ひとこと

  •  もうすぐ選挙ですね。選挙は、それぞれがご自分の思想信条に従って投票すれば良いことですが、その際に、枝葉の小さな問題に捕らわれて、大切な事を見失わないようにしないといけません。選挙は人気投票でもなければ、誰かを懲らしめるための手段でもありません。我々の子どもたちに、日本という国を安心安全に譲り渡すために、今何をしなければいけないのか、そしてそれを目指しているのは誰なのか、そこらへんを見極めていくことが大切なのです。問題は今ではなく、未来なのです。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« フルートの発表会に向けて、ヴァイオリンのレッスンをしてきました | トップページ | あなたは何歳まで生きたいですか?[2010年11月第2週・通算41週] »

2010年11月13日 (土)

最近、お盛んなスズネ君

 スズネ君はどうやらオスのようです。と言うのも、こやつ、サクラにコナかけまくっています。「ねーねー、一緒に楽しいことをしようよ~」って感じで、四六時中サクラの側にいてアタックしてます。文字通り“アタック”していますので、モテモテのメス魚特有のウロコのはがれがサクラにも生じています。

 サクラはサクラで、決してスズネが嫌いというわけでもなさそうですが「今はまだ、ダメよ~。春が来たらね~」みたいな感じで、軽くイナシテおります。

 というわけで、スズネ×サクラの新しいカップルが誕生したようです。

 とにかく、この二匹、仲が良いです。まだ若くて、ピチピチしているので、見ていて気持ち良いですよ。最近のエサねだりは、この二匹とトートが担当していますが、この二匹はエサをねだる時に、チークダンスを踊るんですね。頬を寄せないながら、つかず離れず、水槽を右へ左へと泳いで渡ります。かわいいです。

 さて、そんなスズネ君ですが、よく見ると、顔が、下ぶくれになりつつあります。目がちょっと隠れ始めました。これは、いつか見た風景です…。ああ、ブニョだよ、ブニョ。

 最近のスズネは、若かった時のブニョみたいな肉瘤の膨らみ方をし始めました。ううむ、ブニョみたいになってしまうのかしら。ブニョは金魚としては、とても立派な肉瘤を持っていますが、あれは鑑賞魚としては立派でも、生命体としては不便でしょうがないでしょう。飼い主的には、そんなに立派な肉瘤にならなくてもいいのに…という気持ちがあります。だって、ブニョは、隆起した肉瘤のおかげで、ほとんど目が見えてませんから。

 スズネもブニョみたいに肉瘤が発達して、目が見えなくなってしまうのかしら。金魚として立派になってくれるのはうれしいけれど、それはちょっと、かわいそうだな。

« フルートの発表会に向けて、ヴァイオリンのレッスンをしてきました | トップページ | あなたは何歳まで生きたいですか?[2010年11月第2週・通算41週] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

へ~~(゚o゚)
金魚にもそういう世界が展開されるんですね(゚0゚)
メスとオス、ちゃんとわかれているのですね。
知りませんでした。
おもしろいです。

>かさん

 金魚も魚類、一応、有性生殖する生き物ですから、オスメスの区別はあるし、カップリングもあるみたいですし、ハーレムも形成するみたいですよ。

 ただ、金魚の場合は、雌雄を見分けるのが比較的難しいかな? はっきりした身体的特徴というのがないんですね。繁殖期になると、雄には追い星という斑点がエラに出ますので、それが決定的と言えますが、繁殖期以外には出ませんから、それ以外のシーズンだと…。

 1)体型…メスはでっぷりとし、オスは比較的スリムでシュッとしてます。
 2)肛門の形…メスは菱形、オスは比較的丸いです。
 3)糞…メスは太くて長い、オスは細くて切れ切れです。
 4)性質…メスは柔和で、オスは猛々しい奴が多いです。
 5)目つき…メスはバカっぽい目つきをしていて、オスは目つきが悪いです(笑)。

 ちなみに金魚の9割はメスだそうですから、大抵の金魚はメスです。ただし、美形金魚や高級金魚の中だと、オスの比率がグンと上がります。ま、動物の世界は、オスの方が、美しくて立派なカラダをしているものなんですよ。

 ちなみに、今回のスズネ君の雌雄判別の決め手は、ずばり、行動です。だって、あんな行動は肉食系男子しか取らないもん(笑)。

そんなに差があるものなのですね!!
これまた驚き!!

しかし金魚さん、丁寧に観察しないとわかりにくくもありますね。
逆に人間は生き物としては、意外と雌雄差がわかりやすいいきものなのでしょうかね~~。
人間は、けっこう骨格や体格が違いますし、声とかも違いますし、
個人差はありますが、8割がた一目見て男女どっちかわかりますよね。

犬やネコも飼っている人でないと、雌雄差わかりませんねーー。
飼っている人は見分けられるみたいですが。

サルは、人間のオスメスをちゃんとわかるらしく、
人間のメス(笑)をよりおそいかかってくる、と高尾山のおじさんは言っていました。
女性はなるべく外側を、といわれておかしな気持ちになりました。
やはり人間もアニマルなのですね。

>かさん

 飼い主だから分かるって部分はあります。なにしろ、相手は魚類ですからね。そりゃあ、分かりづらくて当然です(笑)。

 犬猫も、お好きな方は顔を見るだけで、雌雄の区別がつくようですよ。犬猫にも、オス顔、メス顔ってのがあるみたいです。

 おっしゃるとおり、人間は実に雌雄の区別がつきやすい動物なのかもしれません。サルほどの知性があれば、すぐに分かっても不思議ありません。人間の雌雄の刻印って、強いんでしょうね。よっぽどの事がない限り、女装や男装って、違和感を感じるものじゃないですか。つまり人間って“性的な”生き物って事なんだろうと思います。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/50007817

この記事へのトラックバック一覧です: 最近、お盛んなスズネ君:

« フルートの発表会に向けて、ヴァイオリンのレッスンをしてきました | トップページ | あなたは何歳まで生きたいですか?[2010年11月第2週・通算41週] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん