ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 今日はみんなで投票に行こう![2010年7月第2週・通算23週] | トップページ | ヴァイオリンの試奏に行ってきました その5 ここまでの感想です »

2010年7月12日 (月)

ヴァイオリンの試奏に行ってきました その4 大好きな楽器屋さんに行ってきました

 いよいよ、ある意味、本命の大好きな楽器屋さん、銀座山野楽器にヴァイオリンの試奏に行ってきました。ここでは4梃のヴァイオリンを試しました。

 事情を話して、お薦めをお願いしたところ、真っ先に持ってきてくれたのが、ハンガリーのフィレンツ・ベラ・ヴァーチのCDM-Rという楽器。とてもキレイな楽器です。オープンスペースで、ポンと手渡されて「弾いてみてください」ってモンです。いやあ、私は全然平気だけれど、これって引く人は引くぞ~。だからかあ~。フルートサロンにいると、よくヴァイオリンの素晴らしい演奏音が聞こえたけれど、あれってこういう事だったのか~。何気にハードル高いぞ、山野楽器。

 それはともかく、フィレンツ・ベラ・ヴァーチのCDM-Rです。大柄な印象の楽器です。音が大きめで、音色も柔らかくて深くて、女声っぽい艶やかな音がして、実に私好みの楽器です。ただ、手に持った感じにちょっと違和感がありました。なんか???なんですよ。楽器に拒否されているというか、イヤイヤされていると言うか…。「私はあなたに弾かれたくない」って言われているような感じがしました。「ヤダ~、アタシをショーウィンドウに戻して~」って言われているような気がしました。こういう感覚は始めてです。…なんか悔しいです。

 拒否感たっぷりだったので、次の楽器です(涙)。次は、アントンプレルの#2というドイツの楽器でした。これは元気の良い音がしました。ドイツの楽器なのに、なんとなくアメリカっぽいです(このニュアンス、分かりますか?)。好みとは違うけれど、こういう音も嫌いじゃないです。手に持った感じは、人懐っこい感じがしました。この娘となら楽しくやれるかなって気になりました。

 日本の楽器も弾きたいですと言ったら「スズキはお取り寄せになります」って速攻で言われました。やはり、日本のヴァイオリンと言うと、スズキなんですね。そう言えば、今まで、どのお店でもスズキは出てこなかったです。20万の予算なら、スズキがお薦め楽器としてチョイスされていもいいのにねえ…、意外です。

 スズキの代わりに、ピグマリウスのシンフォニアという楽器が出てきました。おお、ピグマリウスかいって感じですね。アドヴァンスは気に入ってますからね。ピグマリウスには期待しちゃいます。

 このピグマリウスのシンフォニアという楽器、価格的にはアドヴァンスと同じくらいの楽器です。で、結果としては、悪くないです。すごく響きのよい楽器でした。音色は元気いっぱいだなあと思いました。ただ、音色は女声と言うよりも少年って感じですか。それも、変声期が近づいた円熟味の増した少年の声って感じで、いいですよ。持った感じも手になじむんですが…弓が難しいです。ヤマハでの試奏でも感じたけれど、ピグマリウスって、弓との相性が難しくねえ? こいつに合う弓って、どんな弓なんですか? 少なくとも、セットで付いている弓だと、かなり弾きづらいし、別売品と言っても、私が買える程度の値段の弓だと、弾きづらくってたまりません(涙)。

 これで終わりって思ったところで、ショーウィンドウの中に、憧れのカールヘフナーを発見。カールヘフナーですよ、カールヘフナー。あの、ポールマッカートニーが(ベースギターで)ご愛用のカールヘフナーですよ。もう、ワックワックです。

 お願いをして、#201という、完全に予算オーバーの楽器でしたが、憧れのメーカーなので、弾かせてもらいました。

 …シックで柔らかな音でした。なんか木っぽい音がします。これは…好き。でも、音の立ち上がりがやや柔らかすぎるような気もします。もう少し立ち上がりが鋭い方が私は好きだけれど、これは弾きこんでいくと変わるかな? そうそう、カールヘフナーはケースが標準装備なんだそうです。だから、お値段的には高く見えても、実はケース代分、お得なんですね。そりゃ知りませんでした。もしかして、予算内に下りて来る…かな?

 そう言えば、カールヘフナーって、量産品のヴァイオリンなんですよね。量産品と言うと、ちょっと格下に扱ってしまいますが、これ、そんなに悪くないですね。というか、量産品って、ソツがなくて、好ましいかもしれません。予算的に考えるなら、こういう良質な量産品にするというのも、一つの手段かもしれません。

 まとめ。ここで手にしたヴァイオリンは、みんな良いです。元気いっぱいです。…好きです。

 もしもここでヴァイオリンを購入したら、同じフロアにフルートサロンもあるので、フルートの調整とヴァイオリンの調整が同じフロアでできて、すごく便利です。そういう意味では、ここでヴァイオリン、買っちゃおうかな~なんて思っちゃいました(いや、決めたわけじゃないです)。

 ピグマリウスは、シンフォニアよりもアドヴァンスの方が私好みです。予算が許せば、カールヘフナーも捨てがたいですが、何と言っても気になるのは、あの、わがまま放題ので気位の高そうな、フィレンツ・ベラ・ヴァーチのCDM-Rという娘。ハンガリーのくせに、客を拒否するなんて、生意気です(笑)。私が思うに、この娘は…ツンデレだな。私はツンデレには弱いからなあ…。ああ、困った。

« 今日はみんなで投票に行こう![2010年7月第2週・通算23週] | トップページ | ヴァイオリンの試奏に行ってきました その5 ここまでの感想です »

ヴァイオリン購入(&製作)顛末記」カテゴリの記事

コメント

フェレンツ・ベラ・バーチはハンガリー産のせいか、お買い得価格だと思います。
量産品は分業で効率よく作っていますが、作り方は同じです。ただ、ドイツの場合は合理的なお国柄なので、かなり機械化が進んでいるらしいです。お値ごろで手作りを求めるなら、中国か人件費の安い東欧と言われています。

>エルネスト・アントルメさん

 やっぱり人件費が安い、東欧とか中国にお値頃のものがあるんでしょうね、分かります。

 ヴァイオリンって、見た目では、生産国とかお値段とか手作りかどうかなんて分かりませんから、私は全然、気にしてません(笑)。私が気にするのは、見た目と音色です(爆)。見た目と言うのは…やっぱり虎杢は譲れません(大笑)。音色は言わぬもがなですね。これらの二つの条件を満たした上で、予算内の買えるヴァイオリンを探しています。

 なので、どこの国で作られていようと、たとえ安物と言われるような価格帯であろうが、手作りであろうか量産品であろうか、そんな事はどうでもいいんです。つまり世間的な評価なんてどうでもいいんです。私が気に入れば、それでいいんです。

 まあ、そんな都合のよいヴァイオリンなんて、簡単には見つからないでしょうが、でもでもゆっくりと時間をかけて探していきたいと思ってます。

 でも、イタリアンとかフレンチをあきらめたわけじゃないです(お値段次第ですが…)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/48852624

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイオリンの試奏に行ってきました その4 大好きな楽器屋さんに行ってきました:

« 今日はみんなで投票に行こう![2010年7月第2週・通算23週] | トップページ | ヴァイオリンの試奏に行ってきました その5 ここまでの感想です »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん