ひとこと

  •  ああ、腰が痛い…。またまた、ぎっくり腰をやっちまいました。今回の原因は不明。先日、何となく腰が痛いなあ…と思って、整体に行ったら「ぎっくりですね」と言われちゃいました。ぎっくりと言われる前は何となく痛かった程度だったのに、ぎっくりと言われた途端にめっちゃ腰が痛くなりました。…言霊って、すごいなあ。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« スズネのコブとキッカの出血 | トップページ | ネモリーノ、入って来て~ »

2010年12月 5日 (日)

皇室は試金石?[2010年12月第1週・通算44週]

 さて、本日はフルートの発表会でございます。体調不良と言うか、疲労困憊のままの発表会です。熱はあるは、頭の中では蝉が鳴いているは、頭痛と目まいと吐き気はするは…きっと会場でもグッタリしているんじゃないかな~。ま、いくら大きな失敗をしても、命まで取られる事はないので、思いっきりグダグダしてきます。ところで、皆さんがこの記事を読んでいる頃、私は一体、何をしている事でしょうか? フルートの発表会の様子は、水曜日あたりから記事としてアップしますので、しばらくお待ちください…ね。

体重:97.1kg[-0.8kg:-11.8kg]
体脂肪率:29.3%[+0.6%:-3.5%]
BMI:30.7[-0.2:-4.2]
体脂肪質量:27.6kg[-0.5kg:-10.5kg]
腹囲:94.5cm[-0.2cm:-9.8cm]
     [先週との差:2010年当初との差]

 おたびダイエットは26週目です。いまだ停滞期ですが、もう焦らない事にしました。今の目標は“時間をかけてでも、体重を落とす”です。とにかく、太らない事が肝心ですね。

 さて、先日、参議院本会議場で、議会開設120年記念式典が行われたそうです。

 そこで、民主党の中井洽衆議院予算委員長[前国家公安委員長]が、来賓の秋篠宮殿下ご夫妻が、天皇皇后両陛下のご入場まで起立されて、陛下のご入場を待っていたところ「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか」と大きな声で両殿下に向かって野次を飛ばしたのだそうです。

 野次にしてはヒドいですね。まさに暴言です。この方の皇室に対するお気持ちというのが、見えるような気がする発言です。ちなみに、立ちっぱなしと言っても、時間にして約5分ほどだったそうです。で、天皇陛下が到着され、着席なされたところで、秋篠宮殿下がまだ立っていらっしゃったにも関わらず、中井氏はさっさと着席されたそうです。もちろん、そんな不謹慎な行動をとった国会議員はこの方、お一人だけだったそうです。

 この中井氏は、今年の1月12日[つまり民主党が政権与党になって以降]に、在日本大韓民国民団(民団)中央本部で行われた新年会に出席して“在日外国人参政権”を民団相手に確約してきた政治家さんです。それと、先日、元北朝鮮のテロリストである金賢姫氏を日本に招いて、世論から大きな反発を受けながらも、国賓を超えるほどの待遇で接し、接待三昧をした責任者でもあります。どんだけ、韓国ベッタリな反日政治家さんなんざんしょ。そういう人が、国家公安委員長をやっていたという事実に背中が寒くなります。あ、今の国家公安委員長もかなり痛い人なんだけれどね(涙)。

 日本と日本国民を大切に思っていない人、つまり、反日な政治家が、国家公安委員長をやってはいけないと思います。

 …と、別段、今回はこの中井氏を糾弾するのが目的ではありません。ただ、彼のような反日/売国思想を持った人が国会議員をやっているケースがあまりに多すぎるのが問題だなあ、我々一般国民にとって悲劇だなあ、と思っている次第です。

 反日/売国政治家は、国益を損なう存在です。国益とは、私たちの安全で幸せな生活の事です。彼らが暗躍することで、私たちの暮らしの基盤はドンドン弱体化し、私たちの共通の財産はドンドン外国人にむしり取られてしまいます。

 だから、与党であれ、野党であれ、反日/売国政治家などという存在は、許されざる存在であると私は思います。いや、本来、在日外国人の方々にとっても、反日/売国政治家などは唾棄すべき存在のはずです。なにしろ、自分が現在、生活をし、財産を築き、子育てをしている国の国益を損ない、間接的に在日外国人である自分の現在の生活をおびやかす存在なのですから。反日/売国政治家の存在を歓迎しているのは、各国の工作員(いわゆるスパイ)とその周辺産業に従事している方々だけでしょう。

 無論、それぞれの政治家さんたちにだって、立場の違いもあるし、考え方の違いもあるし、背負っている利権団体も違うでしょう。それはそれでOKです。だから色々な考えの持ち主が政治家をやっていていいのです。しかし、それでも、日本を愛している事、日本人の生活を大切に思っている事、未来の日本を今よりもずっと良い国したいと願っている事。これらを持っている事は、日本国の政治家として、最低限の必要条件と思います。ところが、反日/売国政治家という人は、これらのものを一切持っていないわけなんですよ。だから、そんな人は政治家であっては、いけないと思います。

 私たちに出来ることは、実は多くありません。しかし、有効な手段はあります。それは、そういう反日/売国政治家を選挙の時に当選させない事です。逆に言うと、地元の有権者たちがウカツで、私たちの生活を害する企みを持った候補者に投票してしまうから、こうなってしまったのです。

 だから、こういう政治家もダメなんだけれど、それを当選させてしまった有権者は、もっとダメなんだと思います。とは言え、有権者たちは、そんな政治家だと知らずに/見抜けないままに、投票してしまったのでしょうね。

 というのも、その政治家が、反日/売国政治家かどうかを見抜くというのは、忙しい毎日を過ごしている一般有権者には難しい事のかもしれません。

 だって、普通の人は、ネットもやらなきゃ、自分で政治の事を知ろうともしないもの。日々の生活に追われて、毎日の生活を忙しく生きているわけで、不勉強と言えば不勉強。だから、断片的にテレビから流れる情報に影響されて、深い考えも無しで、マスコミのお薦めの政治家/政党に、なんとなく投票しちゃうんだろうね。

 だから、民主党が政権取っちゃったわけだし…。

 もちろん、政治家の方だって、選挙対策という面もあるのでしょうが、選挙の時は、カッコいいことばかり言って、本音はなかなか話さないし、もちろん、反日/売国思想は、その間だけでも封印して、目立たぬようにしているわけだし…。

 そう言えば、先の衆議院選挙で民主党が言ってた、あのマニフェストは、一体どうなってしまったのでしょうね。日本を変えるんだ、と言ってました。確かに日本は変わったけれど、世界中に馬鹿にされる、私たちの生活を逼迫させる、悪い方向に変わったような気がします。

 反日/売国政治家を見抜くってのは、実はなかなか難物なんですよね。だって「私は日本が嫌いです」と心で思っていても、口に出してなかなか言わないし、胸に「反日/売国」バッチをつけていてくれたらいいのですが、そんな事は絶対に無いでしょ。彼らだって馬鹿じゃないから、選挙の時には、きちんと偽装工作をして、反日/売国思想なんて絶対に出さないし…ね。

 でも、今回の事件で一つ分かった事があります。それは、反日/売国の方々は、皆、一様に皇室が嫌いか、あるいは、皇室を軽んずる傾向があります。なので、皇室に対する態度を見れば、その政治家が、反日/売国(私たちの生活をおびやかす思想の持ち主)か、そうでないかが分かります。

 例えば、昨年の12月に中国の習近平国家副主席(次の中国の国家主席になる予定の人)が来日した時に、強引に天皇特例会見を行わせた、小沢一郎民主党元幹事長と鳩山由紀夫元総理なんかも、陛下を政治利用するだけして、陛下に対する敬愛の念なんて全くない政治家さんですね。

 …って、個々の政治家をあげつらうのも、今回の目的ではありません。

 でも、皇室に対する距離をどう取るかで、その政治家さんの反日/売国度が分かるなら、そこに着目して、その政治家を格付けしてあげればいいんですよ。いわば、そこをチェックポイントにしてあげると分かりやすい。

 そういう意味では、皇室ってのは、一つの試金石で、例えば、皇室の方々に対して、どういう言葉使いをするか、どんな態度をとるか、こんな事でも、その人の反日/売国度が分かるってもんです。

 私は彼らに対する敬称として「~陛下」「~殿下」という言葉を使わずに「~様」なんて言葉を使う人間は、天皇陛下を「日本王」と呼ぶ、中国や韓国などのマスコミと同程度のレベルの反日/売国人間だと思ってます。と言うのも、人にはそれぞれにふさわしい敬称ってのがあるわけだからね。天皇陛下は“王”じゃなく“王”よりも高位な“天皇”なんだよね。だから天皇陛下を“日本王”と呼ぶのは、我が国と皇室に対する侮蔑なんだよね。同様に「~様」という敬称も、皇族の方々に対して使うなら、私はそれを侮蔑表現だと解釈してます。そこんとこ、よろしく。

 それに、天皇陛下は、現憲法下では「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」なんだから、個人的好き嫌いはともかく、日本を愛し、日本国民を大切に思っている政治家なら、公的な姿勢/態度においては、その象徴たる天皇陛下も日本国民同様に、大切に思い、敬愛するはずだよね。少なくとも、護憲派の政治家なら、ここはきちんとしているはずです。ところが現状は、護憲派の政治家の多くは天皇陛下を軽んじています。これは、天皇陛下&皇室どころか、彼らが護ると言ってはばからない日本国憲法すら護っていない事になります。大きな矛盾というか、嘘&欺瞞って奴です。政治家は、国民&自分の支持者の前で、嘘を言ってはいけません。

 しかし、反日/売国の政治家は、口でいくらキレイゴトを言っても、日本国が嫌いだし、日本人の安全と幸せを守るつもりはないのだから、当然、その象徴たる天皇陛下だって軽い扱いになるわけだ。うん、なるほど、分かりやすい。おそらく、日本国憲法だって単なる方便として取り上げているくらいでしょう。日本国憲法&日本の法律も、軽く見られたものです。

 とにかく、次の選挙(いつになるんでしょうね)では、私たちは自分たちの安全と生活を守るためにも、きちんと日本と私たちの安全と幸せをの事を考えてくれる政治家さんに投票しないと…ね。そのために、今から、自分の選挙区の政治家さんたちの言動は、常にチェックチェックだよ。少なくとも、反日/売国政治家さんに、うっかり投票しないためにも、その政治家さんと皇室との距離感をチェックするのは大切ですね。

 もっとも“皇室との距離感”と言っても、熱心な愛国者とか、天皇礼賛者じゃなきゃダメって意味じゃなく『自分のDNAに素直になろうよ』って事ね。日本人はそれこそ千年以上前から、先祖代々脈々と、天皇陛下を自分たちの帝として奉り、自然に敬ってきたわけで、そういう自分たちのDNAに刻み込まれた、自然に沸き起こる、皇室に対する敬意を、普通に持っている人を選べばいいんだと思う。皇室に対して普通の態度で接することのできる人は、きっと私たち日本国民に対しても自然体で思いやってくれるんじゃないかな? 違う?

 逆に反日/売国政治家ってのは、そういう思いがDNAに無いのか、あるいは洗脳されて自然な感情を見失っているのか、どちらか何でしょうね。思いがなかったり、洗脳されてしまった政治家って、私たちの代表としては、実にふさわしくないでしょ。だから、自分の老後や子どもたちの生活が幸せであるようにと願う人は、次はそういう人に投票しないようにしないとね。

 民主主義を衆愚政治にしないためにも、選挙をきちんと機能させないと…ね。でなきゃ、民主主義の敗北、独裁政治の始まりって奴です。

« スズネのコブとキッカの出血 | トップページ | ネモリーノ、入って来て~ »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

おっしゃりたいことよく理解できます。
日本国天皇、皇室が試金石というのは確かにそうだと思います。
国旗、国家もそうなのかな?とも。

>Sonoreさん

 国旗・国歌は…どうかな? と言うのも、国旗・国歌に関しては、しっかりと“対応マニュアル”があるんですよ。だから、マニュアルどおりの受け答えをして、誤魔化せてしまうんじゃないかな? 少なくとも、我々的には、彼らの正体が簡単には見抜けないようになっています。だから、試金石としては…使いづらいかなって思います。

 あと、私、個人的に国歌である「君が代」キライです。単純に『音楽的な面白みにかける』ってのが理由です。思想を抜きにしても、国歌は変えてほしいと心の底から願ってます。…個人的には「さくらさくら」あたりを国歌にして欲しいなあ…と思ってます。あれ、良い曲だし、サクラは日本を代表する花だと思うしね、のんびりしていて平和的な歌だと思うし…ダメかな?

「君が代」きらい、あたりが難しいところだなぁと思います。
大日本帝国ではなく、日本国の国歌をどうするか?という議論すらされていない。
天皇陛下は未だに「大君」なのかどうか。

コメントありがとうございました
忙しくてなかなかレスどころかブログもかけていません。ごめんなさい
年末年始は体調崩しやすいですので、お気を付けくださいね

>Sonoreさん

>大日本帝国ではなく、日本国の国歌をどうするか?という議論すらされていない。天皇陛下は未だに「大君」なのかどうか。

 確かに個人的な見解はさておき、そういう事柄に対する、きちんとした統一見解のようなものは、論議されていませんね。いわゆる“先送り”って奴で避けてきたのかな? 本来、旧“大日本帝国”がアメリカに潰されて、傀儡国家である新“日本”が建国した時に、その辺りをきちんと論議すべきだったのだと思います。

 陛下は“象徴”と言うことになったけれど“象徴”と“大君”は同時に成り立つものなのか、国が変わったのに国歌が変わらないというのはいかがなものなのか? 難しいなあ、まだ話し合う時ではないのかもしれませんねえ…。

>橘さん

 忙しいのはお互いさまなので、気にしないでください。私も疲労困憊でどうしようかと日々泣きながら暮らしています。しかし、いくら疲れていても、趣味(つまり遊び)は、なかなか手を抜けないものです。おっと、もちろん、仕事も手を抜きませんよ。…だから、疲労の上に疲労を重ねてしまうのでしょうね。

 お互いに、健康管理に気をつけていきましょうね。

立場が違っても、「日本が好きだ」という柱を持っていれば、
それは分かりあえると思うのですが、
どうもそうでない人たちがいますね。

そもそも、「日本が好きだ」ってことだと、
それに基づいた善意の思考・行動で表れるはずです。

「日本が嫌いだ」という悪意の思考・行動パターンが
最近は某政党絡みで多々見られますが。

こうも「衆愚政治」を見せられると、
陛下が日本に存在されていることが、
特に大きくみえるものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%86%E6%84%9A%E6%94%BF%E6%B2%BB

>ひょっとこさん

 私は根が単純ですから、どうして“日本が嫌い”なのに、そういう人が日本で暮らしているんだろう? って思います。別に日本は移動や転居や自由だし、海外で暮らす事や国籍を離脱する事だって自由なのに、子どもでもあるまいに、なぜ、嫌いな日本で暮らしているのか、本当に理解に苦しみます。ましてや、日本が嫌いなのに、日本&日本人に尽くす仕事である、政治家や公務員やその他各種の公職についている人がいるのか、全く分かりません。

 別にそういう人に「出て行け」と言ってるわけじゃないんです。ただ、イヤだイヤだと言いながら、この国にしがみつき、まして公職についている事に、何らの自己矛盾を感じない、その鈍感さに呆れるばかりです。…もちろん、他意があるなら、別でしょうが…。

 それとやはり、日本の政治を衆愚政治に貶めたその原因は、教育とマスコミにあると思いますよ。この二つを使って、正当な選挙を無力化して、日本の政治、そして日本の国の姿を壊しているのだろうと思います。

 だから、この二つが立ち直らない限り、私たちの未来は暗いし、日本がダメになってしまうような気がします。

 侵略とは、武装した兵士がやってくるという分かりやすい形だけではないのだなあと思います。すでに放送局は、侵略され占拠されているのかもしれません。学校も…あぶないもんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/50210496

この記事へのトラックバック一覧です: 皇室は試金石?[2010年12月第1週・通算44週]:

« スズネのコブとキッカの出血 | トップページ | ネモリーノ、入って来て~ »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん