ひとこと

  •  来年(2019年)10月から消費税が増税されます(8%->10%)。それに伴って、軽減税率というのが導入され、外食と酒を除いた飲食物の税率が8%に据え置かれます。で、外食をどこで線引するかで混乱しているようです。スーパーで購入したおにぎりを、イートインコーナーで食べたら外食扱いで税率は10%になるのに、お店の片隅に設置されたベンチで食べたら持ち帰り扱いで税率が8%になるのは、なんか変。外食と言うのは、高級レストランや料亭だけでなく、ファミレスもあれば、スーパーのイートインコーナーもあるわけだけれど、きっと軽減税率を考えたお役人さんの頭の中には、庶民感覚がすっぱり抜け落ちていて“外食=ぜいたくな食事”って考えたんだろうね。だから外食は軽減税率の対象にはしなかったわけだ。でもね、実は安い外食って、自炊するよりも安価なんだよね。だから、そこそこお金に苦労している人は、案外、外食が多かったりするんだよ。なので、庶民の生活の事を考えたら、外食も軽減税率の対象にするか、あるいは安価な支払いの外食(例えば、一回の支払いが1万円以下とか…)は軽減税率の対象にするとか…の方が、いいんじゃないの?

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その4…これで1500円とはタダみたいなものだね | トップページ | 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その6…ポーランド民謡&舞踏なんて、始めて見たよ »

2010年5月16日 (日)

2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その5…シューマンは狂気の人だからね

 エンゲラーさんの演奏でお腹一杯になった私ですが、だからと言って、店じまいにするわけにも行かず、次のプログラムに向かう事にしました。
 
 
マスタークラス(ヴァイオリン)

 やっぱり、ラ・フォル・ジュルネと言えば、マスタークラスでしょう。今回のマスタークラスはヴァイオリンです。先生は、レシス・パスキエ氏、曲はシューマン作曲「ヴァイオリンソナタ第1番第一楽章」です。

 本当は余裕で入れるはずの時間で計画していたのですが、エンゲラーさんがたっぷりアンコールをしてくださったおかげで、マスタークラスの入場制限にひっかかってしまいました。会場に着いた時点で、すでに入場待ちになってしまいました。それも私の前には10人以上の入場待ちの客がいるんです。『中から人が出てきたら、その人と交代して入れます』って事だったけれど、始まる前に退席する人なんていないので『こりゃあダメだな』と半ばあきらめたものの、最後まで何が起こるか分からないのがこの世なので『曲の演奏が始まるまでに入れなかったら、あきらめましょう』と決めて、しばらく待っていました。

 もちろん、誰も開始前に退席する人はいなかったのですが、今回の会場誘導の係員のお兄さんはかなり有能な人でした。なんと、満員の会場で、すでに中にいるお客さんたちにお願いして、10人以上の人が入れるようにしてくれました。もちろん、私も開始ギリギリになってしまいましたが、無事に会場入りできました。ありがと>会場誘導のお兄さん。

 先生と生徒さんと通訳さんが入場されて、すぐに演奏が始まりました。シューマンのヴァイオリンソナタ第1番…私は、この曲、好きかもしれない。

 演奏が終わると、さっそく先生の指導が始まりました。マスタークラスにやってくる先生にも色々なタイプがいますが、今回のパスキエ先生は、観客の前で見せる授業だという事をとても意識していたようです。言葉も、生徒さんに向かって語る言葉もあったけれど、直接観客に向かって語っていた言葉もたくさんありました。

 さて、例によって、私の心に残った言葉を以下に列記していきます。

・音楽を演奏する人には、イマジネーションを表現する権利が与えられています。だから、自分自身の中からわき出るイマジネーションを大切にして、それを表現しないといけません。

・シューマンは高音域が好きではない作曲家です。

・“弓使い”は“息使い”です。

・シューマンはもっとソステヌートで演奏しないと、シューマンの音楽になりません。

・ピアノとヴァイオリンでは音量差があります。ヴァイオリンはよりパワフルに演奏しないといけないし、デュナーミクもより大きくつけないとピアノに負けます。

・ヴァイオリンでは、エモーションはヴィブラートで表現するものです。

・シューマンは狂気の人だから、演奏家も、その狂気につきあわないといけません。

・ヴァイオリンはピアノを、ピアノはヴァイオリンをよく聞き、問題点を分かち合わないといけません。

・弓の中央部で弾く時は、音が弱くなりがちだけれど、そこはきちんと手を使って、弱くならないように弾かないといけない。それはまるで、息をキープしながら歌い続ける歌手と同じです。

・ヴァイオリニストは、歌手と同じような存在であることを自覚しないといけません。

・シューマンを理解するためには、彼の歌曲を聞かないといけません。シューマンのすべては歌曲にあります。だから、シューマンを演奏する人は、歌曲を聞き込まないといけません。

・作曲家の人生について知ることはとても大切な事です。彼らは作曲家である前に一人の人間だからです。彼らの人間性を理解することで、より曲の理解が深まります。
 
 
 このパスキエ先生は、生徒さんを実にたくさん誉めてました。誉めて育てるタイプの先生だと思います。それと、自分のスタイルを生徒に押しつけない先生でもあります。生徒のやりたい方向を見極めて、その方向に向かってのアドヴァイスをする先生です。

 それにしても、ヴァイオリンって、いい音色のする楽器ですね。ああ、うらやましい。

 マスタークラスが終了しました。時刻はちょうどお昼でしたが、昼食を食べている余裕がありません。次のプログラムは…丸ビルに移動して「ショパン展」です。そこで、朝の東京駅で購入したサンドウィッチをつまみながら、丸ビルに移動することにしました。
 
 
ショパン展

 食べながらの移動です。はっきり言って、お行儀悪いです。とても子連れじゃできません(笑)。でも、とっても時間の節約にはなるんですね。国際フォーラムを出てから、つまみ始めて、丸ビルに到着する前には食べ終わってました。それにしても、サンドウィッチの美味しい事。屋台村の食事とはまるで違いました。

 ショパン展、ホームページはこちらです。こちらの目玉はなんと言っても、ショパンの「マズルカ 6-2」の自筆草稿譜面が見れる事です。ショパンの肉筆が見れるんですねえ。お好きな方にはたまらない展示会です。私は、それほどでもないので「ほー、これがショパンの自筆譜ね。ま、モーツァルトほどじゃないけれど、見やすい譜面かな?」程度でした。いやあ、ありがたみの分からない奴でごめんなさい。

 会場には、この自筆譜以外にも、自筆譜のコピーがあったり(これが実によくできたコピーでした)、初版譜があったり、自筆譜と印刷譜が並べてあったり、それなりに興味深い展示会でした。なによりも、この展示会が無料っての、うれしいですね。

 さて、丸ビルを出た私たちは、国際フォーラムに戻るかと思えば、そこを素通りして、別の場所に向かいしました。果たしてそこは…続く(笑)。

« 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その4…これで1500円とはタダみたいなものだね | トップページ | 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その6…ポーランド民謡&舞踏なんて、始めて見たよ »

ラ・フォル・ジュルネ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/48363985

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その5…シューマンは狂気の人だからね:

« 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その4…これで1500円とはタダみたいなものだね | トップページ | 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その6…ポーランド民謡&舞踏なんて、始めて見たよ »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん