ひとこと

  •  もうすぐ選挙ですね。選挙は、それぞれがご自分の思想信条に従って投票すれば良いことですが、その際に、枝葉の小さな問題に捕らわれて、大切な事を見失わないようにしないといけません。選挙は人気投票でもなければ、誰かを懲らしめるための手段でもありません。我々の子どもたちに、日本という国を安心安全に譲り渡すために、今何をしなければいけないのか、そしてそれを目指しているのは誰なのか、そこらへんを見極めていくことが大切なのです。問題は今ではなく、未来なのです。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« アマチュア演奏家の皆さんは注意しましょう | トップページ | 楽観主義のすすめ[2010年10月第3週・通算37週] »

2010年10月16日 (土)

生意気なトート

 前回、スジエビのトートがエサをねだる話をアップしましたが、そのトートの活動が、ますます目に余るようになってきました。それはどういう事かと言うと、「スジエビのくせに生意気」って感じなんです。

 私は金魚を飼いながら、常に同時に水生小動物も飼ってきました。具体的に言えば、貝類やドジョウやエビたちです。今までだって、何匹もエビは飼ってきました。もちろん、スジエビだって、何匹も飼ってきました。

 その経験で言えば、エビ類と言うのは、実にペットとしての自覚のない奴らです。彼らは人間とは基本的に不干渉な関係にあります。こちらだって、彼らにはペットとしての仕事は期待せず、水槽の掃除屋さんとしての働きくらいしか期待してません。そういう、お互いの不干渉が、この世のルールだったはずです。

 ところがトートは違うんですよ。トートは人間と関わろうとするんですよ、生意気でしょ。

 人が水槽をのぞき込むと、最近では、真っ先にやってくるのがトートです。下手くそな泳ぎでスーっとやってきて、何やら不思議な、トートダンスを披露してくれます。それから、金魚たち(サクラ・スズネ・チグサの若い三匹ですが)がやってきて「エサくれ、エサくれ」ってやるんですね。

 普通、エビって、人の目を気にして、人の目を避けるように生活するものなんですよ。人の前で、ダンスを披露するエビって何?

 エサを水槽に入れると、誰よりも先にエサ場にやってくるのもトートです。そして、暴力的な金魚たちの中に混じって、しっかりエサをゲットしていきます。絶対に、あの態度は、金魚たちを歯牙にもかけていないというか、馬鹿にしていますね。なにしろ、平気で金魚たちの口の真ん前を素通りしますからね。普通のエビなら、食べられることを恐れて、絶対に金魚の口の前なんか通りません。トートは「オレ様を食べれるものなら、食べてみやがれ! 逆にこっちが、お前さんを食べちまうぞ!」って感じです。

 食事の時間以外でも、最近のトートの指定席は、エサ場付近なんです。いつでもエサ入れカモーン状態なんですよ。全然、人目も避けなければ、金魚も恐れていません。

 水槽の真中で、堂々と脱皮をして、ガンガン大きくなっていきます。ほんと、まるで怪獣ですよ、この子。

 エビなんて、水槽の掃除屋さんで、苔類を食べてもらうために水槽にいるんですが、トートがその手のものを食べている姿を見たことありません。彼が食するものは、金魚やドジョウそのものと、金魚のエサだけ。、

 ちなみに、トートの好物は、エビのすり身です。エビのすり身で作ったエサを入れると、狂ったように喜んで食べますもの…共食いって蜜の味なのかしら?

« アマチュア演奏家の皆さんは注意しましょう | トップページ | 楽観主義のすすめ[2010年10月第3週・通算37週] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

一度トートの写真をUPしてください。
一定の割合で大きくなり続けるってことは指数関数・・急に大きくなり始めるわけですね

>河童さん

 トートに限らず、今いる子たちの写真はいずれアップしたいと思ってますよ、もちろん。

 問題は、なかなか写真を取るタイミングが無いこと(汗)。水槽の生き物って、写真に取るのが、あれでなかなか難しいんですよ。まず、ピントが合わない事。こっちに都合の良いポーズを取ってくれない事。動きが速くて、被写体ブレを起こす事。私はカメラを持っていない事。私は写真を取るのがキライな事。…いやあ、難題山積です。

 一応、言い訳をすると、写真撮影も仕事の一環なので、カメラは基本的に職場に置きっぱなしなので、自宅にないんです。わざわざ持って帰ってくるのも面倒だし、妻のデジカメだと、性能がちょっと足りなくてうまく取れないんです。それに、私は基本的に面倒くさがり屋なので、ウチに帰ってまで、仕事の延長のように、写真は取りたくないわけで…。

 一番うれしいのは、妻が私の手を煩わせることなく、写真を撮影して私に提供してくれる事なんですが…彼女もなかなか写真を取らない人なので…。でも、いずれは撮影して、アップしたいと思ってます(この気持ちは本当ですよ)。

>一定の割合で大きくなり続けるってことは指数関数・・急に大きくなり始めるわけですね

 あ、それは考えたこともなかったです。でも、指数関数的かな? そういうわけでもなさそうですよ。だって、いくら脱皮しても、せいぜい一回りくらいしか大きくなりませんからね…。

 あと、トートは…その容姿は、かわいくないですよ。どっちかと言うと、不気味です。だって、エビだもん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/49750856

この記事へのトラックバック一覧です: 生意気なトート:

« アマチュア演奏家の皆さんは注意しましょう | トップページ | 楽観主義のすすめ[2010年10月第3週・通算37週] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん