ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« チェット・ベイカーも目指すべき高嶺の一つ | トップページ | 今月の話題は何と言っても…手が壊れた事でしょう[2010年2月の落ち穂拾い] »

2010年2月25日 (木)

メーカー推奨に戻してみました

 この話は、ある意味、この記事の続きかもしれない(笑)。

 なんか、どうにもフルートのピッチが高い私です。ピッチの高めなヨーロッパに移住する予定もなく、当分はここ日本で頑張っていくつもりなので、どうにかピッチを日本の標準あたり(442Hz)まで下げていかなければいけないなあ…と、これでも悩んでおりまして、当面は音曲げで対応するも、かなりグイグイと曲げていかないといけないので、なんか不安な日々を過ごしておりました。

 ある日、ハタと思いだした事がありました。それは、アゲハの製造メーカーであるアルタスの田中会長の言葉。そこで、秋のフルートフェアでいただいたレジュメを取り出して読み返してみたところ…。

アルタスのフルートを試奏する時は、できれば他のメーカーのフルートと一緒に吹かないでください。なぜなら、設計思想があまりに異なるため、アルタス本来の性能が発揮できなくなる恐れがあるからです。(ピッチが高いと感じる。音色が変えられないと感じる。持ちにくいと感じる…等です。)

 …ピッチが高いと感じる? はい、ただ今、そのように感じている最中でございます。また、同じ文章で田中会長は次のようにも書いています。

是非、アルタスフルートを試奏する時は、ALTESの教本等に書いてあるフレンチ奏法を思いだして、その方法で充分吹き込んでみてください。

 ALTESの教本…つまりアルテだよね。とりあえずアルテを確かめてみるも、別にこれと言って目新しい事は見つけられませんでした。

 私が使っているアルテは日本フルート協会のもので、比田井洵氏の編著の黄色い奴。おっかしーなーと思いつつ、ちょっと『???』と思った事があったので、比田井洵氏のものでなく、植村泰一が訳している、原著のALTESを忠実に訳した方のアルテスで確認してみると…あれ、フルートの組み立て方が違うよ。

 植村泰一氏が訳した「アルテス・フルート奏法」だと…あれあれ…これはアルタスのフルート取り扱い説明書にかかれていたフルートの組み立て方と一緒だ。つまり「歌口の向こう側の縁を胴部管のキイの中心に合わせる」です。

 忘れてたー。アルタスのメーカー推奨の組み立て方は、かなり内向きだったんだー。以前も一度、内向きに組み立てることにしていたのに、いつのまにか、何となく、標準の組み立て方(実はちょっと外向き:笑)になってしまっていた私でした。

 そこでいきなり、メーカー推奨(フランス人のアンリー・アルテス氏も推奨)の組み立て方にしてみました。ちょっと吹きづらい(笑)。いや、かなり吹きづらい(爆)。けれども、ピッチ合わせはだいぶ楽になりました。頭部管も5mm程度の抜きで441Hzに楽に合わせられる。音もさほど激しく曲げなくても済む。ひとまずはこれかな?

 たぶんこれで正解なんでしょう。しかし…何となく、フルートをここまで極端に内向きにして吹くことに心理的抵抗を感じないわけではない。だから、いつのまにか標準の組み立て方になってしまったのだろう。

 本当は、頭部管の向きをいきなり変えるなんて事は、無謀以外の何ものでもないんだけれど、今の私にとって、ピッチが合わない、合わせるのに、すごく努力がいるという、この状態が、とてもストレスになっているんです。とにかく、いつも、チューナーのグリーンランプが点灯したままの状態でフルートを吹きたいんです。だから、いきなり頭部管の向きを変えてみました。

 でもね、いくらピッチのためとは言え、いきなり極端な内向きにしたために、色々と支障は出ているような気がします。特に自分でも思うのは、音色が硬くなってしまった事と、第三オクターブがとても出しづらくなってしまった事。あと、最低音と最低音のドが、どちらも調整不能くらいピッチが外れるようになった事。この二つの音以外は楽にピッチ合わせができるのに、この二つはむしろダメになりました。ま、これらの諸問題については、おいおい解決していくしかないだろうと思います。

 無伴奏ソロしかやらないならともかく、ピアノでもオーケストラでもフルートアンサンブルでも、他人とアンサンブルをする事が将来ないとは断言できない以上、常に標準ピッチで演奏できるように、自分を訓練していかないとダメだものね。まずは、ピッチです。もちろん、音色の追求も怠りなく…だけれど、今はピッチです。

 やっぱり、アルタスフルートは、他のフルートとは、一味も二味も違うフルートなんだろう。とにかく、その個性を受け入れ、メーカーが推奨するやり方を基準として、そこから自分なりの奏法と言うのを探していく…って事なんだろうと思います。

 ある意味、私がやっている事は「足に靴を合わせる」事ではなく「靴に足を合わせる」ような事なのかもしれない。時代錯誤もはなはだしい行いなのかもしれないけれど、これもアゲハのオーナーになってしまったという、一種の宿縁だから、仕方がないです。喜んで、靴に足を合わせていきましょう。

 でも、これで、ひとまず、ピッチ問題は解決…だとうれしいな?

« チェット・ベイカーも目指すべき高嶺の一つ | トップページ | 今月の話題は何と言っても…手が壊れた事でしょう[2010年2月の落ち穂拾い] »

フルートのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

アルテスにそんな解説があったなんて知りませんでした。
かなりの内向きですね。

この吹き方で構えが固まると、他メーカーのフルートは吹けなくなる(アルタスのユーザーはアルタスしか吹けなくなる)わけですね。

我がパールはどんな傾向なのかな?
チューナーで見ると、2オクターブ目まではぴったしなんですが3オクターブ目がすべて上ずってしまいます。
技量不足ですかねー・・・トホホ

うちの師匠は、フルートのセッティングは比田井さんはアルテスが言った通りには書いてない、と最初に言っており、わたしも内向きのセッティングです。うちのヤマハ笛のピッチは、安定しない私の吹きかたでも、それでだいたい442位になってます。

アンブシュアや吹き方と頭部管の角度は関係あり、必ずしも比田井さんの方法が正しくないとはいえないが、それを読んだほかの人が国内で広めたせいで、あれが標準だと思ってる人が多い、と言っていたような。

比田井さんがなにを思ってあの角度にしたのかは、是非知りたいところです。

追伸
フルートクラブ版には、比田井編とかいてあり、比田井訳、とはかいてないとかなんとか。

>河童さん

>チューナーで見ると、2オクターブ目まではぴったしなんですが3オクターブ目がすべて上ずってしまいます。

 それで正解みたいですよ。フルートの3オクターブ目は、クロスフィンガリングだったりして、イレギュラー発音なので、そこまでとはだいぶ勝手が違い、奏者がかなりコントロールする必要があります。そういう意味では、3オクターブ目の音程は、奏者次第なので、技量が十分なら…オンピッチになるわけですね。

 これは伝聞(それも情報元を忘れてしまいました)なのですが、頭部管の向きが内向きなのが、フレンチスクールで、標準がドイツ式。外向きがアメリカン(つまり“現代奏法”)だと聞いた事があります。どれが正しいのかと言うと、本来のフルートはドイツのベームさんが作ったので、標準のドイツ式がまさに“標準”で正しいのだと思います。

>この吹き方で構えが固まると、他メーカーのフルートは吹けなくなる(アルタスのユーザーはアルタスしか吹けなくなる)わけですね

 いや、アルタス以外に、たぶん、ルイ・ロットとか、オールドヘインズとかが、吹けるんじゃないの?

>神音さん

>比田井さんがなにを思ってあの角度にしたのかは、是非知りたいところです。

 私も知りたいです。おそらく、よかれと思って改変したんだろうと思いますが…。

>フルートクラブ版には、比田井編とかいてあり、比田井訳、とはかいてないとかなんとか

 はい、そうですよ。こちらのサイトが参考になりますね(http://www.jfc-pub.co.jp/faq.htm#honyaku)

 ちなみに、今の流行りは、外向きなんだそうですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/47652409

この記事へのトラックバック一覧です: メーカー推奨に戻してみました:

« チェット・ベイカーも目指すべき高嶺の一つ | トップページ | 今月の話題は何と言っても…手が壊れた事でしょう[2010年2月の落ち穂拾い] »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん