お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« 体調は悪いけれど、声の調子はいいみたい(汗)[音源付き] | トップページ | いつの間にか、ピアノも習い始めていたみたいです(汗) »

2010年10月 6日 (水)

日課練習が増えました

 ヴァイオリンのレッスンに行ってきました。前回のレッスンは、練習スペシャルだったわけですが、今回のレッスンは、それを踏まえて、もう少し、日課練習を充実させましょうという事で、今後の日課練習として、次のような事をやるように教えていただきました。

1)ヴァイオリン体操

 まずはカラダ作りと言うわけで、カラダを柔らかくほぐしてから練習をしましょうって事です。やる部位は、右手首、右腕、左指、左腕です。

 右手首はイヤイヤをするみたいにブンブンとリズムに合わせて振ります。その時、右足で拍を刻みながら、右手首を四分音符、八分音符、三連符のリズムで振ります。案外、三連符は難しいです。右手は弓を弾く時のように、手が一直線上に動くように、手前と手元の間を何往復もします。

 左指は握って伸ばしてという運動を繰り返します。もちろん、各指ごとにです。左手はネックをスライドさせるような動きを繰り返します。

 つまり、エアヴァイオリンの動きを分割して行っているわけですね。これを行う事で、カラダのそれぞの部位を柔らかくし、かつ、筋肉をつけていきましょうって事です。この練習はヴァイオリンが無くてもできるので、時間を見つけて、毎日少しずつ行っていきたいです。

2)開放弦で弓の練習

 ここから先は、ヴァイオリンを使った練習です。まずは、全弓を使ってのロングトーンを始め、弓の動きの練習を丁寧に行います。しかし、これが非常に難しい。

 最近は鏡を見ながら、自分のボウイングを確認してますが…いやあ~、涙で前が見えなくなるほどヘタッピ。ほんと、どうしましょ。こりゃあ、普通に練習重ねても上達しねーぞー。何か、手をうたないとダメだろうなあ…。

3)第一ポジションでの左指の練習(各指練習)

 開放弦と各指の練習。指中心で練習をするのがポイントで、たとえば、1指の場合は、開放弦と1指を交互に弾くのを、4~1弦で繰り返して行う。1指を一通りやったら、2指を行うというように、指中心で行う。これは今までも散々やった練習です。これをやっていると、少しずつですが、ヴァイオリンの音程が当たるようになります。

4)第一ポジションでの左指の練習(指のポジション練習)

 開放弦をドと見立てた時の、ドレミファソの練習。今度は弦中心で、4弦で一通りやったら、3弦、2弦、1弦と順番に行う。各弦ごとに行う練習は、以下の4つのパターンを順番に行うこと。

 4-1)開放弦をドと見立てた時の、ド・レ・ミ・ファ・ソ
 4-2)開放弦をドと見立てた時の、ド・レ・bミ・ファ・ソ
 4-3)開放弦をドと見立てた時の、ド・bレ・bミ・ファ・ソ
 4-4)開放弦をドと見立てた時の、ド・bレ・bミ・ファ・bソ

 これを行う時は、まずはピアノでその音を覚えて、歌ってカラダに入れます。そしたら、これらの音を音名(と五線譜での位置)を頭に浮かべながら、実際にヴァイオリンで弾いてみる。最初のうちは、音を(耳と指で)覚えることを主眼に行い、だいたいカラダに入ったら、メトロノームを加えて練習してみること。

 この練習は、まだまだ慣れないので、大変です。

 とにかく、やるべき日課練習が山盛りですわ(汗)。
 
 
 さて、本日の練習曲は「Bye Bye Blackbird」という曲でした。良く知らない曲ですが、ジャズのスタンダードナンバーだそうです。難しい事は抜きにして、この曲のメロディを弾いてみようという練習です。まあ、基本的には楽譜どおりでいいのですが、多少は崩して、ジャズっぽくしてみましょうです。

 簡単な曲ですが、やはり初見は通りません。この程度の譜面なら読めますし、歌えますが、ヴァイオリンでの演奏はムリです。まだまだ、色々と初歩の段階の基本的な技術が足りないんです。ま、焦っても仕方がないので、ゆっくりと上達していきます。

 どこも難しいのですけれど、特に、同じ指で弦を変えていく場所が数カ所あるのですが、そこは特に下手です。なので、その部分を取り出して練習してみました。先生の前で一通り通したので、後は宿題になりました。

 この曲の練習用に、先生がその場で、メトロノームに合わせて、ヴァイオリンで、この曲のカラオケを作ってくれました。このカラオケに合わせて、自宅で練習です。

 そして、今回は時間の都合でできなかったのですが、先生は実はもう一曲用意されていたので、その曲「When You Wish Upon A Star」もカラオケを作ってくださり、後は家で練習という事になりました。

 日課練習も増え、曲も二曲いただきましたので、これで(時間さえあれば)毎日ヴァイオリンの練習ができる、という寸法になりました。ああ、メデタイ。後は本当に、どうやって時間をひねり出すかって事です。ヴァイオリンの練習は、就寝直前の時間帯(だいた深夜の1時頃)にやっているのですが、どうしても眠気に負けちゃうんですよ…。

« 体調は悪いけれど、声の調子はいいみたい(汗)[音源付き] | トップページ | いつの間にか、ピアノも習い始めていたみたいです(汗) »

コメント

「Bye Bye Blackbird」は、実に良い曲ですよ。
Saxでの演奏とか、歌姫が歌っているのを聴くと胸がキューてね
で、コンサートの幕間での演奏は問題が多々あって断念しました
そんでもって今日、パブでセッション?してきますね。
ICレコーダーは暮れに購入しますので、音源はその後でね!。

 私は「Bye Bye Blackbird」を、元ビートルズのリンゴスターの歌唱で馴染んでいますので、この曲って、すごく能天気に思ってますが、その印象は合っているのかな? 軽快なリズムな曲ですね。ほんと、元のメロディーは単調きわまりないので、演奏者がいくらでも手を入れて演奏できそうな、展開力のある曲だなあと思ってます。

 パブですか? 英国風ですね(笑)。結局、ポピュラー音楽って、そういう酒の席でのこじんまりとした演奏が多いですよね。クラオタ一辺倒だった頃は、そういう場所に不慣れな私でしたが、最近はその手の場所にも抵抗が無くなってきました。良いんだか悪いんだか(爆)。

 好きな音楽を聞きながら、料理や酒やおしゃべりを楽しめるってのも、案外いいものだなあって思うようになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日課練習が増えました:

« 体調は悪いけれど、声の調子はいいみたい(汗)[音源付き] | トップページ | いつの間にか、ピアノも習い始めていたみたいです(汗) »

フォト
無料ブログはココログ