お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« サツキ、星になる | トップページ | ヴァイオリンの初レッスンでした(構えとチューニング) »

2010年7月 4日 (日)

ワンコがやってきた…らしい[2010年7月第1週・通算22週]

体重:97.6kg[-1.2kg:-10.9kg]
体脂肪率:29.3%[-0.8%:-3.1%]
BMI:30.8[-0.4:-3.7]
体脂肪質量:28.6kg[-1.1kg:-7.1kg]
腹囲:95.7cm[-1.3cm:-9.6cm]
     [先週との差:2010年当初との差]

 おたびダイエットの7週目です。実は今週は、体重が増えているのではないかと心配してました。と言うのも、今週は“大宴会”に参加して、飲めや歌えのパラダイス状態だったので、これは太っても仕方ないと諦めていたのですが…何とかなるもんですねえ。

 それにしても、体重がきちんと減っているのはありがたいのですが、さすがにダイエットも7週目に入ると…飽きますね。そろそろ、色々なものを食べたいという欲求が出てきました。この欲求に負けると、リバウンドしてしまうのでしょうね。とにかく、100Kgをオーバーしたら、オペラアリアの話は立ち消えになってしまうので、リバウンドしても100Kgに届かない数値まで体重を落としておかない、安心して、昼も眠れません(眠んなよ!)。

 さて、今週のエッセイというか、ワンコ話の続きです。

 先週、実家の老夫婦のワンコが急死し、ジイサンが泣いて暮らしているところまで書いたと思います。今日は、その続き。

 先日、実家から連絡が入り、新しい事実が分かりました。それは…
 
 
 
 もう、実は、新しいワンコがいるらしいです!

 え? 確か、先週の段階で「次のワンコの事なんか考えられな~い」とか言って、毎日を泣いて暮らしていたはずなのに、一体どーしたの?

 どうやら、ジイサン。泣いて泣いて泣いたら、気持ちが吹っ切れたらしくて、プイと家を出ると、しばらくして、新しいワンコを連れて帰って来たのです。バアサン、びっくり!

 なんでもジイサン、前のワンコのブリーダーさんのところにフラっと行き、そこにいたワンコの中から「と~ってもかわいい子(あくまで、ジイサン基準)」を連れ帰ったらしいのですよ。

 行動、はやっ!

 ま、このままジイサン、泣いたままボケてしまうかと思われたので、結果オーライなんですが、バアサンはちょっと納得いかない様子でした。「なんで、アタシに一言の相談も無しで、次の子が来るのサア~」ってところなんでしょうね。

 今度の子も、前の子と同じヨークシャーテリアの女の子だそうです(って、同じブリーダーさんのワンコだから、そりゃ同じ犬種なのは当然だね)。前の子は仔犬でやってきましたが、今度の子は…実はすでに成犬です。もう、二歳なんだそうです。

 聞いてみると、色々と訳ありのワンコなんだそうです(で、バアサンはそこが気に入らないみたいなんですね)。

 どんな訳なのかと申しますと……、もちろん、このワンコも昔は仔犬だったわけです。仔犬の時には、世間並みの仔犬同様、一度は祝福されて、新しい家族の元に、もらわれていったそうなんですが、あちらさんで色々とトラブルを起して、ブリーダーさんのところに返却されて、別の子と交換されちゃったらしいのです。ま、いわば“出戻り娘”なんですね。

 で、一度、出戻ったワンコは、なかなか次の飼い主に巡り合えず(そりゃあまあ、出戻り犬を喜んでもらうウチも少ないだろうからね…)、そのままグズグズと暮らしているうちに、二歳になってしまったそうなんです。

 ま、そういうわけで、訳ありのかわいそうな子なんですが、ジイサンはその辺の事情を斟酌してもらってきたのかというと、そんなわけでもなく、単純に「かわいい子がいたんだよ~」って、それだけの理由でもらってきたそうです。ま、実際のところは値段に負けたのだと私は思ってますが(笑:なんでも安いものが大好きなジイサンなんです。二歳の出戻り犬ですから、そりゃあ、値段なんて無いに等しいはずですから)…。

 バアサン的には、色々と納得してないみたいです。なにしろ、すでに成犬ですから、かわいい仔犬時代は、とっくに終わっちゃっているわけだし、名前だって、前の飼い主が付けちゃってますし(バアサンは犬に名前をつけるのが大好き)、おまけに性格があんまりかわいくないのだそうです。

 今度のワンコは、犬なのに、かなり人見知りをするそうで、実家に来てから、すでに数日経っているのですが、いつも物陰に隠れてひっそりと暮らしているそうなのです。まあ、まだ新しい環境に慣れていないという事はあるでしょうが…ワンコのくせに物陰に隠れて生活? よっぽど遠慮深いんでしょうね。

 エサをあげても、すぐにはやってこないで、いつも人の気配を探っていて、周囲に人がいなくなってから、こっそりと出てきて、静かにエサを食べ、食べ終わると、また隠れてしまうそうなのです。

 バアサン曰く「まるで、ネコみたいな犬なんだよ」だそうですが……いや、いくらネコでもエサの時は遠慮しないと思うけれど…この子は大丈夫なのか?

 実はジイサン、元々、犬を見る目が全く無い人で、この人が犬を選ぶと、過去にも、かなり色々と問題のあるワンコを連れてきました。なので、バアサン的には「次のワンコを選ぶなら、必ずワタシを連れて行け」とジイサンに言ってたみたいなのですが、ジイサン、半分ボケてますから、そんな事は軽く無視なんですよね。

 今度の子は…バアサンの話を聞く限り、相当、変わったワンコなんだろうと思います。ま、変わっていても、老夫婦の手に負える程度の偏屈さなら良いのですが、体もあっちこっち不自由になってきている老夫婦なので、面倒くさいワンコだと、人もイヌも、お互いにかわいそうだろうなあと、心配しちゃいます。

 それにしても、なぜ、素直に、賢そうな仔犬をチョイスしなかったのが…! ジイサンの安物好きには、いつも家族は泣かされます(「安物買いの銭失い」という言葉は、この人のためにあるんだと思ってます)。物なら、代金は授業料として諦めて、さっさと廃棄処分にしちゃえばいいのですが、相手は生き物、ワンコですからね。いくらやっかいなワンコでも、一度飼った以上、飼い主として死ぬまで責任を持たないといけないのですが…ジイサン、気まぐれだからなあ。気に入らないと、すぐポイだし…。結局、ワンコの面倒はバアサンが見ることになるんだろうなあ。

 この時期のブリーダーさんなら、仔犬なんて、ワンサカいるだろうに…。よりによって…。

 とまあ、愚痴は色々とありますが、縁があってやってきたワンコでしょうから、うまくいくといいなあと、心の底から思います。

 とりあえず、今のところ、ジイサン、今日も物陰に隠れているワンコを探しては追いかけて捕まえて、無理やり抱っこして、毎日ニコニコなんだそうです。

 …今度のワンコは人が嫌いみたいだし、抱かれるもの嫌いみたいだし、だから、隠れているところを見つけられて、追いかけられて、抱かれるなんて、ワンコ的には、相当なストレスになっているんだろうに…。ほんと、人もイヌも大丈夫かしら?

« サツキ、星になる | トップページ | ヴァイオリンの初レッスンでした(構えとチューニング) »

コメント

おじいさんの行動力すごいです :D
んで、ワン子さん、きてよかったですね はやくご家族になつくといいですね^^

>ととさん

 ジイサンの場合、行動力がすごいと言うよりも、独断専行型なんだと思います(笑)。それでも昔は、多少は他人の意見も聞いていたのですが、元々頑固な上、ちょっとボケてますので、もう、元々の性格がダイレクトに行動に現れるようになって(笑)。

 ま、ボケも人生の過程の一つですから、仕方のないことなんです。

 人もイヌも、新しい環境に慣れて、ほどほどに折り合えるとよいと思ってます。しかし、人間の方は、すでに“他者と折り合う”能力を失っていますので、ワンコの方に期待してますが…そこがちょっと不安なんですね。

 しかし、ワンコって、人懐っこいモノだと思っていましたが、必ずしもそういうわけじゃないのですね。

>しかし、ワンコって、人懐っこいモノだと思っていましたが、必ずしもそういうわけじゃないのですね。

子犬時期の世話・待遇で、臆病になったり、人懐っこくなったり、攻撃的になったり、するようです 犬種によっても性格が変わるようです

追伸 うちにも、犬が3匹いますが、どれも番犬になりません あいそがよすぎます :)

>ととさん

>犬種によっても性格が変わるようです

 これは聞いた事がありますし、人間だって人種によってかなり性格が違いますからね。ヨーキーは比較的人懐っこい犬種だと思っていますし、少なくとも、前に飼っていたヨーキーは賢くて人懐っこかったですよ。だから、ジイサンもそういうワンコを連れ帰ってくれば良かったのに…というのが、バアサンの弁です。

>子犬時期の世話・待遇で、臆病になったり、人懐っこくなったり、攻撃的になったり、するようです

 ああ、なるほど。今までのワンコは皆、仔犬の段階で我が家にやってきてましたから、かなり頭がボ~っとしていても、とっても変な習癖があっても、何とかなってきたわけですね。そういう意味では、今度の子は、すでに完成されているわけだし、ジイサン、毎日嫌がるワンコを追いかけ回しているそうですから…先行きは、決して明るくないんだろうなあ…。

 ジイサン、ダメじゃん。

追伸2 なんどもすみません niftyにdog関連のblog記事あります
 http://dogactually.nifty.com/blog/

>ととさん

 ととさんは、本当にワンコがお好きなんですね。このニフティのドックブログは知りませんでしたが、ココログ(ニフティがやっているブログサービス)で、毎日流している「ココログニュース」には、とっても多くのイヌ話題のエッセイが流されています。

 ニフティ(ココログ)って、たぶん、かなりワンコが好きな会社なんだと思います。私も、基本的には「イヌ派」なんで、実はそれって歓迎なんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワンコがやってきた…らしい[2010年7月第1週・通算22週]:

« サツキ、星になる | トップページ | ヴァイオリンの初レッスンでした(構えとチューニング) »

フォト
無料ブログはココログ