ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ヴァイオリンを作ってみよう! その2 オトナの夏の自由工作が始まります | トップページ | ヴァイオリンを作ってみよう! その4 指板とサドルを剥が…せませんでした(涙) »

2010年8月 6日 (金)

ヴァイオリンを作ってみよう! その3 細かいところをヤスリがけです

 さて、今回から、実際の製作過程を報告していきます。

 ひとまず、キラメキは、あまりにも弾きづらいヴァイオリンです。たぶん「指板下り」という状態なのかもしれませんが、肝心の指板は剥がせませんので、代わりに、ちょいと弦高を下げてみる事にしました。弦高を下げるとなると…ナットと駒を低くするわけなので、今回は「ナット削り」にチャレンジです。ナットと言うのは、ペグ近くにある弦がネックにかかる最初の部分の事を言います。

 まず、キラメキを一瞥して、ナットを紙ヤスリと彫刻刀で削ってみました。削った深さは、どれもせいぜい1mm程度。G線とD線の太い方は、ヤスリの角でガシガシと。A線とE線は彫刻刀(ナイフみたいな形状の奴)でシャカシャカと削ってみた。指板に数カ所キズがついてしまったけれど、気にしない(笑)。初期状態よりも弦高が低くなって、だいぶ良いのではないかと思う。たった1mmでも、弾き心地は全然違いますからね。

 ちなみに、ナッド削りは、少し削っては、弦を張ってその感触を確かめ、弦を緩めてはさらに削る…を繰り返してやりました。そんなふうに、弦を張ったり緩めたりしいるうちに、うっかりE線を切ってしまいました。…とは言え、別にE線を張りすぎたわけじゃないですよ。ただ、短時間のうちに、張って緩めて張って緩めて張って緩めて…を繰り返しただけです。それでプッツンです。E線は細い針金なので、金属疲労を起したんでしょうね。でも、切れた時は「え?っ」て感じでした。付属の弦は、安価なチャイナなスチール弦なので、そのクオリティも安物チャイナなクオリティなんでしょうね。ま、この弦は、どっちみち廃棄のつもりでしたから、切れても全然惜しくないです。ま、ナットに関しては、こんな感じで終了です。

 それにしても、ペグボックスはうかつの固まりです。ペグボックスの内部はバリ(取りきれていない木屑)だらけ。いや、バリと言うよりも、作業途中? ライブ感覚が生々しく残ってます。「続きは…明日やるんですか?」なんて雰囲気すら漂ってます。

 まずは、バリを削り落として完成感を出さないと。でもね、バリは丁寧に削り落とせば良いからまだマシ。問題はA線のペグホール。ここは、おそらくペグボックスの工作の時に、うっかり刃物が走ってしまったんでしょうね。ザックリと削られちゃっています。いやあ、ひどいね。外側から見ると丸いペグホールですが、ペグボックス内部から見ると『横一文字』な溝になってます。これって、大丈夫?

 削り足りないところは、ヤスリがけをすればいいけれど、削りすぎのところはどうにもなりません。パテでも盛りますか? まあ、人が見ないところだから、平気でこんな事をやっちゃうんだろうけれど、中学生でもこんな杜撰な削り方はしないと思われるくらい、手抜きだね。見かけさえしっかりしてれば、他人って騙せるんだよね。「中は溝でも、外側はきちんと丸くなっているから、なにか問題でもある?」 つい、知り合いの華僑さんの声と話し方で脳内アテレコしちゃいました…ああ、彼らは、そういう人なんだよね。…使えるんだから問題ないだろ? ま、それは確かにそうなんだけれど、日本人的には、なんか、スッキリしないんだよね。

 ペグボックスもできる範囲で丁寧に仕上げたので、ここもこれで終了です。

 今回は、キラメキのお腹の中を開ける事はしないけれど、もし開けたとしたら、おそらく中の状態は、このペグボックスのような状況なんだと思います。

 f字ホールもバリが凄かったんで、グリグリとやすりがけをしてみました。

 工作レベル的には…見えるところはまあまあだけど、見えないところの始末が実にいいかげんです。いわゆる“見かけ倒し”とは、この事だね。これが安物チュイナの標準的なレベルなんだから、仕方がない。しか~し、外側さえ取り繕っておけばいいという姿勢は、やっぱり、オジサン、嫌いです。

 後悔しているのは、作業前の写真を取らなかった事。ああ、うっかりしてました。

 とにかく、三時間ほど、彫刻刀とヤスリでシャカシャシガリガリやったら、だいぶキレイになりました。文句は言いましたが、ヤスリがけして、丁寧に仕上げたら、案外イケルかもねって気になってきました。(って、どこへ行くの?) さあ、次の工程に参りますか。

« ヴァイオリンを作ってみよう! その2 オトナの夏の自由工作が始まります | トップページ | ヴァイオリンを作ってみよう! その4 指板とサドルを剥が…せませんでした(涙) »

ヴァイオリン購入(&製作)顛末記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/49067009

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイオリンを作ってみよう! その3 細かいところをヤスリがけです:

« ヴァイオリンを作ってみよう! その2 オトナの夏の自由工作が始まります | トップページ | ヴァイオリンを作ってみよう! その4 指板とサドルを剥が…せませんでした(涙) »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん