ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 声質ばかりは神様のプレゼントなので、どうにもできません | トップページ | ジャズっぽい演奏をしよう »

2010年4月 7日 (水)

私の日々のフルートのお手入れ方法(2010年式)

 約半年ぶりでしょうか、久しぶりに、フルートのお手入れ方法の記事を書きます。この半年で、フルートのお手入れ方法が変わったところもあり、変わらぬところもありなので、記録として書いてみます。

 まず、基本ベースとしては、私は面倒くさがりです。あと、マメではありません。なので、フルートのお手入れは一日一回、練習が終わった最後の最後にします。練習を中断する時は、片づけるのではなく、フルートスタンドに差して放置です(笑)。水分がたまって、どうにもならなくなった時は、フルートを組み立てたまま使える、ロングタイプのクリーニングロッドでチャッチャッと管内を拭きます。

 で、一日の練習も終わり、いよいよ片づけとなると、まずフルートを三つに分解して[当たり前]、ウェットティッシュ(百均で購入)でリッププレートを拭きます。それから、ベビー用のガーゼハンカチ(タダみたいに安価)をクリーニングロッドに巻いて管内を通過させたら、BGのヘッドスワブ(こいつは入手困難か? 私は銀座のヤマハで買いました、千円程度)で頭部管の中の水分をきれいに取ります。

 それから綿の手袋(ドラッグストアで購入、極めて安価)をはめて、東レのトレシーで外側を拭きます。日々のお手入れは、これだけ。たまに時間があると、キーメカの細かい部分を豚毛の絵筆(画材店で購入。千円前後で意外なお値段)で掃除してみたり、綿棒にアルコール(薬局で無水アルコールを購入。1500円前後)をつけてライザを掃除したり、セーム革(家電店で購入。デジカメ用、千円程度)で管体を磨いたりもします。でも、それだけ。

 お手入れの時に手袋をはめるのは、不器用だからです。本当は大きなトレシーを使ってフルートを持ちながら磨けばいいのだろうけれど、それをやると、フルートを落としそうなので、手は手袋をはめ、磨き布は磨き布として別に使うことにしました。

 そうそう、普段使いの磨き布がトレシーに変わりました。以前は、セーム革をメインに使っていたのですが、それがトレシーに変更です。深い理由は別にありません。ある日、アルタスから郵便で「フルート磨きに使ってください」とトレシーが届いたので、それを使っているだけです。当時使っていたセーム革が汚れてきて、そろそろ洗濯しないといけないなあ、でも面倒だなあと思っていた時だったので、あっさりセーム革からトレシーに切り換えました。

 変えた感想ですか? セーム革で磨いた方がフルートはピカピカになると思います。光沢が増すって感じです。でも、トレシーは薄いので、取り扱いが楽だし、細かいところまで拭けるし、バックに入れてもスペースを取らないので便利だし、総合的に考えると、日々のお掃除用には、トレシーの方が便利かな? だいたい、貰い物なのでタダだし(笑)。なので、トレシーを普段使いにして、たまに、セーム革を取り出して、ピカピカに磨くという作業をします。

 ポリッシュ系のものは一切使っていません。フルートって、毎日練習すると、一週間ほどで、リッププレートが薄汚れてくるでしょう。以前は、その汚れが気になったので、週末のたびに、シルバークロスを使って掃除をしていましたが、それでも丹念に磨かないとリッププレートがきれいにならなかったので、ちょっと閉口してました。そこで「その日の汚れはその日のうちに」というわけで、毎日、ウエットティッシュで、リッププレートを軽くぬぐうようにしたところ、いつもキレイに保つ事ができ、シルバークロスの出番はなくなりました。もちろん、ウエットティシュで拭いた後は、きちんとトレシーで拭き掃除をします。

 そうそう、豆知識。お手入れの際は、フルートの持ち方に気をつけましょう。原則として、メカ部分は持たないこと。足部管や胴部管のお手入れの時は、管の一端に指(主に左人指し指)を入れ、反対側はふくよかなお腹にあてて、二点を固定して、お手入れしてます。

 あと、どうしてもピカピカでないと気が済まないという人は、希釈したアルコールをスプレー噴射して管体を拭くと良いそうですが、そんな面倒なことは、私はしません。また、しつこい汚れやサビは、ポリッシュで磨くのもいいですが、ベンジンでサッと拭いても取れます…というか、ベンジンの方が楽です。楽ですが、やっぱり私はやりません(笑)。

 結局、楽器屋で売っているお手入れ道具の類で、私が普段から使っているのは、クリーニングロッドだけだな。それもヤマハの一番安い300円の奴(笑)。いやあ、楽器屋に売っているお手入れ道具って、きっと便利なんだろうけれど、ちょっと高めの値段設定なんで、なかなか買えません。

 お手入れに要する時間ですが、私は手が遅いという事もあり、結構かかります。15~20分くらいですが、毎日、それだけの時間をお手入れに使っているのはもったいないです。最近では、発声練習代わりに歌っているような歌(当然、暗譜してます)を歌いながら、手だけをオートマチックに動かして、お手入れをしていたりします(笑)。

 こんな感じの簡便なお手入れですが、とりあえず購入して2年ですが、外部には黒づみはまだありません。管内は以前アップしたとおり、炭のように真っ黒ですから、こんなお手入れ方法でも、十分な効果があると思います。

 ま、いずれオーバーホールに出すのだから、本格的にピカピカにするのは、その時に、磨き職人さんにお願いすればいいやと思ってます。

« 声質ばかりは神様のプレゼントなので、どうにもできません | トップページ | ジャズっぽい演奏をしよう »

フルートのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

リッププレートのよごれ、マウスピース用のクリーナースプレーが気になっています。
消毒用エタノールをスプレーにしても使えるかなとか。
最近は、リッププレートの汚れもトレシーです。良く落ちますね、トレシーは。

皮脂汚れを取るなら、すとんさんも使っている
無水エタノールは良いですよね。
エタノールの純度が高いので、(ほぼ100%)
値段は消毒用より4割ほど高いのですが。
消毒用エタノールは20%ほど水で希釈されてますからね。

一点、キーポストは潤滑オイルが入っているので、
スプレーはかからないように注意しておいた方が良いですよ。

燃料用などのメタノールは毒性が強いので論外ですけどね。


コメントしましたが、全然掃除してません...。

>かのんさん

 リッププレートって案外汚れますよね。マウスピース用のクリーナースプレーというのがあるんですか? 専用品ならバッチリですね。無論、消毒用エタノールのスプレーでも同じ効果があると思いますが…。

 でも、ながらく放置しちゃった頑固な汚れは、やっぱりポリッシュ系が一番だと思います。その代わり、ちょっとばかり、メッキが減っちゃいますけどね。あと、溶剤系のシンナーとかベンジンですが、メッキフルートが相手だと、溶剤系はちょっと怖いですね。

 トレシーはいいです。薄くって、頼りなさ気ですが、案外、働き者です。汚れ落としならバッチリです。あと、眼鏡ふきに使えますし(って、逆じゃん)。ただ、トレシーではピカピカにならないのが残念です。

>ひょっとこさん

 そうそう、潤滑オイルの事をすっかり忘れていました。本当は、お手入れの時に、オイルを差すべきなんだと思います。その方がメカの動きがスムーズになるし、無駄な磨耗を避けることができますからね。

 でも、自分でオイルを差した事はないです(笑)。調整に行った時にお願いしてます。ヤマハやムラマツは自社フルート用のオイルを販売してますが、アルタスの場合はどうしたらいいんだろうか? 来月あたり、アルタスさんに調整してもらうので、忘れなかったら、その時に尋ねてみます。

 スプレーをかけてお手入れをする人は、オイルを差すのも必須でしょうね。私は…スプレーしないので、まあいいや(笑)。

 フルートに差すオイルは、ミシンオイルとか、いわゆる機械油じゃ…いけないんだろうなあ。食用油とかも…どうなんだろ? オリーブオイルとか美味しそうだし、ゴマ油なんか良い香りがするけれど? アロマテラピーで使うようなものだと、どうなんだろ?

 あと、ひょっとこさんも書いてますが、アルコールはエタノールを使用する事。メタノールは安いですが、毒ですからね。フルートは口に直接つける楽器ですから、毒を使っちゃダメ。失明しちゃうよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/48014930

この記事へのトラックバック一覧です: 私の日々のフルートのお手入れ方法(2010年式):

« 声質ばかりは神様のプレゼントなので、どうにもできません | トップページ | ジャズっぽい演奏をしよう »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん