ひとこと

  •  来年(2019年)10月から消費税が増税されます(8%->10%)。それに伴って、軽減税率というのが導入され、外食と酒を除いた飲食物の税率が8%に据え置かれます。で、外食をどこで線引するかで混乱しているようです。スーパーで購入したおにぎりを、イートインコーナーで食べたら外食扱いで税率は10%になるのに、お店の片隅に設置されたベンチで食べたら持ち帰り扱いで税率が8%になるのは、なんか変。外食と言うのは、高級レストランや料亭だけでなく、ファミレスもあれば、スーパーのイートインコーナーもあるわけだけれど、きっと軽減税率を考えたお役人さんの頭の中には、庶民感覚がすっぱり抜け落ちていて“外食=ぜいたくな食事”って考えたんだろうね。だから外食は軽減税率の対象にはしなかったわけだ。でもね、実は安い外食って、自炊するよりも安価なんだよね。だから、そこそこお金に苦労している人は、案外、外食が多かったりするんだよ。なので、庶民の生活の事を考えたら、外食も軽減税率の対象にするか、あるいは安価な支払いの外食(例えば、一回の支払いが1万円以下とか…)は軽減税率の対象にするとか…の方が、いいんじゃないの?

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 今更ですが、一つ分かったこと | トップページ | まるで子どもがフルートを吹いているみたい »

2010年3月 2日 (火)

2010年ラ・フォル・ジュルネの有料コンサートが発表されました!

 えーと、情報が遅くてごめんなさい。気がつくのが遅くって…。

 今年の、ラ・フォル・ジュルネ(・オ・ジャポン…つまり東京の話をします)のテーマは「ショパンの宇宙」だそうです。ショパンだよ、ショパンだよ、チョッピンだよ。

 日程は、例年通り、東京国際フォーラムでの開催で、5/2(日)~5/4(火)と、昨年同様、たった三日間の規模縮小の方向で行われます。ううーん、不況なんだなー。

 で、有料コンサートが発表されました。詳しくは公式ブログ(こちら)をご覧ください。

 これを見て、どのコンサートに行こうかな…って品定めをするわけですが、今年は“行きたいコンサート”がないです(涙)。どうしましょう。行きたいコンサートはないけれど、ラ・フォル・ジュルネそのものには行きたいし、楽しみたい。ああ、矛盾(爆)。

 ラ・フォル・ジュルネを楽しむためには、当日のチケットが必要なので、たとえ行きたいコンサートがなくても、何か楽しそうなコンサートを見つけて、チケットをゲットしないといけません。

 と言うわけで、プログラム表を改めてチェックしてみましたが…大好きな声楽曲がほとんどありません(涙)。フルートが活躍する曲もほとんどありません。大好きなフランク・ブラレイ先生(フランスのピアニスト)のコンサートが今年はありません。ああ、一体、私はどうすればいいのでしょうか?

 ショパンがテーマと聞いていた時から、声楽曲&フルート曲は諦めました。ショパンはほぼピアノオンリーと断言しても良い作曲家ですからね、彼にピアノ曲以外を求める方が間違っているのです。ただ、大好きなフランク・ブラレイ先生の演奏なら、曲にこだわらずに聞いてみようと思っていたのですが、ブラレイ先生、来ない…。ううむ、八方塞がりです。

 ざっと、プログラムを見ると、ボリス・ベレゾフスキーとイド・バル=シャイとブリジット・エンゲラーの名前を多く見ますね。これらの方々のファンの方は、まさに垂涎モノでしょう。どのコンサートを見るか、とても迷われると思います(うらやましい)。

 で、このお三方が目立つ事からも分かるとおり、ピアノのコンサートがやたらとあります。当たり前と言えば当たり前ですが、ピアノだらけです。

 今年のラ・フォル・ジュルネは、例年と客層が変わるだろうなあ。今まではなんだかんだ言っても、クラヲタがたくさんやってきました。クラヲタと言うのは、オーケストラ命の方々が大半ですからね。でも、今年はオケのコンサートは少ないです。さらに歌手も少ないです。ピアノ音楽ばっかり。コンサートを主催する側から見ると、ギャラが高いのは、オケと歌手なんですよ。この二つは馬鹿みたいにギャラが高い。だから、オケと歌手の登場回数を減らせば、経費的にはだいぶ助かるのだろうと思います。ああ、だからショパンなのか。

 で、客層もクラヲタから、ピアノ少女(&元少女)に変わるわけです。ああ、会場が化粧臭くなりそう…。きっと楽譜をめくる音がカサカサするんだろうな。しかし、ピアノ少女たちは、クラヲタのように、湯水のごとくお金を使うでしょうか? まさかね。

 主催者さん、支出を抑えたために、収入まで抑えてしまったんじゃないのかい? 大丈夫かな?

 それに、たしか、去年の秋に、東京でショパンの全曲演奏会をやったばかりじゃない。こんなに短いスパンで似たような企画で、大丈夫かな…。

 ま、そうは言っても、一応、ショパン以外の作曲家の作品も、ラ・フォル・ジュルネでは、演奏されるそうですから、私は、そういうショパン以外のコンサートを探し出して、行くことにしますわ。チケットが取れたら、ここで報告するかもしれません。

 その他、今年のラ・フォル・ジュルネのコンサートの特徴は、毎日必ず一つ「福袋コンサート」と言うのが行われること。この福袋コンサートと言うのは、出演者&演目を一切公表せず、チケットも当日売りしか用意しないという、当日の朝にチケットを買って会場に行ってみないと、何が聞けるか全然分からない、まさに福袋のようなコンサートです。いっそ、これを買ってみようかな? でも、買えなかった時が怖いか(笑)。

 あと、チケットは事前に買えるけれど、「クレール・オブスキテュール(暗がりのコンサート)」と言うのもやります。これは出演者を事前に発表せずに会場を暗くしたまま、ピアニスト同士の演奏対決をするんだそうです。たくさんピアニストさんが出演するそうですね。投票とかするのかな? おもしろそうだね。これは2日と4日の夜にやります。こいつを一つ買っておいてもいいかも。

 蛇足です。“オッターヴァ(公式ホームページはこちら)”という、クラシック音楽専門のインターネットラジオ局があるのですが、ここのホームページの「ニュース」から『ヴァーチャル・サロン 「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン スペシャルナビ 2010」 』という番組にリンクが貼ってあります。ここで、例年開催されている「クラシック・ソムリエ・サロン」が聞けるそうです。

 今までは「クラシック・ソムリエ・サロン」って、事前に応募して、抽選にあたった人だけが聞けるプレイベントだったのですが、今年はこうやって、インターネットラジオで聞けるようにしてくれたそうです。ありがたいことです。色々な話が聞けて楽しそうです。問題は放送時間が約2時間だそうで…せっかく聞けるようにしてくれてありがたいのですが、私には2時間もラジオに費やすことができるほど、余裕のある人生を生きてないのが残念です。どなたか、これを聞いて、要点だけ、教えてくれますか?

 さあ、何だかんだ言っても、今年もラ・フォル・ジュルネの季節がやってきました。ああ、春なんだなあ…。

« 今更ですが、一つ分かったこと | トップページ | まるで子どもがフルートを吹いているみたい »

ラ・フォル・ジュルネ」カテゴリの記事

コメント

フルート曲、ありますよ。
真作かどうか分かりませんが「ロッシーニの主題による変奏曲」です。

>センニンさん

 その曲、今回はフルートではやらないんです。フルートの曲は、ショパン以外の作曲家の作品でとりあげるようですが…有名な方の作品ではないようですし、どんな曲かも知りません。だいたい、カルクブレンナーって誰?

 私が思うに、今回、フルーティストさんたちは、有料コンサートではなく、無料コンサートの方に出場するのではないかな? って思ってます。で、ショパンの有名な曲のフルートアレンジ版を演奏する…って感じだろうなあと思ってます。マルタン氏なら、そう考えそうだもん。

 ただね、無料の方(ミュージック・キオスクって言います)って、結局、酒臭くてねえ…。舞台の回りで酔っぱらいたちがヘベレケになっていたりするんで、私は基本的に、そこで演奏されていても、聞きにいきません。それにマイクを使うし…ね。

 あと歌も、おそらくショパンのメロディーに歌詞をつけたアレンジ作品を、きっと合唱バージョンで、八角形(だっけ?)の無料ステージ(名前が毎回変わるけど、今年なんて名前になるんだろ)でやるんじゃないかと思ってます。ここは酔っぱらいはいませんが、人ごみの中で聞くので、全然落ち着けなくてイヤなんですね。

 クラシック音楽は、ホールで静かに、耳を傾けて聞きたいものです。ジャズなら、ヘベレケであろうが、タバコスパスパでも構わないのだけれど…。

 丸ビルの吹き抜けのところで、フルート曲、やってくれないかなあ…。あそこは、すごく音響がいいんで、フルート向きなんですよね。

ああ、ショーパン(ショートパンツ?ウソ)ですねぇ。一月に事務局に電話で問い合わせをしたら、
パソコンからじゃないと事前予約系のことはできないと言われますた。
電話じゃダメなんですと。私ってば、パソコンのメアドがない人なんです…まぁ、ネット難民ちゅうか、ネット弱者っちゅうか…わほわほ…。
そんなんで、今年も諦めたです。当日行けば何かあるでしょうが、ダラダラと並ぶのも、ムムムだし。
“携帯・もしくは電話でのお申し込みはコチラ…”という展開にいつかなりますことを祈って…。無理かな…。まぁ、いいや。G.W.は逗子あたりに遊びに行きますヨ。たぶん。シラス丼(だっけ?)でも食べます。

>YOSHIEさん

 事前予約というか、会員向けの先行発売ね。それはたしかにパソコンじゃないとダメだったかも。でも、チケットの販売そのものは、一般発売になれば、パソコンからでも、電話でも、最寄りのチケぴやローソンからでも買えるよ。それに、事前予約で全部売り切っちゃうわけでもなくて、きちんと、先行発売分と一般発売分は分けて発売されるので、一般発売でもチケットが買えます。

 先行発売の良さは、人気コンサートのチケットを購入するチャンスが二度あるって事だね。人気コンサートは、ほんとに、あっと言う間に売り切れですから。

 当日券は…ホールAなら、実はたくさんあります(笑)。ホールAはオケ曲とか協奏曲とか有名曲をやるホールなので、ここはこれでおもしろいです。実は私、最初のラ・フォル・ジュルネは当日フラっと行って、ホールAのでオケ曲(「展覧会の絵」と「ラ・ヴァルス」、両方ともラヴェルだね)を聞いて、あとは会場のあっちこっちでやっている、無料コンサートとか、マスタークラスとか、トークショーとか、音楽映画とかを見て楽しみました。これらは無料とは言え、当日券の半券がないと入場できないので、チケットは必須ですね。

 だから、お目当てのミュージシャンがいないなら、当日券でも遊べます。お目当てのミュージシャンとかコンサートがあると…大変なんだけれどね。

 私も、ラ・フォル・ジュルネに行くようになる前のゴールデン・ウィークは、江ノ島でシラス丼を食べてました(笑)。

こんにちは!グーグルアラートのブラレイさんからとんできました。
私もブラレイさんの来日を楽しみにしていた1人です。
毎年手数料を払ってまでブラレイさんだけはチケットを押えていましたが・・今年はそういう努力もしなくて済みそうですね(涙)
↑に書かれていらっしゃる3人のピアニストも聴いた事ありますが・・
昨年聴いたデゼールさんの演奏も中々面白かったですよ!お勧めです!
今年は財布の紐が緩まなくて済みそうですが・・レアな曲を中心にチケットを取りたいなと思っています。
不況な世の中・・・音楽までケチって欲しくないですね(笑)
突然お邪魔して、こちらの意見を長々と書いてm(__)m
投稿が2重になってしまいました・・重ね重ね

>パンジーさん、いらっしゃいませ。

 ブラレイ先生(我が家ではなぜか“先生”とお呼びすることになってます)は本当にやって来ないのでしょうか? 私はまだ信じられません。だって、ショパンですよ。ショパンの時に来なくて、いつ来日する! って感じなんですが、ダメですか?

 サプライズでも後日発表でもいいから、ブラレイ先生、来日してくださらないかしら?
>昨年聴いたデゼールさんの演奏も中々面白かったですよ!お勧めです!

 クレール・デゼールさんですね。それでは、頭の片隅に留めておくことにします。ブラレイ先生以外のピアニストも発掘しておかないと…。

>今年は財布の紐が緩まなくて済みそうですが・・レアな曲を中心にチケットを取りたいなと思っています

 全く、全く、同感です。

>で、客層もクラヲタから、ピアノ少女(&元少女)に変わるわけです。ああ、会場が化粧臭くなりそう…。きっと楽譜をめくる音がカサカサするんだろうな。

ぎゃははは!!
すとんさん、それはナイナイ。だってリサイタルだよね?セミナーじゃないんでしょ?
リサイタルなら客席の照明は落としますから、楽譜をたとえ持参しても見にくいから、広げて見ている人なんていないってば(笑)というか、楽譜をめくる音が「ウルサイ!」ってにらみつけられるのがオチかと。
あ、ショパンの曲の解釈のセミナーならアリかも。

>しかし、ピアノ少女たちは、クラヲタのように、湯水のごとくお金を使うでしょうか? まさかね。

うん、使わないと思います、私も。
ピアノ少女とクラヲタは多分、メンタリティが違う。あ、スターピアニストのおっかけオバチャンたちは別かもしれませんよ。

個人的には、「クレール・オブスキテュール」はオモシロそうですね。この時期は多忙なので私は行くことが多分できませんが…。

>ことなりままっちさん

 それがさあー、冗談じゃなくてあるんだよ、あそこでは。

 去年も、女子小学生とおぼしき子がお母上様と一緒にやってきて、楽譜を見ながら真剣にバッハを聞いていたんですわ。暗いのに…。まあ、暗いと言っても、手元は見れるよ。私もパンフを見ながら聞いたりするし…。

 ただね、場所がね、会場100名程度の小さな会場ですよ! どこで誰が何やっているか、みんな分かっちゃうくらいのお部屋でです。言っとくけど、わたしゃ、楽譜持ち込みの女子小学生を毎年見るよ。ま、いつもは1~2名程度だけれど、今年はショパンだから、そういう女子小学生が、たくさん湧くんじゃないかと思ってます。

 ただ、そういうのもアリだと思うし、それがある意味、ラ・フォル・ジュルネだと思う。

 ラ・フォル・ジュルネを普通のコンサートと思ったら、大間違いだよ。子ども、ウジャウジャいますよ。なにしろ、安いから(笑)。一つのコンサートが1500円と2000円だし、コンサートそのものも、ほとんどが「3歳以上」でOKだし、曲によっては「0歳以上」のコンサートもある。小学生が大手を振って歩いているんだよ。

 「肩を張らずに気楽に良質なクラシックを」というコンセプトだから、それはそれでいいんだし、そう言うのがイヤな人は行かなきゃいいわけだし(東京だから、クラシックコンサートなんて、毎日掃いて捨てるほどやっているし)。ウチも、息子君を連れて、行きますよ、また。

こちらを先に書かねばならないのでした、失礼しました。
説明をさせてしまって申し訳なかったです。

そう、その会員?フレンド?になったらチケット取るのとか楽かなぁ?と。
私も、行くなら子連れなので、少しでも労力を少なくしたい、という魂胆でした。

一人でフラリフラリと廻れるなら気楽でいいんですけど。

>YOSHIEさん

>そう、その会員?フレンド?になったらチケット取るのとか楽かなぁ?と。

 楽じゃないです(笑)。でも、チャンスが増えるのはいいですよ。どうしてもみたいコンサートがあるなら、フレンドはいいですが…そうでないなら、なんでも一緒だと思います。

 子連れは確かに色々と制約がかかりますね。ウチだって子連れですよ。

 最初の年は、子どもを連れて、フラっと行って、当日券で楽しみました。もちろん、計画をたてて臨んだ方が密度の高い楽しみ方ができますが、フラっと行っても、それなりに楽しいですよ。

 子連れでフラッと楽しむためには…まずは、当日の朝9時30分ぐらいからやっているAホールの「0歳からのコンサート」のチケットを入手すること。大丈夫、このコンサートは人気がないので、必ず当日でも売れ残っています。で、これを見てしまえば、午後は丸々自由なので、各種の無料サービスを楽しめばいいんです。無料と言って、馬鹿にしちゃいけません。これが結構楽しいんですよ。それは私の過去のレポートをみていただければ、分かると思いますよ。

 よかったら、フラっと行って、楽しんでくださいませませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/47698335

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年ラ・フォル・ジュルネの有料コンサートが発表されました!:

« 今更ですが、一つ分かったこと | トップページ | まるで子どもがフルートを吹いているみたい »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん