お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« キレの良いリズムを心掛けましょう | トップページ | 何事にも先達はあらまほしき事なり[2010年10月第4週・通算38週] »

2010年10月23日 (土)

シッポナとブニョ、どっちが早いか

 早いか?と書いてあっても、競争しているわけではありません。どちらが、早く星になってしまいそうか?って事です。

 金魚というか、動物と言うのは、一般的に、死ぬまで元気なものです。ですから、大抵は、コロッと死にます。たぶん、それが幸せなんだろうと思います。転覆病や尾腐れ病で長い間苦しんで死ぬ子は、実にかわいそうだと思います。

 ひとまず、シッポナ(尾びれのない緋ドジョウ)とブニョは元気です。でも、時折、弱ったところを見せるようになりました。

 シッポナは、時折、水面に浮かんでいます。たまに体色が真っ白になっている事もあります。ポンプに吸われている時もあります。無論、大半の時間は普通にしてますので、大きな心配はいらないのかもしれませんが、それでもたまに良くない状況になるようです。心配です。

 ブニョは、時折、引っくり返っています。引っくり返っても、すぐに戻れば問題なのですが、ごくたまに引っくり返ったまま動きません。どうやら、転覆したまま寝ているようなのですが、いい傾向ではないと思います。

 ブニョはエサを食べようと、アタマを真下にして逆立ちをすると、そのまま転覆してしまうようになりました。カラダのバランスがかなり悪いのだろうと思います。意識がしっかりしている時は、正常姿勢を保っていられるようですが、気を緩めて寝ている時は、ダメな事もあるみたいです。

 と言うわけで、この二匹が心配でたまりません。夏の間は、どの子も元気だっただけに、調子の悪い子が出てくると、本当に心配です。

« キレの良いリズムを心掛けましょう | トップページ | 何事にも先達はあらまほしき事なり[2010年10月第4週・通算38週] »

コメント

こんばんは。シッポナちゃんとブニョちゃんとは、珍しいお名前ですね!おっしゃるとおり、生き物は具合の悪さをギリギリまで隠すので、ちょとでも異変があるととても心配ですよね・・・。どうか、元気を取り戻しますように!

ところで、以前アドバイスをいただいた試奏について、おかげさまで今日初めてトライしてみました!自分が初心者過ぎて、吹き心地で「コレ!」と惚れ込んだものは見つかりませんでした(^^;)が、ビジュアルでアルタスの限定品が欲しかったです。ゴールドのフルートも吹かせてもらい、感激でした。
次に試奏するときには、吹き込んでなじみ具合が見られるように曲を増やしたいと思います。色々とありがとうございました!

>アルビーナさん

 ほう、それでは、私とすれ違っていたかもしれませんね。私も今日、アルタスの限定品の試奏に行ったんですよ(来週のどこかで記事をアップします)。

 限定品は彫刻が見事だし、1307の方は部分的に14Kを使っているし、確かにビジュアル的に美しいですね。あれには、私も心が動きましたよ。ノーマルと限定品では、ちょっと音の特徴が違っていたのですが、そんな事は分かっても分からなくても、どっちでもいいです。

 楽器選びの大切な事は、音であれ、外見であれ、気に入ったかどうかです。演奏していて、楽しくて、思わず顔がほころんじゃうような楽器で演奏できれば、幸せじゃないです。

 試奏する時に、暗譜で(たとえ一部でいいので)吹ける曲があると、いいですよ。私は専ら、カーペンターズの「イエスタデイ・ワンス・モア」か、ビートルズの「イエスタディ」を吹いて試奏しています。こんなポピュラーソングで試奏する人間はなかなかいませんが、それも愛嬌の一つと思って、堂々とやっております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シッポナとブニョ、どっちが早いか:

« キレの良いリズムを心掛けましょう | トップページ | 何事にも先達はあらまほしき事なり[2010年10月第4週・通算38週] »

フォト
無料ブログはココログ