ひとこと

  •  理解できない事。昨今の中国では「脚臭塩」と呼ばれる、足の臭いのする食塩が蔓延しているそうだ。分析してみると、亜硝酸塩という毒物さえ混入しているそうだ。また逆に健康に良いとされている短鎖脂肪酸が入っているケースもあったそうだ。どちらにせよ、食塩というものは、ほぼ純粋な“NaCl”じゃないの? 国際食品規格委員会で定められた食塩の品質に照らし合わせても、亜硝酸塩とか短鎖脂肪酸などが入り込む余地は無いんだけれどなあ。食塩というのは、人間が生きていく上で必要不可欠なものなのに、その食塩の品質すら危ういなんて、ああ理解できない。ちなみに、足の臭いのする食塩とか言うけれど、足の臭いって…どんなんだろ? 足って、そんなに臭いか?
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 体調は悪いけれど、声の調子はいいみたい(汗)[音源付き] | トップページ | いつの間にか、ピアノも習い始めていたみたいです(汗) »

2010年10月 6日 (水)

日課練習が増えました

 ヴァイオリンのレッスンに行ってきました。前回のレッスンは、練習スペシャルだったわけですが、今回のレッスンは、それを踏まえて、もう少し、日課練習を充実させましょうという事で、今後の日課練習として、次のような事をやるように教えていただきました。

1)ヴァイオリン体操

 まずはカラダ作りと言うわけで、カラダを柔らかくほぐしてから練習をしましょうって事です。やる部位は、右手首、右腕、左指、左腕です。

 右手首はイヤイヤをするみたいにブンブンとリズムに合わせて振ります。その時、右足で拍を刻みながら、右手首を四分音符、八分音符、三連符のリズムで振ります。案外、三連符は難しいです。右手は弓を弾く時のように、手が一直線上に動くように、手前と手元の間を何往復もします。

 左指は握って伸ばしてという運動を繰り返します。もちろん、各指ごとにです。左手はネックをスライドさせるような動きを繰り返します。

 つまり、エアヴァイオリンの動きを分割して行っているわけですね。これを行う事で、カラダのそれぞの部位を柔らかくし、かつ、筋肉をつけていきましょうって事です。この練習はヴァイオリンが無くてもできるので、時間を見つけて、毎日少しずつ行っていきたいです。

2)開放弦で弓の練習

 ここから先は、ヴァイオリンを使った練習です。まずは、全弓を使ってのロングトーンを始め、弓の動きの練習を丁寧に行います。しかし、これが非常に難しい。

 最近は鏡を見ながら、自分のボウイングを確認してますが…いやあ~、涙で前が見えなくなるほどヘタッピ。ほんと、どうしましょ。こりゃあ、普通に練習重ねても上達しねーぞー。何か、手をうたないとダメだろうなあ…。

3)第一ポジションでの左指の練習(各指練習)

 開放弦と各指の練習。指中心で練習をするのがポイントで、たとえば、1指の場合は、開放弦と1指を交互に弾くのを、4~1弦で繰り返して行う。1指を一通りやったら、2指を行うというように、指中心で行う。これは今までも散々やった練習です。これをやっていると、少しずつですが、ヴァイオリンの音程が当たるようになります。

4)第一ポジションでの左指の練習(指のポジション練習)

 開放弦をドと見立てた時の、ドレミファソの練習。今度は弦中心で、4弦で一通りやったら、3弦、2弦、1弦と順番に行う。各弦ごとに行う練習は、以下の4つのパターンを順番に行うこと。

 4-1)開放弦をドと見立てた時の、ド・レ・ミ・ファ・ソ
 4-2)開放弦をドと見立てた時の、ド・レ・bミ・ファ・ソ
 4-3)開放弦をドと見立てた時の、ド・bレ・bミ・ファ・ソ
 4-4)開放弦をドと見立てた時の、ド・bレ・bミ・ファ・bソ

 これを行う時は、まずはピアノでその音を覚えて、歌ってカラダに入れます。そしたら、これらの音を音名(と五線譜での位置)を頭に浮かべながら、実際にヴァイオリンで弾いてみる。最初のうちは、音を(耳と指で)覚えることを主眼に行い、だいたいカラダに入ったら、メトロノームを加えて練習してみること。

 この練習は、まだまだ慣れないので、大変です。

 とにかく、やるべき日課練習が山盛りですわ(汗)。
 
 
 さて、本日の練習曲は「Bye Bye Blackbird」という曲でした。良く知らない曲ですが、ジャズのスタンダードナンバーだそうです。難しい事は抜きにして、この曲のメロディを弾いてみようという練習です。まあ、基本的には楽譜どおりでいいのですが、多少は崩して、ジャズっぽくしてみましょうです。

 簡単な曲ですが、やはり初見は通りません。この程度の譜面なら読めますし、歌えますが、ヴァイオリンでの演奏はムリです。まだまだ、色々と初歩の段階の基本的な技術が足りないんです。ま、焦っても仕方がないので、ゆっくりと上達していきます。

 どこも難しいのですけれど、特に、同じ指で弦を変えていく場所が数カ所あるのですが、そこは特に下手です。なので、その部分を取り出して練習してみました。先生の前で一通り通したので、後は宿題になりました。

 この曲の練習用に、先生がその場で、メトロノームに合わせて、ヴァイオリンで、この曲のカラオケを作ってくれました。このカラオケに合わせて、自宅で練習です。

 そして、今回は時間の都合でできなかったのですが、先生は実はもう一曲用意されていたので、その曲「When You Wish Upon A Star」もカラオケを作ってくださり、後は家で練習という事になりました。

 日課練習も増え、曲も二曲いただきましたので、これで(時間さえあれば)毎日ヴァイオリンの練習ができる、という寸法になりました。ああ、メデタイ。後は本当に、どうやって時間をひねり出すかって事です。ヴァイオリンの練習は、就寝直前の時間帯(だいた深夜の1時頃)にやっているのですが、どうしても眠気に負けちゃうんですよ…。

« 体調は悪いけれど、声の調子はいいみたい(汗)[音源付き] | トップページ | いつの間にか、ピアノも習い始めていたみたいです(汗) »

ヴァイオリンの学習記録」カテゴリの記事

コメント

「Bye Bye Blackbird」は、実に良い曲ですよ。
Saxでの演奏とか、歌姫が歌っているのを聴くと胸がキューてねbearing
で、コンサートの幕間での演奏は問題が多々あって断念しましたcrying
そんでもって今日、パブでセッション?してきますね。
ICレコーダーは暮れに購入しますので、音源はその後でね!。

 私は「Bye Bye Blackbird」を、元ビートルズのリンゴスターの歌唱で馴染んでいますので、この曲って、すごく能天気に思ってますが、その印象は合っているのかな? 軽快なリズムな曲ですね。ほんと、元のメロディーは単調きわまりないので、演奏者がいくらでも手を入れて演奏できそうな、展開力のある曲だなあと思ってます。

 パブですか? 英国風ですね(笑)。結局、ポピュラー音楽って、そういう酒の席でのこじんまりとした演奏が多いですよね。クラオタ一辺倒だった頃は、そういう場所に不慣れな私でしたが、最近はその手の場所にも抵抗が無くなってきました。良いんだか悪いんだか(爆)。

 好きな音楽を聞きながら、料理や酒やおしゃべりを楽しめるってのも、案外いいものだなあって思うようになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/49658224

この記事へのトラックバック一覧です: 日課練習が増えました:

« 体調は悪いけれど、声の調子はいいみたい(汗)[音源付き] | トップページ | いつの間にか、ピアノも習い始めていたみたいです(汗) »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん