ひとこと

  •  中国共産党の理論誌『求是』で「中国こそが世界最大の民主国家だ」というタイトルの文章が掲載されているそうです。中国って民主国家だったんだ…。そう言えば北朝鮮も“朝鮮民主主義人民共和国”と名乗っている民主主義の国だったんだよなあ。うっかり忘れていました。たぶん、彼らの言う“民主国家”や“民主主義”って、我々が知っているモノとは違うんだろうね。でなきゃ、辻褄合わないし…ね。ちなみに我が国日本は、議院内閣制の立憲君主国であり天皇陛下を擁している事から、国の種類(?)としては『帝国』または『皇国』というべきなんだけど、そうは名乗っていないって事、知ってた?
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 教本を買ってきてね | トップページ | 最近の悩みや心配事[趣味の音楽編] »

2010年12月15日 (水)

ヴァイオリンにテープを貼ってみた…驚愕の事実が発覚!?

 先生に、ヴァイオリンにシールを張りなさいと言われた私は、さっそくどうやってみようかと思い、まずは楽器屋にヴァイオリン用のシールを買いに行ってみました。

 さっそく“フルートの事だとちょっとヨソヨソしいけれど、ヴァイオリンの事になると、途端に熱心になる”いつもの店員さんに相談しました(笑)。そしたら、なんと、ヴァンオリン専用のシールなんてものは、この世に存在しないそうです(おぉ!)。あの、子どもたちのヴァイオリンにペタペタと貼られているのは、普通に文房具屋に売っている、コクヨの「タックタイトル(丸型)」という事が判明。なので、楽器屋ではなく、シールは普通に文房具屋で購入なんだそうです。

 なので、その足で私は文房具屋に…向かいませんでした(爆)。だって、コクヨの「タックタイトル(丸型)」なら売るほど持っているモン。それに、普通にタックシールを貼るんじゃ、子供っぽいから、大人としては、もう少し何か工夫をしても良かろうと思った次第です。

 で、最初に思ったのは、ファンシーなデコキャラシールを貼る事(爆)。奇抜でしょ、遊び心があるでしょ。…でも50に近いオッサンのやる事じゃあないか…、却下。

 次は丸型タックーシールを貼るんだけれど、指のポジションそれぞれではなく、ギターのように当該箇所のネックの真ん中に一つずつ貼るって奴、オシャレでしょ。でも、これの問題は、目安にはなるけれど、あんまり正確ではない事と、篠崎教本のデフォルトのやり方にも近いので、何となくイヤって事(笑)と、3弦4弦を弾く時は左手の影になって見えずらい、などなどの理由から却下。できれば、シールの存在は目で見なくても、指先の感覚で分かる方が良いよね。

 で、最終的に、ギターっぽいとカッコいいかも…と言う発想で、ギターのフレットの様に、横一直線でテープを張る事にしました。で、このテープの上を押さえれば良しという事にしました。貼ったテープは、楽譜を貼るのに使っているジャスコ(笑)の医療用の“サージカルテープ”。実はヒイロ先生から、ヴァイオリンにシールを貼るなら、キレイに剥がすことも考えて、紙のテープがいいよって事前に言われていました。それもあって、紙じゃなく不織布のテープだけれど、サージカルテープにしました。これは粘着力がホドホドに弱いので、割とキレイに剥がれるんですよ。それに、結構肌触りもいいし、ちょっと厚めだし、指先でテープの有無が分かるし、今回の目的に、かなり合致します。ただ、当初はギターのフレット並にテープの幅を細くして貼りたかったけれど、それだと、ちょっと分かりづらいし、音程もシビアになりすぎてしまうので、多少太くカットしたものをミヤマのネックに貼ってみました。…なので、ちょっとダサくなってしまいました(汗)。

 結果は…あんまりかっこ良くないけれど、まあ十分実用的です。

 ちなみに張り終えて、テープとテープの間隔を計測してみたところ、全音だと32mm、半音だと16mmとなりました。篠崎教本だと、全音だとテープ間隔が34mmになるそうだから、ミヤマはちょっとネックが短いヴァイオリンなのかもしれません。

 どれくらい短いヴァイオリンなの? ってわけで、念のため、弦長を計ってみたら、322mm。平均的なフルサイズのヴァイオリンの弦長は、328~330mmだそうです。やっぱ、ミヤマ、短い(汗)。標準的なフルサイズ(4/4モデル)よりも約1cm短い(汗)。

 ちなみに、フルサイズよりも、ちょっとだけ小さなレディースモデル(7/8モデルと言います)だと、弦長は計算上、288mm程度になるはずだから、ミヤマは7/8モデルよりは3cm長く、フルサイズよりは1cm短い楽器です。つまり31/32モデル(爆)、立ち位置としては「小さなフルサイズの楽器」って事かな。

 そうか、ミヤマはチビだったのか…。しかし、弦が短ければ、そりゃあ、音量だって小さくなるわな(笑)。納得。

 しかし、私、手なら十分大きいです。別に“小さめなフルサイズ”を使う理由はないです。いやむしろ、手は大きい方なので“大きめなフルサイズ”くらいの方がいいんだよねえ…。ははは、どうしよう? 成人男子用のちょっと大きめなフルサイズモデルに買い換えるか? でも、音が小さい以外は、ミヤマの事は、意外と気に入っているんだよねえ。さあ、どうしたもんだか。

 ま、買い換えについては後日改めて考える事にして、とにかく、テープを貼ったら、自分でも驚くほど、音程がマシになりました。ははは、これに慣れたら、もうテープ剥がせなくなっちゃうかも…。まるで悪魔のテープだね。子どもは日々成長するから、その初歩の段階でシールやらテープやらの補助具を使っても、いずれは卒業するだろうけれど、こちとら日々老化&退化していく中高年なんだから、一度、楽をおぼえたら、もう一生、そこから抜け出せないよ(笑)。

 ま、と言うわけで、ミヤマにサージカルテープを貼った訳だけれど、どうにも微妙にカッコ悪い…。なので、今企んでいる事は、黒いマスキングテープを入手する事。マスキングテープはサージカルテープ同様に、不織布(あるいは和紙)だし、粘着力は弱いし、厚手で感触もいいし、何と言ってもサージカルテープと違って、カラーバリエーションがある事。おまけに安いし(爆)。で、この黒マスキングテープを今貼っているサージカルテープと置き換えると、遠目じゃ目立たないけれど、私にはよく分かる、魔法の目印テープの出来上がり~ってわけだ。

 なので、近いウチに大きな建材屋さんに行って、マスキングテープを漁ってこようっと。

« 教本を買ってきてね | トップページ | 最近の悩みや心配事[趣味の音楽編] »

ヴァイオリンのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/50300843

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイオリンにテープを貼ってみた…驚愕の事実が発覚!?:

« 教本を買ってきてね | トップページ | 最近の悩みや心配事[趣味の音楽編] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん