ひとこと

  •  現在、テレビ東京系で再放送されている「けものフレンズ」が、とっても楽しい。幼児向けアニメのような体裁を取りながら、何気に考えさせられてしまう事ばかり。毎朝放送しているので、すでに半分以上の放送も終わり、来週の頭にはすべて放送されて終了してしまうわけのが残念だけれどね。アニメの前に放送している「おえかき動物図鑑」から見ているのだけれど、さすがに妻に呆れられています。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、入場には整理券が必要となりました…と言うか、今回、会場が小さいのに出演者が多く、その人達が直接誘う家族や友人の数も自然と増えてしまい、すでに用意した整理券の大半がはけてしまいました。そのため、外部の方が見に来られる余裕がなくなってしまいました。私のリアルな知り合いの方は、おっしゃっていただければ、若干残っている入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●会場に来られない方々も、ぜひぜひ遠くの空から応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 歌劇団、始動! | トップページ | メーカー推奨に戻してみました »

2010年2月24日 (水)

チェット・ベイカーも目指すべき高嶺の一つ

 チェット・ベイカー(Chet Baker)と言う人をご存じですか…とジャズ関係者に言ったら、きっと殴られますね(汗)。それくらい、基本中の基と言うべきビッグネームです。特に名演として名高いのは「マイ・ファニー・ヴァレンタイン(My Funny Valentine)」です。

 チェット・ベイカーはジャズの歌手であり、トランペット奏者でもあります。つまり、歌と楽器の両方を巧みにやりとげる、マルチなミュージシャンなわけです。歌とトランペットの両方が得意と言うと、ルイ・アームストロングも思い浮かびます。

 ウィキペディアによれば、ジョアン・ジルベルトが、ベイカーの歌い方にインスパイアされた結果、誕生したのがボサノヴァなんだそうです。となると、ボサノヴァの父の父ってわけで、チェット・ベイカーはボサノヴァの祖父なのかもしれません。

 当然の話ですが、私はこんないい年になるまで、これほどに有名なジャズのビッグスターを知らずに生きてきました。お恥ずかしい。で、つい最近、ベイカーの代表曲「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」を聞いて、やっと知って、そして驚いたわけです。

 これが彼の歌唱です。

 たしかに、ボサノヴァに通じる歌い方です。でも、ボサノヴァ歌唱よりも、ずっと憂いを含んでいて湿った歌です。そして、ある意味、クラシック声楽の対極にあるような歌です。迫力はないけれど、実に味わい深い歌です。ポピュラー音楽って、こういうふう歌うものだよって、なんか言われているような気がします。

 さて、これだけ味わい深く歌うベイカーですが、彼のトランペットの演奏はどうかと言うと、同じ「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」を歌ではなく、トランペットで演奏しているビデオがありました。

 これが彼のトランペットです。

 実に味わい深い。そして、歌かトランペットかと言う、使用楽器の違いこそあれ、同じ人間が同じように音楽をやっているんだと言う事がよく分かります。これがよく言われる「歌うように楽器を演奏する」の見本なんだと、気がつきました。そうです、あの歌が歌えるから、この演奏があるわけなんです。この演奏があるから、あんなふうに歌えるんです。こうなると、玉子と鶏のようなものです。大切なのは、歌とかトランペットとかではなく、彼の願い、つまり「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」という曲は、こんな風にやるのが一番カッコいいんだよ、彼の自信とそこからわき出る、やむにやまれない表現欲を感じます。

 つまり、彼は音楽をやっているのであって、歌とかトランペットを単に歌ったり演奏していたりしていたわけではないのです。

 ああ、かっこいいなあ、チェット・ベイカー。

« 歌劇団、始動! | トップページ | メーカー推奨に戻してみました »

音楽一般」カテゴリの記事

コメント

チェットは、ドラックが元でトラブルに巻き込まれて前歯総て無くしています。でも後年ディジー・ガレスピーのおかげで再復帰したもののドイツで謎の死を遂げました。凄い生き様と超破滅型ジャズ・マンです。でもいいペットの音を出してます。
「君とチェット・ベイカーと僕の3人で、「ゼア・ウィル・ネバー・ビー・アナザー・ユー」を永遠に歌い続ける想像上のヴォーカル・トリオを結成しよう」とジョアン・ジルベルトが、アストラッド・ジルベルトに言った口説き文句です。受け売りですが・・・coldsweats01

>はっチャンさん

>「君とチェット・ベイカーと僕の3人で、「ゼア・ウィル・ネバー・ビー・アナザー・ユー」を永遠に歌い続ける想像上のヴォーカル・トリオを結成しよう」

 ちょっと想像してみました。ううむ、あの声できれいにハモれるなら(たぶん無理)、かなりいい感じになるなあ。それに、ああいう声のコーラスグループはなかなかいないので、実現できたら、おもしろかったと思いますよ。

 しかし、トランペッターなのに、前歯を全部なくしちゃったの? ボコボコに殴られたのかしら? きっと、あれだけステキな音楽を奏でる人だから、人生はグダグダだったんでしょうね。もしそうでなければ、世界の英雄になれているはずだもの。

日本人だと、フリューゲルのTOKUもヴォーカルしますね。

ライブで「じゃあ、歌いますう」と言って、さりげなく、「Fly me to the moon」を歌いました。
MCは、「こんばんはあ〜」とけだるい感じですが、歌はかっこよかったです。

James Moody(サックス&フルート)も、スキャットとかしてました。
けっこう癒し系(かわいい系?)な声。

歌える人っていいですね。

>アリサさん

 フリューゲルホルン(なんですか、私はトランペットだと思ってました)のTOKU氏は、以前はよくテレビに出てましたから、ちょっと分かります。

 実は、チェット・ベイカーを始めて聞いたときは「あれ、これはTOKUじゃないの?」って思ったくらいです。あんまり似てないかもしれないけれど、私の中では一緒なんです(笑)。

 James Moodyは検索したら、私のiPODに入ってました。この人も、歌とサックスの感じが似ているね。そう言えば、ルイ・アームストロングも音域はだいぶ違うけれど、やっぱり歌とペットの感じが似ているよね。やっぱり歌う人が楽器をやると(楽器をやる人が歌うと…と書くべきかな?)、似た感じになるみたいです。

 おもしろいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/47644658

この記事へのトラックバック一覧です: チェット・ベイカーも目指すべき高嶺の一つ:

« 歌劇団、始動! | トップページ | メーカー推奨に戻してみました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん