ひとこと

  •  理解できない事。昨今の中国では「脚臭塩」と呼ばれる、足の臭いのする食塩が蔓延しているそうだ。分析してみると、亜硝酸塩という毒物さえ混入しているそうだ。また逆に健康に良いとされている短鎖脂肪酸が入っているケースもあったそうだ。どちらにせよ、食塩というものは、ほぼ純粋な“NaCl”じゃないの? 国際食品規格委員会で定められた食塩の品質に照らし合わせても、亜硝酸塩とか短鎖脂肪酸などが入り込む余地は無いんだけれどなあ。食塩というのは、人間が生きていく上で必要不可欠なものなのに、その食塩の品質すら危ういなんて、ああ理解できない。ちなみに、足の臭いのする食塩とか言うけれど、足の臭いって…どんなんだろ? 足って、そんなに臭いか?
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« チヅルが星になりました | トップページ | ただいま、キラキラ星を特訓中 »

2010年6月 6日 (日)

iPadが日本でも発売されましたね[2010年6月第1週・通算18週]

体重:102.1kg[-1.1kg:-6.4kg]
体脂肪率:30.9%[-0.7%:-1.9%]
BMI:32.2[-0.4:-2.3]
体脂肪質量:31.4kg[-1.2kg:-4.3kg]
腹囲:101.0cm[-1.0cm:-4.3cm]
     [先週との差:2010年当初との差]

 おたびダイエットの3週目が過ぎました。ちょっと精神的へこたれ気味かな? ひもじいです。とりあえず健康ですが、ちょっと元気がないです。ガス欠状態です。でも、まだまだ目標には届きません。頑張らないとね。

 さて、今週のエッセイです。

 私は、実は流行には鈍感です。鈍感と言うよりも臆病と言った方が正解かな? とにかく、たやすく流行には追従しないタイプです。特に電脳関係は、お財布が痛むと言うこともあり、なかなか新しいものには手を出しません。世間で今話題のiPadは当然見送ってますし、当分購入予定はありません。

 iPad以前に、まだiPhoneですら購入していない私です。ツイッターもまだです。iPodは愛用していますが、これだって、第三世代になってから、ようやく購入してますし、ブログは…2007年開始ですか、かなり後発組になります。未だにOSはWindowsXPだし…。それくらい、出足が遅いのが私の特徴です。

 でも、良いものなら、たとえ出だしが遅くとも、いづれ使うことになるでしょう。そしてiPadは、今の時点で、そう遠くない時期に、何となくかな、購入しそうな予感がしています。

 と言うのも…、iPadって…大型iPhoneではなく、電子書籍リーダーとして、日本では定着するんじゃないかなって、何となく感じていますし、そっちに行くなら、ぜひ欲しいです。

 紙の本って、大きいし、重いし、かさばるし…。読み終わった後の始末に困るし。かと言ってゴミに出すのもはばかられるし。

 私の場合、辞書や百科事典は、随分前から電子化してます。最初は形のない電子ファイルって事で、ちょっぴり不安もありましたが、使い慣れると、これはこれで結構便利です。何と言っても場所をとらないのがいいです。このスペースレスってのが、電子書籍の便利さの一つだけれど、これをうまく訴える事ができれば、電子書籍リーダーは…つまりiPadは…いい感じで定着すると思いますよ。

 読み終わった本って…邪魔でしょ(笑)。でも、手元に残しておきたかったりもするでしょ。でも残しておくと…大変な事になるでしょ。

 実際、ウチも大変な事になってますよ。ウチ中、本棚だらけだし、その本棚に入りきれずに床に数十冊も転がってます。

 ウチなんかまだマシです。本のために部屋を借りているとか、本の重さで床が抜けたとか、本が棚から崩れて死にそうな思いをしたとか…本読みには色々な伝説がありますが、電子書籍なら、そういう悲劇がなくなるわけで…世界が変わるよね。

 iPadは、ネットブックの代用としても、なかなか良いのでは。特に、あまり発信をしないで、受信を主にしている人なら、もうこれでOKでしょう。私のような発信タイプの人間にとっては、もうちょっと改良の余地(特に入力環境関係。親指シフトを使いたいよぉ…)があるとは思いますが…。でも、これがあれば、とても便利だね。どこでもネットができるわけで、それこそベッドの中でもネットができる(あ、オヤジギャグだ)から、至極便利で快適だけど、ネット中毒になりそうで怖いなあ…。

 他にも色々な用途があると思うけれど、iPad、なかなか良いデバイスだと思います。

 でもね、心配がないわけじゃないよ。たとえば、iPadって、大きさ的に微妙だよね。日本人的にもうちょっと小さい方がいいんじゃないの、まさにiPhoneくらいの大きさの方がいいんじゃないかな? アメリカ人はある程度大きいものが好きだけれど、日本人は小さくてカワイイものが好きだからね。iPadはなんとも微妙な大きさなのが不安です。満員電車の中で使用するには勇気がいるよね、あの大きさだと(笑)。

 要するに、最初の熱狂が冷めた後、ヲタクや人柱以外の人がどれだけ購入するか、そこが決め手だな。でも、欲しいかも…。

« チヅルが星になりました | トップページ | ただいま、キラキラ星を特訓中 »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

我が家にiPadきました。夫が購入。電子書籍リーダーとしてだけでなくいろいろな可能性を感じます。ホームページ見るのもメールも見るのも十分な大きさだし、ネットワークタイプのハードディスク(NASといいますが)があれば格納されてるデータを読んだり聞いたりもできるし…ケースに入れて立てれば単純にフォトフレームとしておいとける、無線LANひいたり、いろいろチューニングや工夫をすれば、かなりクリエイティブな端末だと思います。

あとは使う人のアイデアとスキルに依存しそうです。
次世代端末であるのはまちがいない。

>かのんさん

 おお、リアルユーザーさんのご登場ですね。

>次世代端末であるのはまちがいない。

 私もそう思います。ただ「ちょっと早くねえ?」ってのが心配。大丈夫だろうなあと思ってますが、そこに一抹の不安を感じます。

>ネットワークタイプのハードディスク(NASといいますが)があれば格納されてるデータを読んだり聞いたりもできるし…

 ああ、そうなんだ。それは知りませんでした。「iPadって、小容量のハードディスクしかついてないんだよねえ…」と言うのが、私のマイナスポイントだったのですが、外部の大容量ハードディスクとつながっていると言うのは、かなり魅力です。…でも、持ち歩きの時は、内臓ハードディスクだけになるんですよね(当然)。そこがネックだな、やっぱり。

こんにちは いつも楽しく拝見させて頂いたいます。
今回はちょっと悪魔の囁きに、、、
iPadですが、楽譜リーダーとして とっても良いですよ
クラシックなどの著作権が切れた物がweb上にたくさんありますが
それらが使い放題です。
Jazzは詳しくないのですが Rialbookっていう
簡単な譜面にコードが付いた物が有るのですが、これだと表示も ちょうど
いい感じです
メトロノームと連動したり 書き込みが出来たりこれからも進化しそうで
楽しみです。
ご報告です、私はAppleの回し者じゃないですよ。

>kokoさん、いらっしゃいませ。

 おお、そうか、ネットで拾ってきた楽譜リーダーとして、そりゃあ、大変役立ちますね。楽譜も結構かさばるからねえ。そりゃあ、賢い使い方だね。

>Rialbook

 ? たぶん、ジャズ系の楽譜なら、Realbookの事かな? 私、これを買おうと思っていたんですが、正規なモノがネットでダウンできるなら、それに越したことはないですよね。

 私は時々、free-scores.comというサイト(http://www.free-scores.com/index_uk.php3)を見るかな。結構、色々な曲がジャンルを問わずにあるので、面白いですよ。

私は生粋のウィンドウズ使用者ですがニュートンに始まりiPadには魅力を感じます。
職場で移動しながらの資料や指示書の閲覧に使えないかと思うんです。もちろん専用のコンテンツあるいはアプリをつくならければなりませんが・・。ただそれには余分な機能がつきすぎていて邪魔だなあ。仕事の環境ではシンプルなほど使いやすいのです。

>河童さん

 生粋のウィンドウズユーザーにとって、iPadの最大の欠点は、アップル製って事かもしれませんね(笑)。アップル製なので、中身がいじれない/いじりづらいんですよね。

 だから、仕事用なら、いっそ、中国製のバッタモン(ウィンドウズで動作しているそうですよ)を購入して、自分用にカスタマイズしちゃう方が便利かもしれません。もっとも、著作権を侵害している恐れのあるものを購入するのは、かなりの勇気が要りますが…。
 中国製のバッタモンを買わずとも、ウィンドウズで動作するパッドコンピューターがそのうち、ソニーあたりから発売されると思いますよ。

ソニーも動いてますね。

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/05/27/079/

朝○新聞が入ってるのが、アレですかねえ。

テレビ・新聞が犯罪に等しく偏りすぎ(世の中を動かしているのは自分達だと、相当に奢ってますね)なので、家族、友人同士がリビングや集まりの場でIPad的なものを使って入手した各自の情報を皆で精査し合うようにして行けるようになると、少しはましになるのかな?と思い期待したいですが(期待すると、ぺしゃんこにされるので、少しだけ)。情報の玉石混合は仕方ないけど、すべてベールの掛かったものでは意味ないですが。
何種類かサイズが出るといいかな?と思います。

>アリサさん

 情報をありがと。ソニーはやると思ってましたが、やっぱりやりますか!

 しかし、今度は音楽のmoraのような事だけはごめんですね。未だに、ソニー系の音源は、moraで配信し、iTunesを利用している私はダウンロードできません。ソニー系に好きな歌手もいたりしましたが、ダウンロードができないので、なんとなく足が遠のくようになりました。どうしてもって時は、レンタルCDにしますが、レンタル屋まで出かけるの面倒で(笑)。オッサンになると、自宅のコンピューターで全部まかなえるというのは、とても大切な事です。お金がないわけじゃなく、購入チャンネルがないので、買わないのですが、これって売る側から見れば、大きな失策だと思うんですけれど…ね。

>朝○新聞が入ってるのが、アレですかねえ

 あそこはwebにも熱心だから、分かりますよ。私がちょっと解せないのは、この立ち上げメンバーに、出版社が一つも加わっていない事。これって、配信システムだけが優先して動き、肝心のコンテンツが後回しって事でしょ。ハコだけ作って、興行の方は丸投げ…なんていう“ハコモノ行政”にも通じるものがあるような気がします。日本人って、中身よりも、場をつくりたがるのかねえ。

 出版社が喜んでコンテンツを提供できるようなシステム作りをしないと、ポシャるよね…。大丈夫かな?

>YOSHIEさん

>何種類かサイズが出るといいかな?と思います

 iPODもサイズにバリエーションがありますから、きっとiPadにもサイズのバリエーションは出てくるのではないかと…期待してます。

>家族、友人同士がリビングや集まりの場でIPad的なものを使って入手した各自の情報を皆で精査し合うようにして行けるようになると、

 私はそんな事、期待してません。どれだけ世の中が進んでも、そうはならないと思います。いや、そうあるべきなのが市民社会だと分かってますが、現実の我々は、目の前の生活の事でいっぱいだし、食べることや遊ぶことに夢中だもの。

 静かに地下深く、侵略されている事を、多くの人は知らずに生活しつづけるんだと思います。

 しかし、次の選挙も民主党の一人勝ちなんだろうなあ…日本がドンドン暮らしづらくなる。次の選挙の勝者は、自民党でなくてもいいけれど、とにかく、民主党に勝たせてはいけないと、心の底から思いますが…でも、勝っちゃうんだろうなあ…。みんな、お人好しだから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/48548162

この記事へのトラックバック一覧です: iPadが日本でも発売されましたね[2010年6月第1週・通算18週]:

« チヅルが星になりました | トップページ | ただいま、キラキラ星を特訓中 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん