ひとこと

  •  ああ、楽しい。楽しすぎる。8月に入って以降の私のプライベートライフが楽しすぎる。楽しすぎて楽しすぎて、ちゃんと社会生活に戻れるかどうか、とっても不安。ああ、本当に楽しすぎて、人間、ダメになりそう…。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 日課練習が増えました | トップページ | すとんさんには、ドイツ歌曲はムリ »

2010年10月 7日 (木)

いつの間にか、ピアノも習い始めていたみたいです(汗)

 どうやら、気がつけば「ピアノ学習者」になっていたみたいです…。何の話かと言うと「なんちゃってジャズピアノ講座」に参加しているんですが、それがなかなかに楽しくて、またピアノ講座そのものも軌道に乗ったようで、どうやら、これからもコンスタントに月一回のペースで行われるジャズピアノ講座に参加して、ジャズピアノを“なんちゃってレベル”ですが、習う事になりそうだからです。

 ま、一種のグループレッスンのようなものなのですが、……いやあ、本当に、いつの間にか、ピアノも習い始めていたみたいですよ。

 さて、そんな私ですが、今月は何を学んだかと言うと『九種類のリズム』という奴です。『九種類のリズム』というのは何かと言うと、以下のリズムです。

Photo_2  これです。これを実際にアタマからガンガン弾いて、マスターしちゃいましょうという話でした。

 で、どうやったかと言うと、二人一組になって、まずは低音部の人はひたすら四分音符で基準のテンポ(速度はだいだい60前後)を作り、高音部の人はこれに合わせて『九種類のリズム』をやってみる、という感じです。

 これね、一つのリズムを一小節(四拍)ずつ繰り返して、次のリズムに移行するなら、簡単なんだけれど、一拍やったら、すぐに次のリズムに移行するとなると、ちょっと難しいです。途中で訳分かんなくなって、ボロボロになりました。はい、私のリズム感なんて、そんなもんです。

 で、これが誤魔化しながらも形になってきたら、次はリズムの輪唱で、低音部の人が『九種類のリズム』を始めたら、一拍遅れで高音部の人が『九種類のリズム』を始めます。つまり、低音部の人が1のリズムの時は、高音部の人は休み、一拍後に、低音部の人が2のリズムに移ったら、高音部の人は1のリズムを行い、次の一拍で、低音部の人が3のリズムを、高音部の人は2のリズムを…という感じで、9のリズムまで行ったら、また1のリズムに戻って…というのを延々やりました。隣に基準のリズムがいても、ちょっと???になってしまうわけなので、このリズムの輪唱は、想像を絶する難しさでした…私には。

 その難しさのポイントは、リズムそのものの難しさもそうですが、二人でやっているわけだから、相手のリズムも聞いて、そこに互いに合わせていくという、アンサンブルの難しさもあるわけなんです。

 私はヘロヘロのボロボロになりましたが、私とペアを組んだ方は、この課題を乗り越えていましたので、先生から「今度は各リズムの頭と終わりをそれぞれタイで結んだ形でやりましょう」と言われていました。つまり『九種類のリズム』をすべてシンコペーションにして、前に喰って行うという奴です。これは、半端なく難しいですが…こういうのを、ほぼ初見でサラっとできないと、ジャズは演奏できないんですよね…。なにしろ、ジャズでは、リズム&即興が命ですから。

 いやあ、リズムって、難しい難しい。こんな単純で簡単な事一つできないというのは、これから先、多くの学ぶべきことを抱えているというわけで、楽しみやら不安やらって感じです。

 ちなみに、私は「タイでつないで…」と言うのはできないので、メトロノームを入れて、裏拍でこの『九種類のリズム』にチャレンジしました。難しいですが、私レベルには、このくらいの難易度が学習レベルとしてはちょうど良さそうです。

 しかし、前回の記事でも書いたかもしれないけれど、こういうリズムものをやると感じるのは、ピアノという楽器の持つ“遅延性”です。これに慣れるのが案外やっかいです。

 ピアノの遅延性と言うのは、キーを叩いてから音が鳴るまでのタイムラグの事です。ほんの百分の一秒程度の遅れなんですが、これがすごく気持ち悪いんです。だから、周りのリズムに合わせて、オンタイミングでピアノを弾くと、音が出てくるのが、微妙に遅れて気持ち悪いんですよ。気持ちよいリズムをはじき出すには、周りよりほんの少し早めにピアノを叩くわけですが、そのタイミングがうまく分からずに、なかなかオンタイミングでピアノを鳴らせません。ここが難しい。単純に慣れで克服するしかないのですが、私のように、自宅にピアノのがない人は、この練習ができませんので、いつまでたっても慣れないので、これを克服できません(笑)。あ、もっとも、その前に、家でピアノの練習しないけれど(笑)。…ってか[アコースティック]ピアノ持ってませんから(涙)。

 さらにこの遅延性というので感じたのは、ベースです。私はエレキベースを(あまり上手くないですが)演奏します。実は今回、会場となったジャズバーには、会場備え付けのウッドベース(コントラバスの事をジャズ用語ではウッドベースと呼びます。ちなみに、同じ楽器を吹奏楽では弦ベースと呼ぶそうです)があったので、これを遊びで弾いた私ですが、これ、タイミングが早いんですよ。エレキベースよりもウッドベースの方が音の出るタイミングが早いので、リズムがタイトになってかっこいいんですよ。

 いやあ、これなら、たしかに、ジャズでウッドベースを弾いている人が、会場の都合でエレキベースの方が便利だからと言われても、エレキベースを弾かずにウッドベースにこだわる人がいる理由が分かりました。普段ウッドベースを弾いている人がいきなりエレキベースを弾いたら、その遅れが気持ち悪いだろうし、リズムもキレが悪くなると思いました。逆に普段エレキベースを弾いている人がウッドベースを弾くと、何もしなくても、リズムのキレとグルーブが生まれるので、エレキの人はウッドベースを併用するんだと思いました。

 おそらく、ピアノの場合は、キーを叩いてから音が出るまでのメカの動作部分のために遅延性が生まれるのだろうし、エレキベースの場合は、弦を爪弾いてから音が出るまでの間の電気信号の増幅とスピーカーの駆動のために遅延が生まれるのだろうと思いました。

 そう言えば、ベースほどじゃないけれど、たしかにエレキギターも、アコースティクギターと比べると、ちょっと音が遅れるから、エレキギターでリズムバッキングをすると、ちょっと…になるのも、そういう理由なのかもしれない。エレキヴァイオリン(ヤマハ流に言うと、サイレントバイオリン)も、もしかすると音が遅延するのかな? 今度機会があったら、試してみようっと。

 さて『九種類のリズム』の後は、前回までの復習ってわけで「ブルース」「マイナースウィング」「サマータイム」のセッションを、みんなで華々しくやった後(この時の私はフルートを吹きました)、後半は新曲「南国の夜」にトライです。

 「南国の夜」…はい、ジャズではなく、いわゆる懐メロ?でしょうね、昭和歌謡の一つで、昔、大はやりした国産ハワイアンソングだそうです。…だそうです、と言うのは、私、この曲を全然知らなかったのですね。で、全然知らない曲でも演奏しちゃうんです。

 今回は譜面すらないので、ヒイロ助手(なんちゃってジャズ講座では、先生は笛先生、ヒイロ先生は助手になってます)が口頭でコードを言いますので、みんなはそれを適当な紙にメモします(汗)。で、このメモをそれぞれが見て演奏するわけです。

 ちなみに私がメモったところでは、以下のとおり。

南国の夜

Am/Am/Dm/Dm//E7/E7/Am/Am//A7/A7/Dm/Dm//Am/B7/E7/E7//
Am/Am/Dm/Dm//E7/E7/Am/Am//A7/A7/Dm/Dm//Am/E7/Am/Am//

 コードそのものは、そんなに難しくないです。今回の新顔はB7なので、このコードの時だけ、ちょっと気をつければOKなんですが、どうも私はB系のコードが苦手(無意識でBb系と手が混乱しちゃうんです)なので、やっかいです。

 「リズムはビギンのリズムです」と宣言されたので、このコードの書かれたメモをビギンのリズムで演奏すれば、ピアノのパートは演奏できる…という寸法です。ちなみに、ビギンのリズムというのは、以下のような感じですね。これも他の人が弾いているのを耳で聞いて、リズムをカラダに入れて演奏します。この譜面は私がこのブログのために(エッヘン!)採譜しました。

Photo_2  今回はジャズではなく、ハワイアンの曲をやりましたが、それはたとえ曲がジャズであっても、ハワイアンであっても、イントロやソロの作り方とかエンディングの演奏の仕方などは共通するので、色々な曲を勉強することが大切なんだそうです。…だって、ジャズピアノと言っても、私がやっているのは、歌の伴奏のジャズピアノですからね。歌に合わせて、なんでも弾けないといけないのよ。

 この曲はひとまずAm(つまりC系)で行いましたが、これを色々と移調して演奏すると良いでしょうと言われました。…たぶん、それって、宿題なんだろうけれど、私はやらない(笑)。いやあ、ジャズピアノまで家で練習しだしたら、私、きっと、死にます(大笑)。ちなみに、やるなら、12の調をすべてやるのが理想だけれど、CとFとBbの三つくらいはやっておくといいですよというお薦めでした。

 しかし、なし崩しに、ジャズピアノを始めてしまった私です。でも、ピアノで歌の伴奏ができて、ピアノでセッションに加われると、これはこれで楽しいです。

 「なんちゃってジャズピアノ講座」、レギュラー化が決定しました。おめでとうございます。さっそく次回は…あ、私、その日はすでに別件の用事が入っているから、参加できないや(汗)。レギュラー化初回からお休みじゃん、へへへ(汗)。

【追記】楽譜にミスが見つかったので、正しいものをアップしなおしました(2010/10/7)

【追記 2】レギュラー化したと同時に「なんちゃってジャズピアノ講座」は終了してしまいました。この記事の次の回が最終回となりましたが、私は記事に書いてるとおり、所用のため参加できませんでした。残念。(2010/11/8)

« 日課練習が増えました | トップページ | すとんさんには、ドイツ歌曲はムリ »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

6の間にある線は無視していいですか?

>アリサさん

 ありゃ? こりゃ失礼。楽譜を書く時にヘマをしてみたいです。ちゃんとしたのをアップし直しましたので、よろしくお願いします。

すばやい対応、ありがとうございます!

リズムのは、手拍子で一人でやってみましたが、難しいですね。

>相手のリズムも聞いて、そこに互いに合わせていく
セッションしてる人達が、おもしろいリズム遊びみたいなことをしてるのですが、そういう時に役にたつのかなあと思いました。
ぼけっと聞いていたらすごく不思議だったんですよ。
どうしてあのベースやドラムでこんな風にできるのかなと。

タイをつけたのは、できる方が後々いいと思います。
きっとパターンがあるはずだから、数をこなせばできるようになるのではないでしょうか?

ジャズをするなら、コードトーンがすらすら出てこないといけないらしいので、ピアノをやるのはいいと思います。

私も、やっとコードをみてどんな曲か想像できるようになってきました。(簡単なものだけですが)

>アリサさん

 この「九種類のリズム」はリズムの基本形だそうで、すべての曲はこの「九種類のリズム」をどう組み合わせていくかで成り立っているそうです。もちろん、組み合わせる時にタイも平気で使っちゃうそうです。ま、タイはまた難易度をあげますが、まずは素の「九種類のリズム」をカラダに入れるだけでも、かなり違うのだそうです。

 タイは…私に難しいですが、折りを見て、少しずつトライしてみますが、その前にタイのつかないリズムをマスターしないと。

>ジャズをするなら、コードトーンがすらすら出てこないといけないらしいので、ピアノをやるのはいいと思います。

 私もそう思いました。頭の中に鍵盤があると、色々と便利じゃないかな~って思いました。

 しかし、この年になって、まだまだ学ぶことがいっぱいあるというのは、何か楽しいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/49666387

この記事へのトラックバック一覧です: いつの間にか、ピアノも習い始めていたみたいです(汗):

« 日課練習が増えました | トップページ | すとんさんには、ドイツ歌曲はムリ »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん