お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« フルートとトラヴェルソは違う | トップページ | 春眠、居眠りに勝てず[2010年4月第1週・通算12週] »

2010年4月 3日 (土)

最近のエサ場の風景

 金魚のエサの回数を、一日2回から、一日1回(朝のみ)に変更して、だいぶ経ちました。だいぶ経ったにも関わらず、金魚たちは、なかなかその事実を受け入れがたいようです。

 以前やっていた、夕方のエサの時間にエサねだりをするのは止めた様ですか、新たに人の姿を確認すると、時間に関係なくエサをねだるようになりました。おそらく「今日はまだエサをもらっていないよー」とでも訴えているんでしょうね。人間同士は言葉でコミニュケーションが取れることを、金魚は知らないのかもしれませんが…。

 エサは朝一回なんです。それも金魚水槽のライトを付けて、少ししたらエサをあげてますが、今や、点灯がエサやりの合図みたいな感じで、それまで熟睡していた金魚たちが、点灯するやいなや、エサをよこせと暴れ始めます。

 エサの食べ方が、以前にも増して、ワイルドになっているような気がします。まるで、神社などにいる、池の鯉のようです。もう、バクバク音を立てながらエサを食べてます。

 なにしろ、サツキなどは転覆しながら、必死にエサをねだりに来ますからね。ちなみに、チズルは相変わらず、ヘタレていて、エサを食いっぱぐれているようです。あ、キッカは賢いので、エサ争奪戦には加わらず、流れてくるエサを悠々と食べています。

 あ、それと、エサの回数が減ったので、金魚たちの性格が多少、獰猛というか、荒れてきたような気がします。

 ブニョはよくサツキをいじめていますし、チヅルは人に向かって、苛立っている素振りを見せる様になりました。他の子たちも、人間に向かってガンを飛ばしている様な気がします。

 「武士は食はぬが高楊枝」と言いますが、金魚は武士ではないので、空腹に負けて、すぐにケンカしちゃいます。

 そうそう、シジミやタニシが金魚に食べられています。今までは仲よく共存していましたが、やはり空腹にかなわないようです。貝類って美味しいからなあ…。三匹しかいないエビたちは、いつまでもつかな…。

« フルートとトラヴェルソは違う | トップページ | 春眠、居眠りに勝てず[2010年4月第1週・通算12週] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近のエサ場の風景:

« フルートとトラヴェルソは違う | トップページ | 春眠、居眠りに勝てず[2010年4月第1週・通算12週] »

フォト
無料ブログはココログ