ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« アンサンブルできる相手を探さないとね… | トップページ | 見学者がやってきて、メンバーが増えました »

2010年4月20日 (火)

二重唱はこれでお終いです

 声楽のレッスンに行ってきました。

 レッスンの始めは、いつもたっぷり雑談です。今回の雑談は、プロオケや指揮者のギャラの話だったり、ソリストのギャラの仕組みの話だったり、商売としてのエキストラの実態の話とか、昨今の市民オーケストラの内実とか、プロ歌劇団の現状とか、そりゃあもう、興味深い話満載でした。素人には窺い知れない事がたくさんあるのです、はい。

 さて、レッスンは発声練習から。ハミング→ミ→アという奴で、響きを保ったまま声にする練習。私はすぐに響きのない、薄っぺらな声を出してしまいがちなので、こういう練習を常日頃からしないとダメだよね。

 今回のレッスンは、徹底的に二重唱でした。というか、二重唱を完成させるというのが目的です、なぜなら…次回の歌劇団の練習の時に、この二重唱を団員の前で披露する事になったからです。披露するからには、団長としての面目が保てるように歌わないと(笑)。

 とにかく、演技までは手がまわらないので、歌だけでも他人様に披露できるようにしましょうという線でレッスンを受けました。仕上げ練習なので、結構細かいところを、色々と注意されました。

 まずは歌う箇所としゃべる箇所をきちんと区別し、歌うところはきちんとカンタービレで、しゃべるところはちゃんとしゃべり口調で、中途半端な事はしないように。それと、歌としゃべりの切り換えはスムーズに、ってところでしょう。

 歌う箇所については、一度全部をアで歌ってみました。そして、その感覚を忘れないようにして、歌うように注意されました。これは歌の部分をしゃべりすぎているから、この歌う感覚を忘れないようにしましょうというわけです。

 細かいところでは、「-rr-」はしっかり巻きなさいとか、母音オは常に縦開きで歌いなさいとか、しゃべる時も口先でしゃべらないようにとか、常に声は奥に入れたまま歌ったりしゃべったりしなさいとか、しゃべる時は音程を付けるなとか、言われました。

 とにかく、モーツァルトは、実にきちんと作曲しているので、素直に歌えばそれでOKなんだそうです。下手な小細工はしないほうが良いとの事、ラジャーです。

 現段階でやれるだけの事はやりました。あとは、次回の歌劇団の練習で発表をして、この曲はお終いです。これが終わったら、しばらく二重唱はお休み。当面はテノールとしての練習をしていきましょうとのこと。なので、次回からはコンコーネをたっぷりやる事になりました。とにかく、私は、まだまだ高音が安定しませんからね。そこんところをきっちり練習しておかないと、オペラアリアなんて歌えるようになりません。

 ま、本音で言えば、コンコーネも悪くないけれど、歌も歌いたいです。

« アンサンブルできる相手を探さないとね… | トップページ | 見学者がやってきて、メンバーが増えました »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

モーさんのどの二重唱ですか?
楽しそうですね。

歌のテクを押さえるなら、マルケージも良いですよ。
曲が結構楽しかったし。
先生に相談されてみて下さい。

>おぷーさん

>モーさんのどの二重唱ですか?

 「Crudel! perche finola(ひどいやつだ:伯爵とスザンナの二重唱)」です。私は伯爵を歌いました。私はテノールですが「二重唱は始めてだし、まだ高音が安定していないから」という理由で、本来はハイバリトンの役である伯爵を歌いました。おかげさまで、発声については楽をした分、言葉とか表現とかそういう部分にエネルギーを注ぐ事ができました。

>歌のテクを押さえるなら、マルケージも良いですよ。

 ははは、先生に相談したら一蹴されちゃいますよ。私はまだ、コンコーネ50番の6~8番を、のんびりとやっている身の上ですからね。まだまだマルケージは遠い遠い将来の話です。でも、いずれはやってみたいです。

Si!が映える曲ですね。happy01

そう言えば、私ももう一度コンコーネやった方がいいかもしれません。
基本ですからね。
ピアノのハノンは、音階練習をよくやってますが、こういう歌の基礎本の事、
忘れてました。

>おぷーさん

 そうですか、ソプラノが映える曲ですか(映えていたのか?)。

 それはともかく、ピアノであれ、なんであれ、基本って大切でしょうね。まだ、基本すら満足にできませんが、それでもその「大切なんだろうなあ…」と言うのはわかります。
 楽器だと、スケールとロングトーンが基本だと思いますが、歌だと、それに当たるのはなんでしょうね。歌の人も、スケールとかロングトーンとか、やらないわけじゃないだろうけれど、あんまり聞かないですからね。

歌の基本は、レガートに歌う事です。
日本語は、特に言葉がレガートに出来てないので、コンコーネやイタリア古典で、
レガートに歌うのを練習するのは必須です。
後は、息の使い方です。
例えば、バッハやモーちゃんのコロを腹筋でやったりしては息が続かないでしょう?
口と腹で如何にコントロールするか等を研究しなくてはいけません。
歌う時の姿勢も大事です。
基本は、バレリーナの基本姿勢1です。(足を180度広げなくてもいいけど。)

こんなとこかな?

>おぷーさん

 レガート…四六時中、先生に注意されているなあ。簡単そうに見えて、実は難しい。結局、レガートって、うまく息を流していかないとできないわけで、それは息の使い方にも通じる事ですね。

 アジリタは…まだまだ私の手には負えません。昔、モーちゃんの「ハ短調大ミサ」でコロコロ歌って目が回った記憶があります。歌っているのに行方不明になるってのは、歌えていない証拠だね(ため息)。

 姿勢は…声楽を始める前は猫背だったけれど、今では一応、シャンとしてます。デブだけど、あんまりお腹も出てないし(割とお腹をひいている事が多いからね)、声楽を始めて、姿勢は良くなったと思います。

 レガート、息の使い方、姿勢。うん、肝に銘じておきます。感謝です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/48128930

この記事へのトラックバック一覧です: 二重唱はこれでお終いです:

» パートナーとしてのピアニスト [ただ憧れを知る人だけが。。。。]
ここにもときどきいらしてくださっている すとんさんのブログ。 http://stone.tea-nifty.com/blog/2010/04/post-0c42.html 毎日更新してくださっているし、声楽も勉強なさっているので 楽しみにしています。 すとんさんのブログから同じく音楽を教えていらっしゃったり演奏なさる方のブログも見に行けるので他の方のブログもひそかに?読ませていただいたりしています。 その中で伴奏について書かれている方がいらっしゃったのです。 そうよねぇ、難し...... [続きを読む]

« アンサンブルできる相手を探さないとね… | トップページ | 見学者がやってきて、メンバーが増えました »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん