ひとこと

  •  昨今話題のフェイクニュースですが、日本語で言うところの“虚偽報道”であり、簡単に言っちゃえば“デマ”とか“嘘”です。でも、こんなフェイクニュースですが、コロッと騙されちゃう人も大勢います。イギリスがEU離脱を決めた国民投票だって、多くの人がフェイクニュースに騙されて、うっかり離脱を決めちゃったわけだし、アメリカ大統領のトランプ氏が選ばれたのだって、フェイクニュースのおかげとかじゃないとか…? 諸外国ではネットを中心にフェイクニュースが流れますが、日本では新聞テレビなどを通じて、堂々とフェイクニュースが、さも真実っぽい顔して流れてしまうから手におえません。朝日新聞の従軍慰安婦報道なんてフェイクニュースもいいところだね。あと、マスコミの伝家の宝刀“報道しない自由”を駆使する事によって、真実を隠蔽し、世論を自分たちの都合の良い方向に誘導するのは、フェイクニュースとは違うけれど、フェイクニュースよりもたちが悪いと言えば、たちが悪いのです。マスコミには、両論併記のカタチで真実をのみを報道してもらいたいものです…が、無理っぽいですね。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« サツキが沈みました | トップページ | フルートは元々木管? »

2010年4月11日 (日)

花粉症とヤクルト[2010年4月第2週・通算13週]

体重:108.0kg[+0.5kg:+0.1kg]
体脂肪率:32.3%[+0.5%:-0.5%]
BMI:34.1[+0.2:+0.1]
体脂肪質量:34.9kg[+0.8kg:-0.6kg]
腹囲:105.0cm[+-0.0cm:-0.3cm]
     [先週との差:2010年当初との差]

 いよいよ、ヤバイですよぉ~。体重が減るどころか、増える一方で、これはさすがにどうにかしないといけない、危険域に突入しつつあります。分かっちゃいるけれど、なかなか体重は落ちません。カラダが太る時期に突入してきたのかな? 困ったものです。

 ところで、四月もそろそろ中旬で、花粉症の方も、あと一息ってところでしょうか? 花粉症の皆さん、今年はどうでしたか?

 今年の花粉は、例年と比べて、飛散量が少なかったそうですが、アレルギー患者にとっては、「どれだけ飛んでくるか」が問題なのではなく「飛んでいるのか、いないのか」が問題ですよね。だって、ほんの少量の花粉だって、アレルギー症状は出てしまうのですから。

 実際、花粉の飛散量が少ないと言われている今年ですが、それでも花粉症の人は、例年どおり花粉と戦っているわけですし、私の周辺の花粉症患者さんたちは、やはり例年どおり大変なようです。花粉症は、イヤンな病気です。

 で、私ですが、私は決して花粉症の軽い人ではない(どちらかというと、重症な方な)のですが、今年はほとんど症状が出ませんでした。例年なら、鼻も目もひどくって、ノドが腫れて声が出なくなって、発熱までしちゃう年だってあるのに、今年は全然平気。もちろん、一応、マスクはしてますが、それでも今年の場合、目を洗ったのもわずかに3回だけです。例年なら、多い日で一日に3回も目を洗う時があるのに(笑)。

 どうも、花粉症がちょっとかもしれませんが、良くなったようです。で、その原因をつらつらと考えるに、どうも、ヤクルトが原因ではないかな?って気がします。

 実は私、花粉症のシーズン開始直後からヤクルトを飲み始めました。それも普通タイプではなく“ヤクルト300”という、通常の300パーセントの濃厚タイプのヤクルト。でも、本当は300ではなく、400、それもノンカロリータイプのヤクルト400が欲しかったんですけれどね。

 花粉症が始まって間もない頃、我が家にヤクルトの販売促進のお兄さんがやってきました。そして、いくつかの試供品を置いていって、もし気に入ったら契約して欲しいと言いました。なので、一週間考えさせてほしいと返事をしたんです。

 で、お兄さんが帰った後、それらを飲んだ時に、なぜか、ヤクルト400に惹かれた私でした。『あ、これ、毎日飲みたい』ってカラダが言っているのが聞こえたんです。

 せっかく我が家まで足を運んでお兄さんが営業に来たわけだし、このヤクルト400って宅配専用製品なので、同じものはスーパーでは売っていません。なので、翌週、お兄さんが我が家にやって来たら、契約して、毎日ヤクルト400う飲むことにしよう。それまでは、普通にスーパーで売っているヤクルト300で我慢する事にしよう。そう決めました。

 と言うわけで、花粉症のシーズン始めから、ヤクルト300を飲んでいる私ですが、飲み始めてから、ピタっと花粉症の症状がなくなりました。全く驚きですよ。カゼイシロタ菌って、花粉症に効くみたいです。

 ま、これもいわゆる、一種の“体質改善”って奴だと思います。私の友人で、以前、養命酒を三カ月飲んだら、花粉症が治ったという人がいます。その話を聞いて、それを真似て、私は数年、養命酒を飲みましたが、結局、花粉症は治りませんでした。その代わり、体重が40Kgほど落ちました(笑)。私の場合、養命酒で体質改善をして、花粉症は治らなかったけれど、肥満症は解決しました。養命酒はいい薬です。でも、私の場合、経済的な理由で、養命酒を止めた途端に太り始めました(汗)。そういう意味でも、養命酒って、薬効抜群なんですね。で、養命酒を口にしないまま、今に至ってます(汗)。…だって、養命酒って、安くないんだよ~。

 話を戻しますが、私の場合、ヤクルト300が花粉症に効いたみたいですが、他の人がそれを飲んだからと言って、花粉症が治るわけではないでしょう。花粉症は治らずに、体重が減ってしまうかもしれません。なので、花粉症完治を期待してヤクルトを飲んではダメよ。でも、私の花粉症にはヤクルト300が効いたという事です。

 しかし、ヤクルト300を飲み始めてから、花粉症は良くなりましたが、体重が増えて増えて困ってます(涙)。これも体質改善のおかげです(涙々)。

 まもなく、花粉症の季節が終わるので、ヤクルト300も安くないし、これ以上体重が増えるのも困るので、ヤクルトの飲用を辞めようかなあ…と思案しています。また、来年、花粉症の時期になったら飲むかもしれませんが(笑)。

 なにしろ、チリも積もればなんとやらで、毎日スーパーでヤクルト300を買うのも、なんかねえ…(笑)。最初にヤクルトを売り込みに来たお兄ちゃんは、来週来ますと言ったきり、全然来ません。近所も歩いていません。こっちは待っているのだから、やってきたら、すぐさまヤクルト400(ノンカロリータイプ)を契約していただろうし、契約をしたら、ずっと飲んでいたでしょうが、今頃来ても、もう契約してあげない。ああ、ビジネスチャンスを逃したね。

 ヤクルトは地元の企業でもあるので、親切にしてあげたいんだけどねえ…。

 それはともかく、ヤクルトを甘く見てはいけません。味はほんのり甘いのだけれどね。体質改善はできるみたいです。どんなふうに体質が改善されるかは…人によって違うでしょうが(笑)。

 ちなみにヤクルトのホームページはこちらです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« サツキが沈みました | トップページ | フルートは元々木管? »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

ヤクルトに養命酒、効くのですね~。
養命酒、飲んでみようかな・・・?
ヤクルトですが、二人子供がいると「一人につき一日一本」ができません。
毎日全員分とどくように頼めばよいのかもしれませんが、そんなことをしたらヤクルトは喜ぶでしょうけれど、経済的にピンチになってしまいます。
そのヤクルト400だったと思いますが一ヶ月お試しで頼んでみたのです。(お試しなのでお得だった)
毎週金曜日にまとめて届くのですが、その日のうちに娘二人に飲まれてしまいました。(苦笑)
もちろん継続では頼みませんでした。
うちはヤクルトレディさんがやって来る時間にヤクルトやヨーグルトやジョアをたまに購入しますが、居留守を使うこともあります。(申し訳ないけれど・・・。)

>Ceciliaさん

 ヤクルトは小瓶で販売するので、どうしても割高感が伴いますよね。紙パックにでもいれて販売すれば、もっと安く販売できるだろうにと思いますが…たぶん、それじゃあダメなんでしょうね。

 ヤクルトも養命酒も健康食品という、付加価値付きのものだし、ブランドイメージも確立しているので、確かに手が出しづらいです。でも私、今回のヤクルトは、本当に契約してあげようと思ったんですよ。でも、契約したくとも、契約相手が約束を反故にしたのでは、契約できません。かと言って、こちらからわざわざアクションを起して契約したいなあと思うほどでもなかったんです。

 ビジネスはタイミングですね。

オランダにもヤクルトの工場が出来て、今や、ヤクルトは、オランダ人に馴染みの
飲み物となりました。(その辺のスーパーで売ってます。)
でも、この300や400は無いです。
ヤクルトおばさんも来なくなりました。

近くに住むインド人の友人に、「ね、この飲み物知ってる?飲むと体の調子が良いよ。」
なんて言われてしまいました。
日本の会社が作っていると言う認識があまりない飲み物らしい。
ヤクルトが出てから、オランダの乳酸飲料が沢山出てきました。
面白い現象です。

>おぷーさん

 へえ、実におもしろい話です。ヤクルトは日本のものとは知らずに普及し、日本人に薦める人がいるんだー。「あんたよりよく知っとるわい!」とは口が裂けても言わないでしょうが(笑)。

 オランダ語でも「ヤクルト」は「ヤクルト」で通用しているのでしょうか?

 でも、オランダのスーパーでもヤクルト売っているだ…。何気にすごいな、ヤクルト。ヤクルトが出てから、オランダでも乳酸菌飲料が増えているんだ、ますますすごいな。乳酸菌を食するという文化は、そっちのヨーロッパの文化なのにね。

私もヤクルトは花粉症にいいと実感済みですよ。
お姉さんに感動を伝えましたが
「薬事方の絡みで強く訴求できないんですよねえ」
というお答えでした。

>うぉぉんさん

 おお、うぉぉんさんもヤクルトは花粉症に効きますか?

>「薬事法の絡みで強く訴求できないんですよねえ」

 ま、ヤクルトは薬ではなく、あくまで健康食品ですから、たとえ効能があっても、それを自らが口にするわけにはいかないですね。私はヤクルトが花粉症に効き目があるかもしれないとは知りませんでした。もし知っていたら、養命酒に飛びついた私ですから、もっと早くヤクルトに飛びついたのに…。

 残念です。しかし、来年からは、二月くらいから約三カ月間、ヤクルトを飲むことにします。ほんと、今年は楽でしたもの、花粉症。うれしい事です。


はい、ヤクルトも養命酒も飲んでるかのんです(爆

もともと過敏性腸症候群と診断されたこともある私。神経的になにかあるとすぐにおなかにきます。イタイし急降下するし。あるときヤクルト飲んでたら調子よかったのでその後続けています。今は聞いてるかどうかわかりませんが、さぼるとトイレに駆け込む日が増えるのでたぶん効いてるかと。

花粉症・・・そういえば今年、目がかゆいの少ないかも。効いてるかも!

養命酒、夫が気のせいでもなんでも体質改善だ!とかいいだして半月ほど前から飲み始めました。朝寝起きに1杯、帰宅して1杯、寝る前に1杯。あるとき夫に「最近寝起きいい?」と聞かれ、「うん」と答えたら「よし、養命酒効いてるね」といわれ・・・私はいまいち信じてないのですが、そういうことらしいです。目覚まし時計がなるとバシと上をたたくと音が止まるのですが、また数分後になります。それをバシとたたく音の回数が減ってるそうです。(起きるまでの時間が短くなったらしい)

オランダのヤクルトのCM貼りますね!

http://www.yakult.nl/#/gezondheidsonderhoud/luister-naar-je-darmen/

(あなたのお腹の調子は?)

>かのんさん

 私は過敏性腸症候群ではありませんが、お腹はちょっと弱い方です。これに関しては、ヤクルトを飲んで良くなったというよりも、よりユルイ方向になりましたね(笑)。と言って、特に困っているのではなく、過渡期っぽい感じが自分ではしています。お腹の菌が置き換わっている最中? 体質改善というのは、数カ月単位で行われるものなのでしょうね。毎日少しずつ変わるのでしょう。

 養命酒はよい薬だと思います。また、復活したいなあ…次もやせるかどうか、それは疑問だけれど、ヤクルトのおかげもあって、体重増えすぎだもんなあ。ちょっとトライしてみるかな?

 この年になって思うのは、病気をしないことと、健康であることは、もしかすると、ちょっと違うのかなって思うようになってきた事です。テレビCMで“未病”という言葉を効きますが、未病はやはり健康ではないわけで…ヤクルトとか養命酒って、そのあたりに効き目がありそうですね。本当は、そういう健康食品に頼らずに、未病を克服しないといけないのですが、まあ、これも時代とか色々な影響のせいなんでしょうね。より良い方向にもっていけるなら、健康食品も悪くないかなって思います。

>おぷーさん

 オランダのヤクルトCM、感謝です。さっそく見ました。

 感想…うわー、地味、真面目。たぶん、お国柄なんでしょうね。何を言っているのは正確には分かりませんが、なんとなく察せられます。日本のCMのように、クレイアニメとかぬいぐるみとか使っちゃうと、真面目に受け止めてもらえないのかもしれませんね。

 文化が違うせいでしょうね、外国のCMって、おもしろくて好きです。我彼の違いが感じられますよ。

私は、9月からほぼ毎日ヤクルト400とミルミル(2月まではビフィーネM)のダブル飲用をしてますがw

言われてみれば、今年は毎年きていた「黄砂による咳」がでませんでした。
元々アトピーではないけれど、アトピーみたいな、首にあった赤いかさかさが治りました。
関係があるかはわかりません。

お腹がゆるくなるのは、私も最初なりました。
でも、続けたら、あきらかに「お便り」の様子がかわりました。
時間も毎日一緒だし、まさに理想型ですw
あんまり人に言えませんのでここまでにしておきます。
食事中の方すみません。

個人差があるので、あくまで参考程度に。
ちなみに400で効果があるときいたのは、ぼうこうがん、乳がん、免疫系の病気(インフルエンザ予防など)です。

>アリサさん

 ヤクルト400とミルミルのダブル飲用なら、たっぷり善玉菌を取り込んでいるわけですね。そりゃあ、カラダにもいいでしょうね。

 それにしても…黄砂にもヤクルトが効く! ですね。個人差があるにしても、すごいなあ、ヤクルト。

>ちなみに400で効果があるときいたのは、ぼうこうがん、乳がん、免疫系の病気(インフルエンザ予防など)です。

 この効能は楽しみですね。でも、ヤクルトのすごいのは、そういう病気の予防もそうだけれど、日々の体調が良くなると言った点にあるんじゃないかと思います。それにしても、乳酸菌であろうと、カゼイシロタ菌であろうと、いわゆるバクテリア(つまり雑菌)の類なわけで、日々バクテリアを摂取することで健康になる我々って、ある意味、清潔志向、除菌製品大好き社会の方向とは、真逆だよね。本当は、ある程度不潔な環境の方が、ヒトは健康でいられるのかもしれないなあ…となんとなく思いました。

 それにしても、やっぱり、お腹がユルくなるのは、過渡期の症状なんですね。安心しました。

ヤクルトはピロリ菌をやっつけてくれる働きもあるのですよね。
普通のヨーグルトもいいみたいなので併用していこうと思います。
ただ、日によってヤクの売人(ヤクルトレディ)が来ないんですよね。
今日も雨だし、買えない日はちょっと寂しいです。

>うぉぉんさん

 ほう、ヤクルトはピロリ菌もやっつけるとな。ううむ、そうなると、花粉症の季節は終わったけれど、引き続き300とか400とかまでは言わないけれど、ノーマルタイプだけでも飲んだ方が良いかしら?

 ヤクの売人(笑)が来ないと買えないとは、毎日お届けではなく、売人を見つけては、その都度購入ですか? それはかえって面倒じゃないですか? だったら、スーパー行って買ってくればいいのに。

>普通のヨーグルトもいいみたいなので併用していこうと思います。

 乳酸菌よりも、カゼイシロタ菌の方がカラダにいいのかしら? ね。

ヨーグルトは花粉症や整腸にいいのでした。
ヤクの売人は会社に来ませんか?
たいてい社内を巡回してくれるので座ったままでも買えますよ。
雨だったり子どもの入学式だったりしたら
子持ちの売人さんがお休みなさるのですよ。
夫に飲ませるためにも家でも買おうかなっと検討中です。

>うぉぉんさん

>ヤクの売人は会社に来ませんか?

 来ませんわ。来てもいいのに。ウチの方のヤクルトの営業さん、大丈夫なのかしらね?
 でも、ヤクルトレディが会社まで来てくれるなら、その都度購入でも、別にいいか。新鮮な奴がもらえるし…ね。

 素朴な疑問。ヤクルトって、しばらく放置したら、菌が繁殖して、勝手にノーマルヤクルトがヤクルト300かと400にバージョンアップしないのかしら? だって、あそこの菌って、生きているんでしょ。だったら、時間をくれてやったら、増えそうなもんだけれどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/48048746

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症とヤクルト[2010年4月第2週・通算13週]:

« サツキが沈みました | トップページ | フルートは元々木管? »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん