 …じゃあ、どこがそんなに“価値アリ”なのかと言うと……全盛期のマイケルが大画面で見れる。これだけで、もう十分、感涙ものです。

 私のように、マイケルと青春時代を過ごした人間は言わずもがなですが、特に、若い世代の人間に「キャプテンEO」は見てもらいたいです。「THIS IS IT」を見て「マイケル・ジャクソンって…なかなかやるじゃん」と思った人々たちに見てもらいたいです。

 あの「THIS IS IT」のマイケルは、全盛期を過ぎた人間の、手抜きだらけのリハーサル映像だったと言う事を知って欲しい。やはり、全盛期のマイケルのすごさを、ぜひ大画面で確認してもらいたい、そう願ってます。

 なので「キャプテンEO」を往年の“懐かしの3Dアトラクション”として捕らえるのではなく、20世紀後半に作られた、優れたミュージカルピース(マイケル自身は“ショート・フィルム”と呼んでましたね)として、楽しむべきだと、私は思います。

 いやあ、実際、この頃のマイケルは、カッコいいよ。彼の音楽は全く古びていないし、歌う声に張りがあるし、ダンスも目にも止まぬほどのキレの良さ。すごいです。

 「キャプテンEO」の中で、マイケルは2曲を歌い踊っているけれど、メインの“We are here to change the world”の音源は、マイケルの5枚組のボックスセットにしか入っていない曲(少なくとも私の知っている限りは…)レアな曲だし、ビデオに至っては、マイケルのビデオ全部入りとして発売された「Visions」にも未収録という貴重な曲。ヘビーなファンはともかく、私のようなライトなファンなら、「キャプテンEO」は、たまらないでしょう。ちなみに、もう一曲は“Another part of me”で、アルバム「BAD」に収録されているし、別バージョンだけど、ビデオも「VISION」に収録されています(ライブバージョンでこれはこれでカッコいい)。

 私は一時間並んで見たけれど、悔いはありません。ぜひ、皆さんも、ご一覧あれ。

 ちなみに私は「アフター6パスポート」で入園しました。大人3100円です。たぶん一番安いチケットです。その代わり、午後6時過ぎでないと入れませんが…(笑)。宵っ張りな人には、案外いいかもね。

 私は昼間は別の事をし、夕方になってからノコノコと出かけ、チケット買って、6時に入園して、まっしぐらに「キャプテンEO」を並んで見ました。「キャプテンEO」が終わって出てきたら、ちょうど「夜のパレード」の時間だったので、そのままパレードを見物。キラキラして、全然エコじゃなくって、素敵でした。パレードの後は「スター・ツアーズ」に行きました。出てきたら、ちょうど「花火」だったので、花火を見ながら園内を移動して、「ホーンテッド・マンション」に入って、その後は「カリブの海賊(パイレーツ・オブ・カリビアン)」に行って、その日はお終い。滞在時間が4時間の割には楽しめたんじゃないかな?

 スター・ツアーズ。好きです。たぶん、ディズニーランドで一番好きなアトラクションかもしれない(笑)。毎度変わらずのアトラクションなんだけれど、一言で言うと、ジェットコースター疑似体験アトラクションと言うか、絶対に安全な落ちない落ちものアトラクションって感じ? このアトラクション、どうやら人気はあんまり無くて、割とすぐに入れるのですが、ところがドッコイですよ。私は好きです。

 ホーンテッド・マンション。今の時期だけなのかもしれないけれど、いつもの奴に、ティム・バートン監督の「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の味付けがされていました。ディズニーランドも色々と頑張っているようです。

 カリブの海賊。なんと、ジャック・スパロウがあっちこっちにいました。以前はいなかったのに(笑)。それも、気持ち悪いくらいクリソツでもうビックリです。

 たった四時間だったけど、ディズニーランド満喫。唯一の心残りは、リアルな落ちものアトラクション(例えば、スペース・マウンテンとか)に乗れなかった事。だって、すっごく並んでいるんだもん(笑)。4時間しかいられないのに、2時間も並ぶわけにはいかないでしょ(爆)。

« 劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」を見てきました | トップページ | メト・ライブビューイングで「ドン・カルロ」を見てきました »

音楽一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/50548959

この記事へのトラックバック一覧です: 「キャプテンEO」を見てきたよ:

« 劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」を見てきました | トップページ | メト・ライブビューイングで「ドン・カルロ」を見てきました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん