ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 皇室は試金石?[2010年12月第1週・通算44週] | トップページ | 朝練してます! »

2010年12月 6日 (月)

ネモリーノ、入って来て~

 …と言われて、レッスン室に入りました。はい、声楽のレッスンに行ってきたんです。部屋に入るなり「話し声のポジションが低いですねえ…」とご指摘を受けました。自分では大丈夫と思ってましたが、まだノドのダメージが回復していないみたいです。話し声に関しても、なるべく普段から高いポジションの声で話せるように、心掛けていきたいと思います。

 さて、今回のレッスンから、6月の発表会に向けての準備になりました。私が歌うのは二重唱の「Una Palora O Adina/一言だけでも、おおアディーナよ」と、アリアの「Una furtiva lagrima/人知れぬ涙」の二曲です。ドニゼッティ作曲の「愛の妙薬」の主人公、ネモリーノが歌う曲です。

 一応、宿題の「コンコーネ」も三曲予習してきた(譜読み、大変でした…)のですが、そっちに触れることは全く無く、さっそくのネモリーノです。

 発声練習も何もせず、まずは二重唱のテキストを読む事から。

 頭から読んで、かなりの数の発音を直されて…。テンポを示されて(かなり早いです)、今回の二重唱の練習は終わり。次回までにしっかりとテキストを読み込んでおく事。ペラペラになるまで読んでくるように言われました(汗)。うひゃー、大変。

 この二重唱、前半にたっぷりとレチタティーヴォがあります。レチタティーヴォって、五線に書かれたセリフで、主にオペラの芝居部分を進行させるための歌でして、歌う半分、語る半分って感じの歌です。歌の声でセリフを言う…って感じかな? だから、歌いながら語り、語りながら歌う、みたいな感じなので、日常生活で使っている話し言葉を少しずつ、歌声にシフトしていくといい感じになりそうです。ま、本番までに、どれくらいシフトできるかは分からないけれど、歌声で話せるようになると、これらのレチタティーヴォもだいぶ楽に歌えると思うんです。

 歌手の人たちの話し声が美しいのだって、彼らは結構、話し声の中に歌声の要素を交えて話しているから美しいんだよね。いよいよ、私も、あの線を狙っていかないといけないのでしょうね。ファイト。

 残った時間でアリアの練習です。アリアは「まずは、歌ってみようか~」というわけで、いきなり歌いました(テノールなら知ってて当然という名曲なので、歌詞の読み合わせとか、音取りとかは、不要なんですね)。もちろん、撃沈ですが…まあ、あと半年あれば、どうにかなるか、ならないか…微妙な線です。

 カデンツァの部分をひとまず、口移しで教わりました。ちなみに、私が歌うカデンツァはCDなどでよく聞くアレと同じです。ちなみにこのカデンツァの最高音はAだそうです…。私の音域の外じゃん(汗)。Asだって無理だけど、Aは絶対無理よ。…つまり、あと半年で音域を半音広げないといけないわけだ…。

 とにかく、カデンツァの部分は、リコルディ社から出ている「リッチのカデンツァ集」を参考にすると良いそうなので、今度機会があったら、銀座に行って、リッチのカデンツァ集を見てみます(たぶん、買っちゃうかな?)。

 とにかく、この手のアリアは、往年の名歌手の歌をマネしましょうと言われました。先生のお勧めはウンダーリヒです。で、さっそくググってみましたが、彼はドイツ人なので、ドイツ語歌唱のヴァージョンしか見つかりません。ううむ、イタリア語で歌っていないと、わたしゃ、ドイツ語の歌詞で憶えっちゃうじゃん。…残念ながら、ウンダーリヒは却下です。

 じゃあ代わりは…と言っても、私の大好きな、デル・モナコとか、ドミンゴとか、カルーソとか、ジーリとかじゃ、声が重いので、参考にならないのよねえ…。と言うか、彼らのマネをして歌うと、絶対にノド壊すし(涙)。

 …となると、パヴァロッティとか、タリアヴィーニあたりをお手本にするべきかな? それと、前回のレッスン記事に貼り付けたフローレンスは、若手だけど、今っぽい歌い方だし、なかなかいい線いっていると思います。この三人あたりを参考にして、いいトコ取りでマネをしてみよう。もちろん、一番いいお手本はキング先生ご自身の歌唱だけど…ね。

 それにしても、今回の発表会のために、銀座に行って、イタリアのリコルディ社の「愛の妙薬」のヴォーカル譜(全曲)を購入した私です。だけど、こんな楽譜、初心者が買うわけないよね。本当の声楽初心者なら、たとえ発表会と言えども、普通に町の楽器屋で売っている日本の出版社の楽譜で十分だもの。

 それを銀座まで出かけ、オペラの全曲譜じゃないと載っていない二重唱を歌うなんて、やはり、もはや、私は声楽の初心者じゃないんだろうなあ。少なくとも、本当の初心者から見れば、リコルディ社の譜面を持っている段階で「この人、初心者じゃない」って言われそう…。だって、ドミンゴやパヴァロッティやカレーラス、いやいや、世界中の歌劇場で活躍している一流テノールと全く同じ楽譜を使って、私も歌うんだよね。譜面だけなら“プロ並”(笑)だから…。うん、やっぱ、すごいよ、初心者じゃないかも。

 それに「愛の妙薬」のテノールパートの楽譜を見ると、すごく細かい譜だし、音も結構高いし…。去年の今頃なら「これ、絶対に無理!」って断言しちゃってましたよ。それが、今は「大変だし、博打モノだけど、頑張ってなんとかしたい」って、思えるもんだものなあ…。いやあ、進歩したんだなあ、私。

 ゆっくりだけど、着実に前に進んでいるなあ。いやあ、我ながら、良く頑張った。この勢いで「愛の妙薬」も自分のものにしていきたいです。

 今回、二重唱もアリアも、なかなかハードルが高い曲ですが、きっと、この二曲は、とても良い勉強になると思います。歌劇団で「木綿のハンカチーフ」を歌って、次のステージに駒を進めた私です。きっと、この二曲を歌うことで、また次のステージに駒を進めることができるのだろうなあ。なんか、ワクワクしちゃいます。

 さあ、これから半年、ドニゼッティ漬けの、愛の妙薬漬けです。大変だけど、楽しそうです。頑張っていこうっと。

« 皇室は試金石?[2010年12月第1週・通算44週] | トップページ | 朝練してます! »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

愛の妙薬漬けの日々、いいですねぇ。

カルーソー、ジーリが重いという表現、なるほどそうなのかぁと勉強になりました。
もう少しリリコな感じ?
スキーパも程度の差なのかなぁ。

http://www.youtube.com/watch?v=4LgQw_AYddg

僕はなんと言ってもGeorges Thill(ジョルジュ・ティル)が大好きなのでYoutubeを探したのですが見つからない、録音されなかったのかな?
まあ、あったとしてフランス語ですが。(笑)

代わりにティルの先生である、ルチアのが見つかりました。

http://www.youtube.com/watch?v=_z7_uok7hNg

>Sonoreさん

 「人知れぬ涙」そのものは、すべてのテノールの必須レパートリーですから、どんな声の人でも歌いますが、作曲者であるドニゼッティは、いわゆる“ベルカント・オペラ”の人ですから、いわゆる『軽くてキレイな声』を想定して作曲したのだと思われます。また、私自身の声が、かなり軽いので(キレイかどうかは、はなはだ疑問)、そんなわけで、お手本としては、やはり、軽めの声の人を求めるわけです。

 スキーパは軽いですねえ…たまたまでしょうが、リンクされた画像での歌い方だと、ちょっと発声的な問題を抱えているようで、マネをしたら、こっちも壊れてしまいそうですが、もう少し、響きと深みのある声で歌ってくれたら、いいお手本になったと思います。

 ルチアというテノール歌手は知りませんでした。いい、勉強になりました。感謝です。しかし、自由な歌まわしをする歌手さんですね。実に参考になります。私もちょっとマネしてみようかな? しかし、この方の声も、かなり重いですね。しかし、テノールはやはり重い声の方が人気が出るみたいですから、一流歌手の歌唱はたいてい重いのです。これは仕方がないです。

 私は声が軽いので、重い声の人の歌う方をマネすると、ノドが壊れてしまうので、マネをするにしても、マネをする相手を選ばないと、大変な事になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/50219954

この記事へのトラックバック一覧です: ネモリーノ、入って来て~:

« 皇室は試金石?[2010年12月第1週・通算44週] | トップページ | 朝練してます! »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん