ひとこと

  •  来年(2019年)10月から消費税が増税されます(8%->10%)。それに伴って、軽減税率というのが導入され、外食と酒を除いた飲食物の税率が8%に据え置かれます。で、外食をどこで線引するかで混乱しているようです。スーパーで購入したおにぎりを、イートインコーナーで食べたら外食扱いで税率は10%になるのに、お店の片隅に設置されたベンチで食べたら持ち帰り扱いで税率が8%になるのは、なんか変。外食と言うのは、高級レストランや料亭だけでなく、ファミレスもあれば、スーパーのイートインコーナーもあるわけだけれど、きっと軽減税率を考えたお役人さんの頭の中には、庶民感覚がすっぱり抜け落ちていて“外食=ぜいたくな食事”って考えたんだろうね。だから外食は軽減税率の対象にはしなかったわけだ。でもね、実は安い外食って、自炊するよりも安価なんだよね。だから、そこそこお金に苦労している人は、案外、外食が多かったりするんだよ。なので、庶民の生活の事を考えたら、外食も軽減税率の対象にするか、あるいは安価な支払いの外食(例えば、一回の支払いが1万円以下とか…)は軽減税率の対象にするとか…の方が、いいんじゃないの?

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その3…生プレイエルを聞きました | トップページ | 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その5…シューマンは狂気の人だからね »

2010年5月15日 (土)

2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その4…これで1500円とはタダみたいなものだね

 今年のラ・フォル・ジュルネの東京国際フォーラムでの開催は、わずかに三日間。とは言え、三日とも出動していたら死んでしまうので、中日は家で大人しくしていました。この日は、NHKがラ・フォル・ジュルネの生中継をしてくれたので、私はFMを中心に聞いてました。いいね、家に居ながら、ラ・フォル・ジュルネを楽しめるなんて。

 で、最終日の三日目は出動しましたよ。そう、まっすぐ、東京国際フォーラムに向かいました。息子君は昨日から、祖父母の家に遊びに行きましたので、今日は夫婦二人きりの強行スケジュールで頑張りました。
 
 
エンゲラーのショパン

 会場に到着して、まっすぐ向かったのは、ガラス棟のG409号室。普段は会議室として使っているこの部屋が今回のコンサートホールです。わずかに153席。私はまたしても、センターの前から2列目という、ベストな位置をキープ。いやあ、ラ・フォル・ジュルネでは、いつも座席に恵まれている私です。

 演奏者は、ラ・フォル・ジュルネのビッグマムこと、ブリジット・エンゲラーです。曲目は変更があって、事前の予定ではショパン半分、リスト半分のはずでしたが、実際はオール・ショパンに変更になりました。

 おやおやと思っていましたが、その理由はすぐに分かりました。エンゲラーさん、風邪をひいて、すごく体調が悪いんですよ。まだ午前中なのに、最初から疲労困憊だし、息はゼエゼエいっているし…。

 後で聞いた話ですが、この日、体調が悪かったのは、エンゲラーさんだけでなく、多くのピアニストたちの体調が悪く、曲目変更とか、サイン会のキャンセルとか、コンサートの演奏者の交代とかがあったそうです。一体、何があったのでしょうか? 誰か、毒でも盛ったのかい?

 とにかく、体調不良だったので、体力的にキツいリストを避けて、手慣れたショパンにしたのでしょうね。でも、私的には、オール・ショパンでかえって良かったです。

 というわけで、曲目は以下の通り。

ショパン作曲「ノクターン 嬰ハ短調 KK IV a-16 [遺作]」
ショパン作曲「3つのノクターン op.9」
ショパン作曲「2つのノクターン op.27」
ショパン作曲「2つのノクターン op.48」

 一曲目のノクターンは「戦場のピアニスト」のテーマ曲、作品9-2は、いわゆる「ショパンのノクターン」と呼ばれる曲で、映画「愛情物語」のテーマ曲です。そんな映画で使われた曲も含まれた、割とポピュラーな曲で構成された、聞きやすいプログラムでした。

 ブリジット・エンゲラーというピアニストは、ホンモノのピアニストですね。曲ごとに音色を変えて演奏しています。やさしくて柔らかい音から、柔らかいけれど芯のある音、粒立ちのハッキリした音を奏でるかと思えば、水面に落とした滴のような音まで。曲の性格に合わせて、巧みに音色をチョイスして演奏するんですよ。

 私は正直、今まで「ピアノなんて猫が弾いても音が出る」とか言って、音色の点では軽くみていたフシがあります(ピアニストの皆さん、ゴメンなさい)が、できる人がやれば、音色のコントロールもバッチリな楽器なんですね。…しみじみです。

 さらに、この人の特徴なんでしょうね。テンポはあまり揺らさずに、デュナーミクの幅広さで勝負をしてきます。小さい音は、本当に小さくて薄くて軽いのに、大きな音は部屋が割れるんじゃないかと思うほどに大きく。

 演奏は良かったですよ。何と言っても、ピアノの音が美しくて…。でも、やはり、CDには、この音は入らないよねえ…。

 それと、エンゲラーさんは、演奏していて、とても息苦しかったようです。時折、演奏中にコホコホやってましたが、そんな事は全然気にならないくらい、立派な演奏でした。これで体調が万全だったらと思うと…やっぱり、すごい人です。

 朝の一番がこれでした。いやあ、このコンサートだけで、すでにお腹一杯です。これで1500円とは、安いねえ…。

 体調が本調子でないのだし、ラ・フォル・ジュルネってアンコール無しのお約束だから、やるべき曲の演奏を終えたら、さっさと解散にしてもいいのに、エンゲラーさん、観客の拍手に答えて、アンコールをしてくれました。それも三曲も。

シューマン作曲「インテルメッツォ」
ショスタコヴィッチ作曲「ポルカ」
ラフマニノフ作曲「ポルカ・イタリアーノ」

 ショパンの後のシューマンは、口直しに最高ですね。さらに、ショスタコヴィッチやラフマニノフまで。これらのアンコールだけでも、たぶん20分くらいあったと思いますよ。お腹一杯食べた後に、これでもかっと、デザートの山が出てきたような感じです。それにしても、ショパンの時に、音色の多彩さに驚きましたが、アンコールの曲もまた、全然違う音色で演奏してました。エンゲラーさんは、単に音が美しいというだけでなく、本当にたくさんの音色を持っているピアニストなんだと思いました。この多様な音色がこの人の武器なんだと思いました。

 私は、このビッグマムのファンになりました。すごいピアニストだよ、この人。

 続きは、また明日で~す。

« 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その3…生プレイエルを聞きました | トップページ | 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その5…シューマンは狂気の人だからね »

ラ・フォル・ジュルネ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/48357666

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その4…これで1500円とはタダみたいなものだね:

« 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その3…生プレイエルを聞きました | トップページ | 2010年 ラ・フォル・ジュルネに行ってきたよ その5…シューマンは狂気の人だからね »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん