ひとこと

  •  来年(2019年)10月から消費税が増税されます(8%->10%)。それに伴って、軽減税率というのが導入され、外食と酒を除いた飲食物の税率が8%に据え置かれます。で、外食をどこで線引するかで混乱しているようです。スーパーで購入したおにぎりを、イートインコーナーで食べたら外食扱いで税率は10%になるのに、お店の片隅に設置されたベンチで食べたら持ち帰り扱いで税率が8%になるのは、なんか変。外食と言うのは、高級レストランや料亭だけでなく、ファミレスもあれば、スーパーのイートインコーナーもあるわけだけれど、きっと軽減税率を考えたお役人さんの頭の中には、庶民感覚がすっぱり抜け落ちていて“外食=ぜいたくな食事”って考えたんだろうね。だから外食は軽減税率の対象にはしなかったわけだ。でもね、実は安い外食って、自炊するよりも安価なんだよね。だから、そこそこお金に苦労している人は、案外、外食が多かったりするんだよ。なので、庶民の生活の事を考えたら、外食も軽減税率の対象にするか、あるいは安価な支払いの外食(例えば、一回の支払いが1万円以下とか…)は軽減税率の対象にするとか…の方が、いいんじゃないの?

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その7…やっぱりヴァイオリンを始めたい! | トップページ | 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その9…2010年のラ・フォル・ジュルネに参加して感じた事 »

2010年5月19日 (水)

2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その8…最後はやっぱりフルートでシメる

 体験レッスンが終わった私は、急いで展示ホールに行きました。その理由は…実はヴァイオリンの体験レッスンの裏番組として、マルタン氏の対談があったからです。毎年かかさず出ているマルタン氏の講演ですが、体験レッスンと重なってしまい、やむをえず、今年は断念しました。断念はしたけれど、もしかすると対談が延びているかもしれない、だから急いでいけば、もしかしたら最後の方に間に合うかも…という淡い願いで行ったのですが、どうやら対談の方が早く終わったようでした(涙)。

 対談が終わった展示ホールは、すでに寂しい雰囲気です。と言うのも、マルタン氏の対談が展示ホールでの最後の演目だったので、すでに会場は撤収の風が吹いていました。
 
 
ジャズ編曲のショパン

 そんな中、展示ホールのオオトリを取ったのは、実は、展示ホールにもう一つあるステージで行っていた、ワルシャワ市広報局主催のジャズ編曲のショパンでした。一日に何度もステージを行っていたので、私は注意していなかったのですが、最後の最後というわけで、ちょっとだけ足を停めて聞いてみました。

 フィリップ・ヴォイチェホフスキ、ユスティナ・ガラント・ヴィイチェホフスキ、ジェイコブ・ルポヴィッチの三人による3台6手のピアノによる、ジャズ編曲のショパンでした。室内だけれど、ジャズ編曲だから、PAとエフェクターを通しているし、演奏とコンピューターは連動しているし、音楽と画像(ステージの周囲にはモニタがたくさんある)も妙にシンクロしていたし、なかなかおもしろかったです。ジャズ編曲と言っても、リズムマシン風のビートも効かせながらの演奏なので、むしろフュージョンって言った方がいいかな? とにかく今風なショパンでした。

 取り上げたショパンの曲は以下のとおり。

ワルツ 変ニ長調 op.64-1「小犬のワルツ」
マズルカ イ短調 op.68-2
ポーランドの民謡の主題による幻想曲 op.13
バラード第1番 ト短調 op.23
練習曲第14番 ヘ短調 op.25-2
ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 op.11[第一楽章]
マズルカ ニ長調 op.33-2

 CDを発売していたら、買っていこうと思っていたのですが、特にそういうものはありませんでした。ちょっぴり残念でした。彼らの演奏も終わり、ケータリングをしている帝国ホテルのソフトクリームを食べて、最後のコンサートに向かいました。
 
 
カルクブレンナーとフンメルの室内楽

 今年の最後の最後は、室内楽でしめました。このコンサートを選んだ理由は…東京国際フォーラムで行われた、フルートが入っているコンサートは、これしかなかったからです。いやあ、ほんと、今年はフルートが冷遇されていました。別に、カルクブレンナーとかフンメルとかいう作曲家に興味があったわけではなく、室内楽が好きというわけでもなく、お目当ての奏者がいたわけでもなく、単にフルートが聞きたかったからチョイスしただけの話です。

 会場はホールB5、256名入るホールです。私の座席は、舞台真横の後ろの方で、出演者なんてほとんど見えない席でした。今回、一番座席に恵まれていなかったコンサートです。でも、やっとフルートが東京国際フォーラムで聞けると思って、ワクワクして待っていたんですよ。

 一曲目は、カルクブレンナー作曲の「大七重奏曲 イ長調 op.132」。七重奏曲ですよ、面白そうじゃないですか? 出演が舞台に集まってきました。ピアノがいます。おっ、マスタークラスで拝見した、クレール・デゼール先生ですね、こんにちは。コントラバスとチェロがいます。ファゴットもいます。これは低音が充実していますね。そして、オーボエとクラリネットとホルンと…これで七つですね。

 ん? 七つ? そうなんです、フルートが入っていませんでした! ガーン、すごいショック。フルートが楽しみなのに、フルートがいません。ショック、ショック、ショックです。でもでも、このコンサートは二曲やるはずだから、きっと次の曲にはフルートが入っているに違いない、ほんのちょっとの事だろうから、おとなしく待っていよう…。

 はっきり言って、大七重奏って、そんなにおもしろい曲ではありませんでした。それぞれの楽器には、あまりパッとしないけれど、それなりのソロ部分がたくさんあったので、演奏する側から見れば、楽しい曲だろうけれど、聞いている方は結構退屈でした。なんか、曲の展開していく先が読めるんだよねえ。

 それと、ハーモニーがイマイチ硬いんですよ。メインのメロディがクラリネットとオーボエが担当しているわけだけれど、クラリネットとオーボエのハーモニーって、硬くて耳に刺さるんだよね。これ、ホルンが間に入ってくれると、まあまあ勘弁できるんだけれど、ホルンがお休みでクラリネットとオーボエだけのシーンなんて、ちょっとツラかったです。低音も、ピアノとコントラバスとチェロとファゴットでしょ。なんか、音がぶつかって聞こえるというか、低音が何やっているだか、ちょっと不明。ううむ、無名な曲には無名なりの理由というものがあるんだね、よく分かりました。

 フルートの不参加も残念な曲なんだけれど「なぜヴァイオリンが入らない?」ってのが、一番の感想かな。この曲、ヴァイオリンを入れて、ヴァイオリンにメロディを担当させれば、かなりイメージが変わると思うけれどなあ…。特に第三楽章のメロディはぜひヴァイオリンで聞きたかったなあ。

 それにしても「この曲が終われば、次はフルート」と思って我慢して聞いていたけれど、いやあ、長い長い、本当に長い曲でした。

 で、二曲目が最後の曲で、フンメル作曲/ワルター編曲の「木管五重奏のためのパルティータ 変ホ長調」でした。フルートとオーボエとホルンとファゴットとクラリネット。やったあ、フルートが入っていましたよ。ちなみに演奏者は白尾彰さんでした。

 この曲も知らない曲ですが、なんかモーツァルトっぽい感じの曲でした。これも聞くよりも演奏する方が楽しいタイプの曲でした。それにしても、短い曲でした。当然、アンコールもなくて、なんか拍子抜けしちゃいました。最後の最後で、コンサートのチョイスを間違えちゃったみたいです。演奏者さんたちは一生懸命やってましたが、如何せん、曲自体が持っている魅力がかなり不足しているので、退屈なコンサートになってしまいました。こんなのなら、違うコンサートに行けば良かったなあ…。ちょっと後悔。

 この曲が終わって、B5ホールのスポンサーのブルボンのサロンに行って、ジュースとお菓子をいただいて、ちょっとだけのんびりしてから、展示ホールに向かいました。展示ホールは、すでに、あっちこっちのブースが解体されて、いかにも“祭りのあと”って感じになっていました。

 あああ、終わっちゃった。今年のラ・フォル・ジュルネが終わっちゃったよ。そう思うと、なんとなく心が寂しくなりました。

 でも、これで良かったんだと思う。これ以上は、体力的に無理(笑)。それに、お腹一杯になるほど、たくさんの音楽を聞きました。ちょっと苦手だったショパンという作曲家についても、ちょっとだけ得意になれたかもしれない。

 やっぱり、フランス音楽って、つかみ所はないけれど、いいね。いいものはいいね。そう思いました。

 次回は、ラ・フォル・ジュルネ全般に関する、まとめ的な事を書いてみます。

« 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その7…やっぱりヴァイオリンを始めたい! | トップページ | 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その9…2010年のラ・フォル・ジュルネに参加して感じた事 »

ラ・フォル・ジュルネ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/48393354

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その8…最後はやっぱりフルートでシメる:

« 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その7…やっぱりヴァイオリンを始めたい! | トップページ | 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その9…2010年のラ・フォル・ジュルネに参加して感じた事 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん