ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 「君にはジャズはまだ早いね…」と言われたわけではありませんが… | トップページ | 2010秋・アルタスフルートフェアに行ってきたよ その1 20周年限定モデルを試奏して、オーバーホールについて尋ねました »

2010年10月26日 (火)

押しちゃいけない、そこは絶対に引かないと…

 声楽のレッスンに行ってきました。今回は、発声練習もコンコーネも無しで、いきなり「Addio!/さようなら」だけを歌いました。

 注意点は4つ。
 1)テンポ、遅すぎじゃない?
 2)歌詞の“Una Voce”の“Una”は「ウナ」ではなく「オナ」のつもりで発声。
 3)parlatoは「話すように」だけれど、声は前ではなく後ろから出してね。
 4)とにかくAsを出してみよう。

 テンポが遅い理由は、私が先生のピアノを聞いて歌っている上に、ちょっと遠慮している部分があるから、遅くなるんですね。音楽って不思議なもので、相方を聞くと、必ずテンポが遅くなるんです。あと、気持ち的に負けてても遅くなります。ピアノは、歌手に合わせて演奏しているんだから、歌手がピアノに遠慮せずにテンポを決めて、グイグイ歌わないといけないのです。

 なので、今後は遠慮せずに、自分のペースで行かせてもらいます(頑張るよ)。

 “Una”の「ウ」は、私は深い「ウ」じゃないかなって思って、ドイツ語のウムラウト付きの「ウ」のつもりで歌ってましたが、そうではなく、「オ」と「ウ」の中間音のつもりで歌いなさいって事です。ですから、「ウナ」なんだけれど「オナ」のつもりで「ウナ」歌うのが良いらしいです。

 parlatoの部分は、声を休ませるという意味もあって、ミュージカルの語りのような感じで、半分しゃべって歌ってみたのですが、私のやり方では、声が前に移動してしまいます。parlatoは「しゃべる」と言うよりも「言葉を大事にする」というニュアンスで歌った方が良いでしょうとの事だし、たとえしゃべるにしても、声は後ろに置いたままじゃないといけないので、次からは、素直に歌う事にします。

 で、問題はAsなんです(涙)。

 最初にこの曲を歌った時は、楽々と歌えたのに、練習を重ねていくにつれ、どんどん歌えなくなってきてます。普通、練習すると上達するのに、練習するたびにダメになっていくのはなぜ(涙々)!

 それは「ここは歌えなかった」という失敗経験が重なることで、カラダが硬くなり、ますますノドがこわばってくるようになったからです。つまり、失敗しすぎてトラウマになっているんですね。

 なので、今、大切な事は、トラウマを取り除くこと。自分はAsが出るんだと確信を持つこと。そのためには、ノドを脱力して、軽く声を当ててみる事から始めるのです。先生のような朗々とした声でAsを歌う事はまだ無理です。朗々と歌う前に、まずは軽く正しい音程で声を当ててみること。これを経由しないで、いきなり朗々とした声で歌おうとするから、失敗するわけだし、失敗ばかりしていると、いつまでたっても歌えないままだし

 とにかく、トラウマを払拭して、成功経験を積み重ねなければいけません。そのためには…

 A)絶対に声を押さないこと。声は必ず頭の後ろを廻して出すこと。
 B)立派な声を出そうと思わないこと。まずは非力な声でいいから音程重視で。
 C)Asの前までは、絶対に力まないこと。楽に楽に歌い続けて、Asまで体力を温存しておくこと。

 難しいです。とにかく、Asを非力な声でいいから、確実に当てられるようにすること。それが今の私の目標です。そのためには、絶対に声を押してはいけません。むしろ、引かないとダメです。「あ、イケそうだな!」と思っても「声は、絶対に押さずに引く事」が肝心なんだそうな。

 とにかく、たとえ弱々しくてフニャフニャであっても、確実性をもってAsを歌えるようにするのが、現段階での目標です。これが達成できれば、来年あたりから、Asの声に少しずつパワーをつけていく方向で練習をして、最終的にはオペラアリアにつなげていきたいというのが、先生の方針のようです。

 ううむ、こうやって書いてしまうと、簡単そうだけれど、実際はかなり難しいぞ。でも、ガンバルゾ。まずは、取っかかりとして、下を向いて歌う癖をつけないと…(下を向いた方が私の場合は高音が出やすいんです)。

 ところで、高い声を出すためには「声を後ろに回して歌う」とよく言います。少し前までは、この感覚が分かっていたつもりですが、なんか最近、この「声を後ろに回す」感覚が分からなくなりました。ちょうど、ポジションを意識しだした辺りからです。これは迷子になったのが、実は最初に感じていた「声を後ろに回す」感覚が間違っていたのか、そのどちらなのか分かりませんが、とにかく、声って、どうやって後ろに回すんだっけ? って感じです。

« 「君にはジャズはまだ早いね…」と言われたわけではありませんが… | トップページ | 2010秋・アルタスフルートフェアに行ってきたよ その1 20周年限定モデルを試奏して、オーバーホールについて尋ねました »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。お腹が空いたぐらいじゃ死なないけど、辛いですね。(;_;)
まだバスのなかです。

声を後ろに通すのではなく、息を後ろに通すことを意識してみたらどうすか?
かくいう私はそれができなくて毎回言われてますが(^_^;)

>BEEさん

>声を後ろに通すのではなく、息を後ろに通すことを意識してみたらどうすか?

 声でなく息ですね。意識が変わるだけで色々と変わるものですから、ちょっとその方法でトライしてみます。うまく行けば、おめでとうさんだな。ただ、私はすぐに声が前に言っちゃう人なので、そこも注意しないといけないのです。

 ま、あせっても仕方ないですが、ちょっとずつでも前に進みたいものですね。

 Asは先生に「押すな!」と言われてますが、やっぱり、なかなかと言うか、ついついと言うか、やっぱり、押しちゃいます。なかなか悪い癖は治らないもんです。

 先生に何度言われても、なかなか出来ないのは、私も同様ですが、先生に言われた事が一度で完璧にマスターできたら、いいなあと思います。そうしたら、もっともっと、歌が上手くなっているでしょうしね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/49843857

この記事へのトラックバック一覧です: 押しちゃいけない、そこは絶対に引かないと…:

« 「君にはジャズはまだ早いね…」と言われたわけではありませんが… | トップページ | 2010秋・アルタスフルートフェアに行ってきたよ その1 20周年限定モデルを試奏して、オーバーホールについて尋ねました »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん